【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および X/Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2024年07月21日

毎年この時期は本当につらくなるのですが…

私事ではあるのですが、毎年7月前後は本当につらいです
つらかったです…というべきかもしれませんが
思い出すとやっぱり気持ちが沈むので、原稿作業その他が捗らなくなることが頻繁でした

あ、落ち込みやすい人は読み飛ばしてくださいね!

一応ショッキングな内容かもしれないので「続きを読む」のほうに入れておきます

明日は父の命日なので
そのお話を








...日記の続きを読む
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 10:13 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年07月13日

2024年新作の進捗情報など記事の更新色々

こちらの日記ではお久しぶりになります…!

サークル情報ブログというか趣味のブログにもなりつつあるブログの方にて
新作の進捗情報を載せております

http://b.harikonotoraya.net/article/190973392.html

また、Ci-enでもそれについて語っておりますので合わせて
見ていただけると嬉しいです

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1186048


近況はといえば…
安くておいしくて昔は魚屋さんで八百屋さんだったストアが
ようやく新装開店しまして…
おいしい野菜やお魚をちょこっと食べれるようになって
少し元気になりました^^;

また土付きゴボウを1キロ買ってきたり
ニンジンを買ってきたりして
うまぁ…と思って食べています

最近は地元産のニンジンが好きで
ニンジンきらいなかたにはあれなのですが…
洗ってヘタを取って、ニンジンは薄皮なので皮をむかなくていいので
そのまま切って塩をまぶして一晩おいてから食べています(笑)

どんだけー??…と思うかもしれませんが
ニンジンそのものが甘い味と香りがあっておいしいので
お塩だけで十分なんですね…
私が野菜好きなだけかもしれませんが…

もはや浅漬けにすら入らない
ただのお塩をまぶしただけのサラダ?なのですが
しゃくしゃく食べては「うまあ…」と
ニンジンのうまみを実感しているところです

身内も言ってましたが、
ニンジンにおいしさを感じない(興味がない)人には
まったく理解できないと思うのですが
お塩をまぶしただけでも…もちろん味付けなしの生でも
自分は味がわかるので
(もとは魚屋さんで八百屋さんだったストアが仕入れる
 地元産のお野菜で無味のお野菜は滅多にないのですが)
ひたすら、うまぁ…と思いながらしゃくしゃく咀嚼して食べています

ゴボウといいニンジンといい根菜なので
根菜好きなのかなぁ??…と思ったりもしつつ

根菜は味がしっかりあって、
かつ歯ごたえもあるので満足感があるのかもしれません


…と、好きなものについては長く語ってしまいますが
新作作業は進んでおりますので頑張ります…!

絵を描ききったぞ!!!!!…ということで
次は背景処理です

あと少し…だけどいつ完成するかはまだ見通しが立ちませんので
(背景処理後にさらにグレースケール化、ホワイト入れなど工程があるため)
お時間を頂戴することになるかもしれませんが
確実に今手掛けている新作は完成しますので
お待ちください…!

ちっちゃいマシグの奮闘を
お届けできるようにファイトします…!!



DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 09:51 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年05月23日

昨日はゲーム関連の更新記事を3点書きました

サークル活動情報と趣味のブログ
ゲーム『NGS』関連の記事を3点書きましたのでご報告をば…!


【NGS】(軽いオチあり)エウロBPで自キャラ宅を新築しましたぞい!
http://b.harikonotoraya.net/article/190907940.html

NGS独自のマイスペースという感じの
クリエイティブスペースのSSをまとめた記事になります


【NGS】マリーの衣装[Se]
http://b.harikonotoraya.net/article/190907889.html

新作衣装記事
衣装の記事についてはたまに報告なしに更新することが多いです
今回は『アトリエ』とのコラボ衣装をピックアップしましたが
記事を書いている間に
無印の『マリーのアトリエ』の思い出がいっぱい溢れてきました


【NGS】今後も期待してしまうキャラクリのお話・2024年5月
http://b.harikonotoraya.net/article/190905919.html

発展と進化が目まぐるしかった
キャラクリの目元の装飾(デコレーションのような)に関する感想と感謝
今後の発展にも期待です…!



