【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および X/Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2024年02月11日

原稿作業中のメモ帳のお話

どうでも良い話なのですが、【裏本】シリーズの原稿中、
誤字脱字等のチェックの『メモ』※後からデータを手直しするためのメモ※を
アナログで残していたのですが、今回は百均で買ったちいかわのメモ帳を使っていました…!

普段のメモ帳は、よくわからない、職場でもらったような愛嬌のないただの色紙※分厚い※を
使っていたのですが、ちいかわのは可愛いしカラフルだし、
結局裏表※メモ用紙は裏表両方使い切ってます※使いました。
で、なぜか毎回、原稿で使ったメモ用紙は捨てられないんですよね(笑)
なんでだろう??

小さな文字でこまごまと修正箇所や要点が書かれていて、
自分以外が見たら、だからどうした、という感じの内容なんですけど
作業の過程を垣間見れます。
デジタルではないのですぐにゴミ箱へ、ということにはなぜかならないみたいで…
ちいかわのメモ帳のデザインもかわいいし※見てるだけで癒されたり…※
なんだか今も液晶ペンタブレットの横に置いてあります。

結局、原稿のほぼ全てがデジタルになった今でも、
修正箇所やページの細かな指定等をアナログでメモをして
画面の中で都度修正しているので
確認作業では手でメモを取ることをしているという…!

アナログ原稿の時は、漫画の原稿用紙をめくって目で見て
おかしな部分を見つけ次第、ホワイトで即修正して乾いたら
文字なら上から書き直して、ペン入れの汚れであればすぐにきれいにするだけだったのですが
デジタル化した方が確認作業が増えたように思います。

もちろん、作成する作品自体のページ数そのものがアナログの頃より格段に増えた
※デジタルで自由にページを増やせるようになったため※…という理由もありますが
作業量がアナログの頃よりも大幅に増えたのが自身にとっての現実だったようです。
また、アナログの頃よりも、すごく細かな確認作業が必要になったと思います。

最初からデジタルの原稿しか知らない人にはなんのことやらですが…!

そうした違いを実感しつつ、ちいかわの使ったメモ用紙を捨てられない最近です(笑)

捨てなきゃ綺麗な作業台にはならないので捨てますが!
なんか見てると面白いんですよ…
【裏本】シリーズの誤字・脱字・修正箇所集、…みたいになってます(笑)


あとは、百均のキャラクターのメモ帳がかわいいのがたまらないですね!
普通の事務用のメモ帳と小さなノートも買って使っているのですが
キャラクターもののメモ帳は目の前に置いてます。
デザインや色彩を眺めているだけで「いいなぁ」って思えるので。


あとは最近、通販でおいてほしいのが、はがき箋…で合っているのかな?
宛先が書けて切手が貼れるハガキの用紙なんですけど、
裏が便箋用にデザインされていたり
花やねこなどのキャラクターがあしらわれているものが欲しいです。
絵葉書とはちょっと趣が異なるやつですね…!

リア友に一筆書いて生存報告をするために必要なんですが(笑)

結局、アナログが一番自由なときに情報を伝達できるツールなんだなぁと思いつつ
はがき箋のようなものを数種類手元の確保しておきたかったりします。

街の文房具屋さんに出かけないといい物が手に入らないので
通販でも置いておいてほしいなと思った今日この頃です。
暑中見舞いや寒中見舞いなど、ちょっとしたことに使いたいので…!

暑中見舞いは特に、夏も生きてますかー??、のアナログの情報伝達手段なので
自分には必須ですね…原稿で毎年しんでますけどね…(笑)
暑中見舞いを届けることが、生きてますの生存報告だったりします。
メールやSNSとはちょっと違うんですね…


SNSといえば青空を使う方が増えているようですが
絵を削除できない等の情報も見たので一旦様子見で。
そもそもSNSで自身の作品は公開しないので必要ないとも言えますが…
交流も特にしないので、始めるとしても
ただのミニブログみたいな形になりそうです。

ただ、情報源がバラバラになっても困るので
えっくすやブログは相変わらず気ままに更新していきます。

チェックしてくださる方も、自身のペースでゆるりと覗きにいらしてくださいませ…
特にブログはアドレスも変わりませんので…
ゆるりと生きて、原稿をヒイヒイ言いながらやっておりますので(´・ω・`)


…という感じに、
常備している納豆を買い足すべきかどうかで悩んでいる本日でした…!