…という感じです

DLsiteのほうでミニゲームの『でぃーえる農場で』
2024/5/9から連続してハズレを引いているんですが
他の方はどうなっているのかなぁ?
自分だけかなぁ?
…と、最近懐疑の目で見ています

もうDLsiteからは離れたほうがいいのかな??、…とかね
ひとつに絞った場合の弊害が出ている気も最近はするので
他ショップでの販売の再開もちょっと検討しているところです

色んな実情が今ありますが
とりあえず毎日やらせてもらっているとはいえ
ミニゲームで何の成果も延々と得られないのであれば
利用する価値はないかな、と端的に感じてしまいます

とはいえ、次回新作の作業は進んでいますが
販売ショップについては、ちょっと考えたいと思います



【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 10:34 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年05月07日

2024年の連休(お休みは一日のみ)に読んだ漫画は

連休、お出かけされた方はお疲れさまでした…!
また、お仕事だった方はしっかりと代休でおやすみください…!

ということで、今年も大型連休(今年は前半後半と別れましたが)が明けましたが
自分はというと作業をし続けて、お休みにしたのは一日だけでした

それはいつも通り(普段も週一しか作業は休まないので…)なのですが
世間の大型連休の雰囲気に押されるように
毎年この時期はうちにあるコミックスを読んでいるような気がします

オフラインゲームに一日中没頭したりとかもしたいのですが
コミックスも読みだすと一作品読み終えるまでにまる一日かかったりして…^^;

ということで、今年読んだのは『生徒諸君!』だったので
その日記になります


…子供の頃に読んだ覚えがあるコミックスは昔のうちに結構そろえたので
好きだったというよりも「どんな話だっけ??」という興味で
買いそろえたような記憶があります

ドラマ化もしたみたいですが、正直に読み終わった感想を述べると
「普通の漫画だね」…という感じでしょうか
大々的に宣伝をするならば、学生時代の成長とか青春ものみたいな感じなので
好ききらいは分かれると思います
個人的には、「ふーん」という程度の感想だったので
ファンの方には申し訳ないです…!

キラキラお星さまが舞って大きなお目目がうるうるするとかいう系統ではないのですが
内容としては至極昔の少女漫画をしているので、
ああ…、という感じですかね…^^;
面白さよりも、かつて少女向けの雑誌をにぎわせていた
コミックそのものの歴史を見るような印象で読んでみるのが一番だと思います

好きな人は好きだと思いますが
個人的には、うーむという感じですかね…
展開も少女漫画的ですし、感傷も少女漫画的です、当時の

そんな作品ですが、やはりベテランの方の描かれる作品なので
一読して間違いはないと思います
めっちゃ巻数があるので、人気のほど、長寿のほどを
その理由とともに嚙み締めつつ読んでいると、まる一日潰れます(苦笑)

少女漫画の技術や歴史を読み解く感じで熟読するのがいいと思いました


…という、ファンの方には申し訳ない感想しかなかったのですが
ぶっちゃけ、自分はコロコロコミックとかボンボンコミックとか
読ませていただいて、ジャンプに移行したので
少女漫画は苦手だったのですね…^^;
『パタリロ!』を除いて(苦笑)

パタリロはほら、エロだから…げふん!

なので感傷とかよくわからないのですね…
ヒロインはモテモテで苦しんで悩む、とか
感情移入しないので、そうですか…という感じで読んでしまって
あかんです…!

当時の人気キャラの風潮とか、ありがちな展開とか
それすらも楽しんでよいのではないかと思います

少女漫画自体苦手な部類でもあるので(雑誌の「りぼん」は好きだったのですが)
出版社によってもやっぱり個性が出ていて、
それで嗜好が異なったりするような気もします

面白いので、少女漫画というカテゴリーでひとくくりにするのではなく
出版社ごとの風潮? 得意分野を読み解く感じで読むといいのかなと思います


女性の漫画家さんで作者買いをしているのは

名香智子さん(パートナーやレディ・ギネヴィアはほんとに個性的です)
山岸凉子さん(短編集が好きです、聖徳太子のコミックは必読ですな…@@)

…かなぁ…

今は取り立てて男性の漫画家さんで好きな方はいませんし
(徳弘さんは別格ですね…あの方は描く世界が流行とは異なっていて独特です)
上記の、特に名香さんは今の自分にとっては不可欠な要素だと感じます

個人の趣味嗜好の話ですので、これくらいにしておいて…!