近所の安いスーパーさんが新装開店のために数ヶ月休んでしまうので
食料品とかどうしようと考えているのが目下の悩みです…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:21 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月10日

確定申告し終わりました…!

やっとのことでe-Taxで確定申告完了…!
毎回操作の順番を間違えて、収支内訳表から入力を始めてしまうので、何がなんやらに…
正しく送信できたのかの確認については、ちょっと自信がないんですが…
所得税から入力しないと収支内訳表がぐっちゃぐちゃになる印象です。
この入力の順番についてはどこにも説明がないんですね…で、毎回間違えてしまう!

確定申告は個人事業主と年金が支給される人はしなければならないので
会社勤めだった方も年金を受け取るようになるとやらばければならなくなると思います。
今までは会社でやってもらったことを…みたいな感じかな…
結構書類が嵩張るので、毎回大変です…!
一年に一度だと操作も忘れてしまいますし…!


ということで、年一回の事務作業をなんとか終わらせましたので、
マシグ受け第四弾の漫画をごりごりと清書していきます。
モブ相手だと覇気つかなくて※攻めキャラが好き※しょんぼりしますが、
話として必要な部分なので描き上げねば…!

龍飛王×鼓翼とか鳳舞王×虎嘯王とかに、たまに脳内で浮気をしつつ。

マシグ受けのシリーズはアルプが「物語の真相」を全部知っているというか、
彼と彼の存在が、物語の『キー※鍵※』になります。
キーと言えばマシグ自身もそれに当てはまるのですが
二人が出会ったことから、そもそもの話が始まるのです。
で、ヴェーダはそしたら何者なんだ?、という話については
第五弾で語られます。
話が長くて申し訳ないのですが、マシグ受けではたくさんのエロを描きたかったのです…!
そういう意味では贅沢なシリーズです…おつきあいくださる方には感謝しかないです…


どうでもいいのですが、NGSでの受けメンことmasigの髪色を
茶色から薄いピンクに変更したんですね。
もう少し色を調整するつもりですが、ピンク頭の受けキャラも動かしてみたかったので…!

SSはまだ撮影していませんが、かなり良いです。
なんか、昔で言うところの「不良になった…」みたいな感じですが、明るい髪色は良い…!
受けメン自体も髪を染める必要がないので「なんだこりゃ」と思っていそうですが、
ファッション的にはかなり良い見た目になりました。
チャラいけど、しっかりしている風なキャラクターです。
元々の顔形や体型は受けメンそのものと変えていないので。
髪型と髪色を変えただけでかなり新鮮になりました。あと、まつげもかな…

…という、どうでも良い話もありつつ…!
ピンク髪の受けキャラはいつか描いてみたいですね、周りからピンクピンク言われる(笑)
ピンク髪の攻めキャラも面白そうなんですけどね、周りからやっぱりピンクピンク言われる!


【四人の王】【マシグ受け】および【六大龍王】シリーズには
ピンク頭のキャラがいないので
古風なのかもしれないと思ったのでした。
昔の漫画だからしょうがないのですが…!
ちなみに、アルプの髪は白というか白銀色です。
ピンク頭もいずれは古いと言われると思いますけど…!
一度はやりたいキャラの髪色です。
「ピンクだー」ってツッコみたい…!