今年の夏は、夏が終わる前には
次回新作のマシグ受け第四弾を完成させる予定で
作業を繰り返し続けている最中です

オリジナルコミックの【四人の王】については、
販売開始が来年になるかもしれないくらい
今は手が付けられないのですが、
その前に【裏本】三作品
先に登場人物(王だけど)等の予習をしていただければ嬉しいです…!


…DLsiteさん等のお世話になっているショップさんで
サークル・はりこのとら紙老虎(水堂とらく)の作品を
ご購入くださった皆様には大変ありがとうございます…!
助かっております…!m(_ _)m



【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 10:38 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年03月20日

【四人の王】鼓翼がかわいい4コマ漫画

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1099124

4コマ漫画全体はCi-enのフォロワー向けの公開になっているのですが
作成中の次回新作にきちんと収録するのでご安心ください漫画です…!

ちなみに鼓翼のことを「かわいいな!」とツッコんでいるのは
豹變王です(笑)
この二人は本当に仲が良いのですが
龍飛王は二人の関係についてはもちろん知っているので
嫉妬しないという。
嫉妬という感情もないので※詳しくは、【裏本・創始の闇】を読んでね※!
特別なことは何も思わないのですが
豹變王と鼓翼以上にイチャイチャしているのが
龍飛王×鼓翼だったりします。

鳳舞王が虎嘯王に懸想している以上に
鼓翼にのめり込んでいるのが龍飛王ですな…!

すべてを知っている上でのめり込んでいるという点が、
鳳舞王との違いだと思います。

で、鼓翼はそんな龍飛王にメロメロになっているという(笑)
おかしなカップリングなんですが
好きなんでしょう、お互いが…!



…という感じに、余力がある時に4コマ漫画のネタ出しをしているところです。
とにかく新作のペン入れの清書を続ける毎日。

えっくすの方でも呟きましたが
昨日生まれて初めて、よく行くスーパーのセルフレジを使いました…!
ウヒョー!…てな感じで、商品のバーコード面を探しまくったのですが
面白いなぁ…と。
いわゆる「ショップごっこ」みたいな感じだったのですが、確かに楽だなと。

商品券がある場合は人のいるレジに並んだ方が良さそうですが※わからないので※
そうではない場合は普通に今後はセルフレジでいいかな、と。

自分で精算をする場合、品数が多いと手間が多く面倒なので
なんというか、買い物の中身が減るような印象もありつつ。

無造作に籠の中に必要なものを入れる買い物の仕方ではなく
手間を惜しんで、買うものの数を減らしそうな節約効果もあるのでは…とか
考えてしまいました。

人任せにするよりも労力がそこにかかるので※些細ではありますが※
無駄買いが減るような印象も受けました。

そういう意味でも面白いシステムだな…と。
もちろん、必要最低限の買い物でも
一度にたくさん買わなければならない人には変わらないと思いますが…!

ちょっと初めてのデビューをした、セルフレジのお話でした。

またセルフレジをしに買い物に行きたいな、とは思いませんが
効果的には人件費削減の他にも何かいいことがあるのでは、と考えてしまった次第です。

ちなみに、買いに行ったのは納豆なんですが
ついでに『推しの子』コラボのパッケージのきのこの山も買ってみましたが
美味しかったですね…ごちそうさまでした。
久しぶりのまともなおやつを食べた昨日でした…!

推しの子のアニメは面白そうなので、また人気が出るのでは…と思いつつ。

とにもかくにも体調を整えてファイトします…!

今日は休日ですが、お休みの方もお仕事の方も
どうぞつつがなくお過ごしください…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:06 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年03月17日

ゲームの衣装記事を3点書きました

昨日書いた、衣装記事3点…!

http://b.harikonotoraya.net/article/190815132.html
ティンプティットは大丈夫なんですが
相変わらずOuはバストが大きいキャラだと大変です…!

http://b.harikonotoraya.net/article/190815128.html
ふわもこの寝間着はこの時期限定ですが
癒し効果が絶大です…!

http://b.harikonotoraya.net/article/190815128.html
使い勝手のよいOuのSSです…!