ということで、寒いですががんばります…!٩( 'ω' )و
タグ:マシグ受け
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:59 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月09日

創作関係のいろんな話

突然ですが、SNSはあまり使わないので特に何も考えてないですね…
えっくすとタイッツーだけでほぼ生きてます。

SNSもネットも情報過多なので、むしろ頭の中が煩雑とさせられるので敢えて見ないことを選択しています。
人混みで疲れるのと似た感覚かもしれない。

ブログを更新して、見に来てくれる方に少しクスッと笑っていただけるだけでいいかも。


翻訳の話に関して、DLsiteさんでは「みんなで翻訳」という機能があるんですが、
・プロテクト作品に対応していない
・オリジナルの漫画のみ
…に絞られているので、今でも参加することはできない状態です。

有料の翻訳サービスは日本語一文字の翻訳につき0.5円だったかな?
文字を書き出した上で、全てに細かな費用がかかります。

六大龍王シリーズの『MISOSOGI』はDLsiteさんの有料翻訳を使いましたが、
文字を削っても当時の価格で2.5万くらいかかりました。
安いか高いかはともかく、英語訳バージョンそのものの売上では赤字に近かった気がします。
メリットが、作る側にはなかったのですね…良い経験にはなりましたが…

ではどうしてプロテクトをしているのかについては
作品保護の関係で、無断で、不正なあぷろが後を立たなかったからです。

売上に関わるからというよりも、
これは単純に自分の創作意欲が激減してしまって、あかん…となったためです。

何かに合わせるとかよりも、自分の方針でそうしています。

専売に関しても、
各ショップの事情を具に把握することが困難になってきたため
※時代と世相の遷移でショップの対応が二転三転するのに疲れたというか、
安心して販売をお任せできなくなったため※、一つに絞りました。

買い手の方に不便をかけていることは重々承知しているのですが、
安心して活動するために必要なことだったりしました。

もちろん、ゆるく活動できている人はそのままでいいと思います。
自分は違うという、それだけなんですが。

対応を常に迫られながら創作活動をバリバリ続けられるのか?、と問われたら、
いっぱいいっぱいで無理、というのが自身の答です。
残念ながら自分は機械ではない生身の体なので。


…ということを改めて説明する感じになった本日の日記でした。

販売ショップが多岐に渡るのは、販売経路が増える、見てもらえる機会が増える、
…それはいいことなのかもしれませんが
毎年の支払い調書をまとめるのも大変だし、
登録販売作業もショップに合わせて準備して登録しなきゃならないのでめっちゃわたわたするし
お知らせもショップ毎に都度しなければならないので、
次の新作の作成がなかなか始まらなくなっちゃいます。
さらには度々規約の改定とかがあると、どっと疲れます(笑)
仕方がないことなのだけれど
逐一対応しなければならないので、だとしたら一本に絞ったほうがわかりやすいというか…

ちなみにDLsiteさんのプロテクト作品は、DLsitePlayというPCでもスマホでも使える
ブラウザ視聴に対応しています。
端末でストリーミング視聴ができるというか。

現在はDLsiteの利用には必ずユーザー登録が必要なので、
退会さえしなければいつでも読める感じです。
オフラインにならない限りは…という感じかな。
今でいうサブスクに近い感覚になるのかもしれません。


というわけで、翻訳ができない理由やDLsiteさんに絞っている最近の活動などを
改めて日記に書きました。
特に意味のない話ですが、自身の環境に合わせた創作活動が今後もできると良いな…と思います。

いろんな作家さんがいらっしゃって、
なんでも来い!という方と
そうではない人がいる。
読み手の人もそうなのではないかなと思いつつ、
自身の環境はそんな感じです、とだけメモしておきます(´・∀・`)

とにかくオリジナルを完成させねばーーーーー!!!
これに尽きます!
マシグ受けの真実を明らかにするのだ!
がんばります!


DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:14 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月08日

マシグ受け第四弾の作成再開

確定申告はまだなのですが※早く終わらせたい…!※、
おかげさまで【裏本】シリーズが完成しましたので
昨日からマシグ受けのコミックの作成を再開しています。

今回のマシグ受け第四弾の原稿は
クリスタのベクターレイヤーを最初から使っての作業なので※初の試みです※
ベクターレイヤーだとベタ※黒塗りつぶし※はペン入れと同時に行えないのですが、
大雑把に入れた人物線を今はきれいに清書しているところです。

漫画とイラストは作成過程が似ているようで全然違うので
※ペン入れをする箇所が倍以上多いので時間も集中力も続ける力も必要です※
とにかくすべてを入念に仕上げていかなければならないです。
何枚もレイヤーを使って…
大変ですが、がんばります。


昨日の突発的な鼓翼の仔虎ネタは、
人型の龍飛王のスーツの膝の上に引っ付いてご満悦な
仔虎の鼓翼を書きたかっただけかもしれない小ネタなんですが、
仔虎と言っても虎だし翼があるし※虎翼なので※、大きいと言えば大きいんですね。
仔猫ではないというか…!
でも龍飛王は力持ちだし、鼓翼がかわいいし※!※ずっと抱っこしてていい(笑)
そして、ふかふか毛皮でも内縁の妻なのは変わらないので、よくじょーするわけです…!
へんたいかもしれないけど、王だから…人じゃないから……

同じように鳳舞王がもし、虎嘯王が大きな虎※白い虎※になったとしても
普通にかわいいな、綺麗だな、いいなーって思って撫でまくって虎嘯王を気持ち良くして
ムフフになったら逆獣伏字になっちゃいますけど、王だから…人じゃないから…で
全部丸く収まりそうです※王的ファンタジー!※
虎嘯王は虎になっても、エロもそれ以外も普段と変わらなさそう(笑)
そういう性格なので…!※あんまり動じない天然王※

鼓翼が仔虎になると、いつもより遠慮がなくなるのかも。
龍飛王や鳳舞王や虎嘯王にはべったりくっつくんですが※甘え※、
豹變王にはくっつかずに、戯れて、ボール遊びをしたり、走って行ったりする気がします。
あそぼーってなる。
そこが違いかなぁ、と思います。
人型だと、鼓翼はすごくクールなんですけどね。※スレてる少年※

頭の中にあるパラレルの鼓翼は、ヒビのことを最初女の子だと思って
お嫁さんにしたいなぁと思っていたら※顔が好き※、
ヒビは完全な雄で、逆に掘られると言う(笑)
龍飛王も完全なタチだし、双方から肉体的にお嫁さん扱いをされるのが鼓翼です。
受けの帝ですかね…
虎嘯王は受けの王だけど…(´・ω・)

という話もあったりです。
龍飛王が特にお気に入りというわけではないのですが
昏くて静謐なキャラクターが、好きなものを好きにする※イチャイチャで※というのは好きだし
幸せにできてよかったなぁ…という親心もあったりです。

同じ意味で鳳舞王も幸せにできてよかった。
虎嘯王とラブラブになれてよかった、その一念があります。
よかった…

ということで今日もファイトです…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:12 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月07日

仔虎になっちゃった鼓翼のお話

いきなりですが、仔虎になっちゃった鼓翼のお話。

毎日?、仔虎だ、ふわふわの仔虎みたいだ、と話していたら、本当に鼓翼が仔虎※羽付き※になっちゃったお話。

【現代版妄想編】
仔虎になっちゃった鼓翼を見守る王たち
豹變王「………」
龍飛王「………」
豹變王「(外食決定かー)」
龍飛王「………」
鼓翼に毎日ご飯を作ってもらう龍飛王が一番の深手を負った!!!(笑)

龍飛王「(鼓翼を連れて外食をするか※貸切で※)」
ふかふかの仔虎を抱っこして高級車※運転手付き※に乗って、外で一緒に食事を済ませる龍飛王
龍飛王によく懐いている鼓翼は、龍飛王の腕の中でご満悦みたいだ
龍飛王「(妊活はしたい)」
龍飛王が一番やばかった!!!!!!(爆笑)

龍飛王「エロするぞ」
仔虎「!?」
鼓翼、大ピンチ!!

心の鼓翼「入らねえから!!」
龍飛王「………」
心の鼓翼「指なら入るとか言うなって!!※伝わった※」
龍飛王「………」
仔虎を抱っこする龍飛王
頭をなでなでして、ふかふかの肉球をモミモミして、お腹の毛もふわふわ撫でてあげる
尻尾はちょっと太めだから扱いてあげたら、鼓翼は気持ち良くなっちゃったみたいだ
龍飛王「………」
心の鼓翼「入らねえからな!??」
龍飛王は、早く鼓翼に元に戻って欲しいと思った(笑)

龍飛王が無節操すぎるけど、鼓翼は本当に好きな相手だから…


ちなみに龍飛王が龍になっちゃった場合はマンションに収まりきらなくなるので割愛で!
とにかくでかい!
合体したいと言われても無理だから!!って鼓翼に言われる。
さきっぽだけでも、と言われたら、流石に鼓翼も「そんなにやりたきゃ自力で戻れよ…」って、上目遣いで言う。
ヤりたいのは龍飛王だけじゃないんだぜ…
ってことで、龍飛王は自力で元に戻って鼓翼とベッドインして朝までイチャつく…!


仔虎の鼓翼は結局自身の貞操を守りながら龍飛王と一緒に寝て※ぬいぐるみ※、会社にも一緒に行って※龍飛王に抱っこされたまま※、龍飛王に一日中くっついてなんかご満悦だった。
でも体をうごかしたいし、自分で食事を作りたいし、手料理を龍飛王に食べさせたいから次第にストレスがたまって、発奮しようとしたら元に戻った(笑)
戻った時は全裸でさー
龍飛王の膝の上だったから、う!??、ってなる※赤面※
龍飛王のスーツのスラックスの上で座ってて、そこは会社の重役の部屋なのね。
龍飛王は構わずその場で勃伏字して裸の鼓翼を中からも外からも喘がせちゃうのでした…!
いきなり大人向けになったけど、やっと元に戻った!、って龍飛王が思ってくれたのかも。
めでたしめでたし…!

【現代版妄想の子育て編】
ちっこい鼓翼が仔虎になっちゃった!!
虎嘯王「………」
鳳舞王「………」
虎嘯王「生肉を焼いて食べさせていいものか…」
虎嘯王は真面目だった!!!(笑)
鳳舞王「目元がおまえに似ているな」
虎嘯王「………(ぽっ)」
あほっプルは健在でした!!!
仔虎の鼓翼は虎嘯王に抱っこされたり、鳳舞王の膝で一日中過ごしたり※くっついているのが好きなのかなぁ※、普通に過ごしたけれど、寝る時は二人がベッドでエロしまくるので寂しいなぁ、と思ったのでした
早くつがいの相手を見つけないとね…って、思ったかどうかはわからないけれど
しばらくしたら、おっきな龍と永久につがいになれるので待っててくださいな

…そんなふわふわな仔虎の鼓翼妄想でした…!

ちなみに仔虎の鼓翼は黄色い虎なんですな。イメージでは。
虎嘯王は白虎だけど。羽が白いのかなぁ…鳳舞王の鵬翼なら虹色っぽいですが。
小さい頃は白い毛並みで、大きくなったら薄い黄色になってもいいなと思いつつ。

単に、龍飛王と仔虎の妄想をしたかっただけかもです…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 18:44 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

サークル活動用の英語ブログを更新する理由

昨日の特集ページの体験版のURLが間違っていたのを修正しました…!
申し訳ないです!

http://b.harikonotoraya.net/article/190759265.html

同じ特集ページの内容を、今度は英語に翻訳※機械を使っています※して公開しました…!

http://eng-blog.harikonotoraya.net/article/190765742.html

わかる部分…キャラクターの名称は手で直したのですが、
おそらく意味がよく通じない部分があると思います。
英語は小中高くらいの簡単な知識しかないので、正しいのかは正直微妙ですが…
自分の言葉の言い回しや形容も独特なので、正解なのかはわかりませんが…うう〜ん@@

創世の王、創始の王、が同じ the king of creation になったのが、
んー??という感じでしたが(笑)

世界の始まりの王、世界を創った王、1番目の王、という言葉を直接訳した方がよかったかなと思いつつ、
そのままにしています。あとで手直しするかも?