…という感じにうちの娘キャラしか撮影をしていないのですが
男性キャラ用のヘアスタイルで良いものがないので
あんまりコーデが捗らなかったり。
これは仕方のないことなのですが
それでもマイショを覗くとT1キャラ※男性タイプ※の衣装が
100kを超えていると、「ヒットしているな」と感じたりしている昨今です。

拠点でもたまに男性キャラクリの人を見かけるので
昔よりも増えた印象です。
男性キャラが増えると、アイテムの品揃えが少ない場合
誰もが似たり寄ったりのキャラクリになってしまうので※見た目上※
キャラクリのアイテムが充実してくれると
それぞれに個性が出しやすいと思います。
ヘアスタイルや衣装がまさにそれですが※アイテムの品数※
男性タイプのキャラにも似合う普段着や
使いやすい髪型が増えるといいなと思います。

実際に拠点で見る男性キャラは普段着の人が多いのが特徴ですね。



…という、ゲームの感想日記になってしまいましたが
原稿作業は進んでおります…!

受けメンの少年時代である
ちっこいマシグを終始ちょめちょめしているので
最後までちょめ切りたいと思います。

少しというかかなり余裕を持って見積もると
夏か秋には完成できるかと…!
お待ちいただけますと嬉しいです…!
受けメンの話を進めねば!

サークル・はりこのとら紙老虎の作品を
DLsiteがるまにさん等でご購入くださった方には大変ありがとうございます…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 06:55 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年03月12日

これは恋バナなのかな!?

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1090590

4コマ漫画を更新をしていたご報告が遅れましたが
更新してました!

健全なので、ネタのすべての内容については
タイッツーでも投稿して公開していますので
「水堂とらく」で探してみてください〜!


日記が書けなかったのには色々と事情があったのですが
昨日、春のお彼岸のお寺さんのお詣りが終わり
人心地着きました。

雪は全然溶けていませんが、徐々に春めいてきたように思います。
かけて寝る毛布の枚数も少しずつ減っているような印象です。




…で、今一番気に掛かっているのは何かというと
ゲームの中の話なんですが
…これはオリジナルコミックの『催セク』の中に
四コマ漫画の形で収録しましたが※終わった話なので※
一年以上前に決別?したはずのとある人物が、なんか知らないけど
先日の夜、離席している最中に目の前に立っていたらしいんですね。


らしい、…という表現なのは、自分が部屋で他のことをしている最中で※離席※
用事が済んでから
ん?、って思って画面を見たら、なんかいたらしいという(・・;)

………えええ!?、って思ったのは※気づいたのは※
緊急クエストを受注してマッチングした後に
拠点にいた自キャラの画面が映し出された後なんですね…

拠点にキャラを置いて、ワールドマップを開いたままにして、
クエストが始まったら受けるという形にしていたので
自キャラの周辺とかの画面はマッチングが完了するまで見られなかった。


なんか、部屋で他の作業をしていたら
うちの娘しぐ※読み方は「こしぐ」でお願いします※の横に黒い影があって、
ゲーム画面上の人数表示数は常に最小限の5人にいつもしているので
人影でしかわからなかったのですが
何かが横にいるなぁ…とは思っていたんですが
受注画面後では、自分が知ってた人が目の前になんかいたらしくて、
…表示人数の都合でキャラクターが影表示になっても
名前だけきちんと表示されるので判別できたんですが…
何があったんだ???…という状況で……@@


横にいた影とその人のキャラクターの背の高さが違うので※影でも変わる※
別人だと思うのですが、何かあったのかな??…と想像しつつ。

これまで会うのは避けてきたので、なんでわざわざ目の前に立つ必要があったのかな?、と。


うーん…って考えて、考えてその夜は眠れなくなったり(笑)
その影響で具合が悪くなったりしましたね…
まだお昼ご飯が食べられないくらいには胃にダメージがありました(^_^;)

色々あったので…よくないこともたくさん考えた。
苦しかったし、しんどかった記憶も残っていたので。


…で、もしかしたら、の仮定で、
これは単なる想像なんですが、
うちの娘しぐにいたずらをしようとしてた人がいて
それを牽制するために側にやってきたんじゃないかな??、という。