『創始の闇』も the darkness of creation と訳されてますね…ふむぅ??

オリジナル作品のタイトルの【四人の王】も
正式には The four kings になるんでしょう…
それを作品のタイトル名らしく表記…訳すると、theが消えたり出たり、色々するのかなぁと…?


なぜ英語の記事をたまに書いているのかについての理由は

・海外の方へ向けた生存報告※DLsite Englishがあった時に作品を買ってレビューを書いてくださった方などに伝われば…※
・自身の創作活動、サークル活動の周知、お知らせ
・何かのきっかけで作品を見てもらえたら嬉しい!
・レイアウトとか考えるのが単純に好き!(苦笑)


…英語ブログは頻繁に更新することはできないのですが
※文章の確認等で機械の直訳そのものを載せることをしないので※、
作った意味については、『海外の方に向けたアプローチ』というのはもちろんですが
かっこいいから…、という理由も実はあったり…!

英語ブログの書体とか、ちょっと調べたりして独自に作ってみました
…他の人から見たらかっこよくないのかもしれないけれど、
シンプルにわかりやすく…なんていうのを目指したりして…

ですが、英語の記事の数自体はそれほど多くなくて、
本当に余力がある時にしか訳した記事を載せられません。

今は自動翻訳とかを使えば
ネット上の日本語のページを丸ごと訳せたりすることが個人でできますが
※SNSでは翻訳が盛んですね…!※
ブログは情報源にもなるし、ずっと形として残るので、
後から見にきてくれた人にも自動翻訳なしで
ぱっと見で内容がわかるようにしたいという理由があります。

自動翻訳を通すという作業も、一応手間なんですよね、
慣れていない人にとっては…

また、これは感覚的になのですが、
英語の記事を作っていることを見に来てくれた人になんかこう、
気持ち的に伝わればいいな、と思います。
…なんていうんだろう、手作り感が伝われば嬉しいな…

でもまあ、下手な英語なんですけどね!

決して堪能な※機械翻訳なので※文面ではない、素人がつくったものなんですが
「おお…がんばってるなぁ…」というのがわかっていただけたらいいのかな…と思います。

実際に自分を含めて、母国語以外の言葉が堪能ではない方が多いと思いますし、
その一助に少しはなってくれたらいいなと思いつつ。

普通にレイアウトを考えてデザインするのが好きだというのも事実としてあります。
英語の書体も素敵ですし…!

ちなみに、『龍飛王』は Ryuhiou でいいと思うんですが、
Ryuuhi-ou にわざわざ手で直してます。
母音の伸ばす部分を略すのが英語表記ですが、
名前はローマ字にしちゃうのが自分流です。
多分きっとこうするのは、ダサいんだろうけど!(苦笑)

英語の発音ではなくて、日本語なので、という感じかな…
口語ではなく文語なので、敢えてローマ字表記の名前にしている感じです。
これは単なる私の癖です…!(^_^;)
王の部分は名前ではないので分けちゃうし…!

王は、敬称と言えばいいのかなぁ…難しいですね。
だとすると、 King Ryuhi になっちゃう! …のかな??
なんだそりゃ!?、って思ってしまうので、敢えて Ryuuhi-ou にしています(笑)

正しい意味とニュアンスを同時に伝えようと考えると、難しい…!!
翻訳は本当に頭と知識とセンスを問われるお仕事だと思います。

…という、大変だけど、作る作業は一応楽しい翻訳記事の更新のお話でした。

英語ブログも、更新が停滞していた時に
ちょこちょこと覗いてきてくださる方が稀にいらっしゃったので、
ネットの海を漂っていた海外の方に少しでも読んで楽しんでいただけたらいいな〜と思いつつ。

ブログを時間つぶしに読むという作業が、今の時代の流れに即しているのかは謎ですが…!