女性キャラクターにいたずらというかスキンシップをしてくる人は
少なからず昔からいるようで、
男性キャラを使っていた時も何度かありましたが(笑)
まあ、要するにタッチしてくるわけですな。
キャラに。
明らかに変なことをする人もいますが。

で、多分離席中に、そんな人がうちの娘しぐのそばにきていたんじゃないかと。

それを退けるためにわざわざ目の前に来てくれたのかなぁ…

でも何も言わなかったと思うので、行動だけで守ってくれたのかな…

彼とは連絡のしようがないので※終わったことなので※分かりませんが…

マッチング完了後の拠点の画面では、横にいた人影は無くなっていたので
そうなんじゃないかな…と思ったりしているところです。

特に会うために来たわけじゃなくて。

うむ…

特段気にせずにうちの娘を放置しておいてもよかったのに…
今は無関係なわけなので。
でも見過ごせなかったのかなと思うと、
ちょっとというか
かなり嬉しかったですね……

この辺は本当に心境が色々あって
なんでいるん!?
とか思ったし
またあのつらい気持ちになるのはいやだなぁとも思ったし
本人やその周辺で何かあったのかな…と心配にはなったけれど
腹立ちももちろんありつつ
でも、顔を見れて※影だけど!!(笑)※嬉しかったな、というのが
最終的な感想でしょうか。

腹立ちはあるけどね!!!
一方的に激昂しおって!!!!!
こっちは疲弊しまくってるのに好き放題言ってくれたなコンチクショーでしたけど
※過去のこと※
でも、近くまで来てくれたのは久しぶりというか
初めてだったので、それを考えると顔を見れた※影※ことが純粋に嬉しかったですね。

会話をしたわけではないですが、行動から伝わるものがあったような気がします。

全部想像なので、全くの見当違いであるのかもしれませんが…!


とまあ、頭の中で決着をつけて、彼とはその後
見かけてもいませんし、会ってもいませんので
そのままでいいのかな!?、という感じです。

なんだろねー
わかんないよー
ほんとに謎すぎる!

好きすぎてフレを切ることは
実は周りでもあって、
なんじゃそりゃー!?と他のフレさんと話をしていたことがあるんですが
なんかほんとに…うまくいかないもんだね…と
悲しく思ったりもしつつ。
結局冷静に対応できないと
相手からも呆れられてしまうんだろうなと思いつつ。
恋愛事は全く興味がなくてある意味ですごい勉強になっているんですが
なんか、人としての心が少しわかった気がします。
今までほんとに誰も好きになったことがなかったのでびっくりですね。

うーん! 書いてて自分でもわけがわからない…!


とりあえず、何事もなかったのでこれからも
原稿に専心できると思います。

催セク』の販売開始が遅くなった理由も
人間関係がゴタゴタしたためもあります。

今はそれがないのでがんばれる。

オリジナルのコミックシリーズは描き切りたいので
これからもファイトします…!

いつも見守ってくださる方には本当にありがとうございます…!

季節の変わり目でもありますので、体調にはお気をつけて…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:30 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年03月07日

龍7外伝クリア感想

ということで、龍が如く7外伝をクリアしましたので感想まで。

外伝なので、ボリューム的には小〜中です
ムービーは多くて長いです
やることはないです※あってもやり込みではない
黒田さんボイスと桐生ちゃんフェイスを心行くまで堪能
やっぱり『外伝』というスタンスなので、0.5という出来栄え

う〜ん…

龍が如く維新極よりは面白かったかな、という感じですね。
リメイクよりは、新作なのでその点はやっぱり新鮮味があったし
桐生ちゃんが目白押しで、桐生ちゃん一人が主役なのでうれしかったし
多分やり込みというか、やり残しとしては各項目のコンプリートなんでしょうが
やる気はなかったですね…

PS4でもきれいに動いてくれたと思います。
それは本当にありがたかったです…!