ということで、トラブルはありつつ※支払調書を見れないなど※確定申告を早く終わらせたいです…
2023年度は見事に赤字でしたー! とほほ…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:18 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月06日

裏本の特集ページをアップしました!

サークル情報ブログに、新作を含めたオリジナルの【裏本】全3作品の特集ページをアップしました…!

http://b.harikonotoraya.net/article/190759265.html

何ということはないのですが、【裏本】として作成していた現代版妄想のシリーズが完結したからこそできる、『まとめ特集』であります…!
「今やらずして、どうする!?」、ということで作成しました。
サークル情報ブログでも作品紹介記事を個別に書いているのですが※すべての作品ではないですが※、書いている理由について説明をば…!

★ブログに作品紹介や特集を書く理由
・作成者※描き手※の自分だからわかる情報がある
・書き留めておきたい
・作品を探す人がいれば情報を提供したい
・販売ショップのレイアウトでは伝えきれないものを伝える
・なんかまとめたい…!

…という感じで、他者のレビューとかではないのでお買い物の参考にはならないのかもしれませんが、自分の作品が好きなのでまとめてしまうわけであります。
客観的に作品やキャラを捉えてページにまとめる&つくる作業も少し面白いですし。

…実際はページや記事の作成に時間を取られるので、やらなくてもいい作業です。
ですが、見つけてくれた人になんらかの新しい情報を与えられたらいいのかな…と思いつつ。

本当に意味のない記事や紹介や特集だとは思いますが、HP※ホームページ※では作品ページを作っていたので、その名残ではあると思います…ページを作ってしまう理由は…
個人HPはレイアウトを考えるのも楽しかったですし。

今はもうHP作成ソフトみたいなのがOSのバージョンの関係で使えないので更新することはできなくなりましたが、ブログくらいは…更新を…という感覚もあったりします。
ブログ自体、読むのが楽しいよ〜って言ってくれる方がどれほどいらっしゃるのかはわかりませんが…!
読んでくださる方にはいつも感謝しております…!


雪に慣れない地方で積雪があり、寒い思いをしている方が多くいらっしゃったようですが、カイロは良いですぞ…※毎日つけて作業等しています※とおすすめしつつ。
どうぞ安心安全にお過ごしください。

サークル・はりこのとら紙老虎の作品をDLsiteさんで買ってくださる方には本当にありがとうございます…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:30 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月05日

ちょっと頭痛が続いてます

寝不足なのか、ちょっと頭痛が続いてます。

夜が寒いので、愛猫おひめが度々布団の中を出たり入ったりするので、冬はなかなかまとめて眠れないという事情がありつつ…

昨日の四人の王の謎解き脱出部屋妄想は週末で日曜日だったこともあって結構読んでいただけたみたいで嬉しいです…!

一般の?イベント自体に龍飛王が果たして参加するのかは謎ですが(笑)、鼓翼に「行こうぜ」「デートしようぜ」って言われて結局OKした感じなのかなと…
わざわざ徒歩で帰ったりとか※一人なら車を呼ぶ※、鼓翼に付き合ってくれる龍飛王でした。
鼓翼は豹變王とは本当に自由に振る舞ったり遊んだり一緒に帰ったりするんだけれど※気楽※、龍飛王はやはりインドアなので、予定外の外出はそれほど頻繁ではないような。
鼓翼のお願いだから聞いた感じになるのかなと想像します。

鳳舞王と虎嘯王は普通にイベントにデートで参加したりとかありそう。
お金をかけない公園デートも多くて、すごくリーズナブルな恋人夫婦みたいな印象です。
食べるものもリーマン生活があったので豪華ではないので、それこそ、居酒屋やファストフードも嗜む。
鼓翼にはおそらくそうしたものを食べさせないで食育した気がします。
私生活と子育ては別、…みたいなのは、虎嘯王の方針なんだろうなと思います。真面目ですな…!
鳳舞王は、鼓翼が疑問に思ったことは何でも答える、みたいな教育をしていたのではないかと。
躾はほぼ虎嘯王なので、やっぱり鼓翼はちょっと虎嘯王が苦手かもしれない。鼓翼にとっての母親ですな(笑)

鳳舞王×虎嘯王と龍飛王×鼓翼はまったく別のカップリングなので、それぞれで楽しんでいただければ嬉しいです…!

本編のコミックの鳳舞王×虎嘯王は、鳳舞王を幸せにするために描き始めたし、現代版妄想の龍飛王×鼓翼は龍飛王を幸せにするためのお話だし、そういう感じで攻めキャラがまずが充実してさらに受けキャラを気持ちよくするお話です。

鼓翼の場合は目的があって、そこに龍飛王が絡んだ気がするけれど、懐いちゃったので問題がないというか。
龍飛王の頭に惚れている部分もあるし、そこは無限の知識がある龍飛王だけにしか出せない魅力なのかもです。

鼓翼が懐いてきても、龍飛王は特に喜んだりとかは表面上しないけれど※感情がない※、でも鼓翼を抱っこしたり、二人で歩くのも好きになってくれたので※鼓翼が腕を絡めて手を握ってくっついてくるから※、一緒に歩くことも覚えたりとか。
鼓翼は龍飛王にくっついてるだけで満足。龍飛王は鼓翼が満足しているなら満足(笑)
鳳舞王×虎嘯王ほどあからさまでわかりやすいラブではないんですが※龍虎は頭が良すぎるカップリング※、二人が幸せなら良いのではないかと思います。

見た目ではわからないものね…とか。
鳳虎は見ただけでも「あ、恋人同士か」ってわかるのですが、龍虎は「親子かな?」って思われそう(笑)鼓翼の背が低いから…!
豹變王と鼓翼は親戚同士みたいな感じに見えるそうです。鼓翼には豹變王に対して「甘え」がないので、多分そうなってしまう。
龍飛王には懐いているので、何かしらくっ付く等の甘えが出ちゃう(笑)
龍飛王を守っているつもりで、逆に守られているのが鼓翼です。龍虎は龍虎でほんとに好きです。

ヒビ×鼓翼も深掘りしてあげたいけれど、わかりやすい二人なので※ヒビがとにかく鼓翼が好きすぎる※敢えて書く必要がなかったり…
謎多きキャラであった龍飛王をえがけてよかったなぁとつくづく思います。

現代版妄想を踏まえて、中天のその後で龍飛王と鼓翼がラブラブになれた?と仮に仮定したとすると、龍飛王が本編で虎嘯王の顔に傷をつけてその命を奪わなくてよかったなぁ…と思います。
あの傷のせいで鳳舞王が激昂して虎嘯王と関係をもてたし、そのおかげで鼓翼が生まれたし。
龍飛王にとって虎嘯王の顔に傷をつけたのは無為だった、とは言っていますが※【裏本・創世】で※、奇妙な因果がそこで生まれたのだと思うとちょっと感慨深いです。
創始の闇にとっても、恋人※鼓翼※ができるきっかけになった…という…(笑)

虎嘯王本人にとっては取り立てて意味がない顔の傷ですが※本人は腕にも無数の金創があったし※、鳳舞王だけでなく、龍飛王を幸せにできたのならすごい功績でした!
虎嘯王自身も鳳舞王に幸されて幸せになったはずなので…!

鼓翼も帝として龍飛王の相手をさせられていたけど、龍飛王って俺のことが好きなんだ??、って気づいたら、心情的にキュンキュンしてくれたんじゃないかな(笑)
龍飛王としては、そうじゃない※感情がないから※とは言えるんだけど、結局鼓翼にハマっちゃってるからラブラブになっちゃったりしてね。ヒビよりも…!
…という、お熱い展開を想像していたりしました。

本編と現代版妄想は違うとは言いつつ、キャラクターの深掘りができたという点では本当に書いて良かったと思います。

という、山もオチも意味もない日記妄想でした…!
頭痛が早く治るといいです。うーむ…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:03 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応