総評としては「よかった」部類に入るのですが
配信で動画だけ見ればよくない?…というボリュームでもあります。
その点はおそらく、開発陣もよく理解していると思います。
評価が満点じゃないのを分かっていて作った印象で
自分の評価には点数をつけられません。
これで龍とは離れるので。
コマンド式のゲームはやらないので、さようならのためのプレイでした。

個人的には『6』で終わって何の不服もなかったので
蛇足ではあるなぁという感じはあります。

とはいえ、桐生ちゃんが受けっぽくてかわいかったですね…
気の毒なくらい@@

という感じです。

アクションとか頑張ってくれたと思うし
ムービーの技術はいいし、たくさんがんばってくれた人たちの影が
たくさん見える作品です。
桐生ちゃんにかけた思いというかなんというか。

そんな感じでいいんじゃないかと思います。

まあ、二周目はやらないんですけどね!

二周目はやらないなぁ、やるなら維新極の続きだなぁという感じです。

終始、桐生ちゃんがかわいかったですね。
でも本当に自分は『6』でフィナーレでよかったです。

えっくすのほうでも感想をつぶやきましたが
本来スマホ版で簡単にあらすじだけを書いて流せばよかったものを
据え置きゲームで出してくれたことは、開発側のけじめだったような気もしつつ。
それはそれでありがたいなと思います。
『6』で終わってよかったのに…!


自分はスマホ版もやらないので(本当にアクションゲームがやりたいので)
PSシリーズで遊べるゲームとして最初から最後まで楽しませてもらいました。


シリーズ初登場の当時は、
せがげーだから予約して買って…忙しかったので
買った一年後にやっとやったゲームなのですが
(ちゃんと年末のクリスマス時期に^^;)
龍が如く無印に出会えてほんとによかったと思います。
世界にのめりこみましたし、没入できましたね…おもしろかった!
うまくいかないところも全部含めて、あと、蛇足が少なかったから楽しかった。
ミニゲームが添え物程度だった、というのがよかったのかな。
とにかく無印は、本編が楽しかったですね。

今は余計な肉付きが多すぎて…画面にしろ、豪華なムービーにしろ…
余計な知識が、本編の道筋の良さをぼかしてしまっているような気がします。
雑多な…と言ったらアレですが、もやがかかったようになってしまうのかな…
あっちこっち行くのも楽しいですが、
やることが尽きた!…では本編を進めよう!
…という流れが個人的には好きでした。

という、思い出もありつつ。

良いゲームシリーズでした…!

という感想かな…!

自分はやっぱりせがのアクションゲームがやりたいです^^;
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 18:39 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年03月05日

メロンリキュールの話

今日も普通の日記です。
新作の原稿作業は進んでます!


先日身内がまたうちにあるお酒を発掘してきたんですが
※買ったものではなくて遺されたものです※
瓶の形状からワインかなと思ったそうですが
※ラベルはお酒の愛称みたいな名前だけしかなかった…※
開けてみたら、なんとメロンのリキュールだったらしく。

ラベルには度数も何も書いていおらず、手がかりが銘柄だけだったんですが
検索したら、昔とある地方で作られて今は製造しなくなったものらしく
度数もおそらく8度くらいだろうと。

眠っていたフランス製のオレンジリキュールはアルコール度数18度だったので
コーヒーに数滴垂らしただけでもかなり強烈に来るんですが
8度だと全然平気というか※アルコールを分解できない人は飲んじゃダメです※
普通だな…という感じで、朝に一杯だけ飲んでいるコーヒー
※牛乳と特濃豆乳入り※に加えたところ、
普通にほのかに後味にメロンが少し香る程度でした。

オレンジリキュールだとアルコール度数が高いので
オレンジの風味もしっかりあって美味しいのですが
美味しいのかアルコールがきついのか、よくわからない部分もあって
※アルコールがきついから美味しいのか、どっちもなのか…※
おいしい!、とははっきりとわかるのですが
リキュールがうまいのかオレンジがいいのか判然としなかったんですね。

でも今回の度数が低いメロンリキュールは
アルコール度数が抑えられている分、飲みやすいのかなと思いました。

お酒はそのままでは飲まずに、
料理に加えてアルコールを飛ばして使っているのですが
度数の低いお酒はプレゼントにはちょうど良い感じなのかなぁと思いつつ。
メロンリキュールはその意味では使いやすいと感じました。

前回ほぼ身内がワインシロップにして使ってしまったワインも
度数がそれほど高くないのでジュースみたいだな…と思いつつ。


埃をかぶっていたようなものたちなので
捨てるよりは料理に使って消費しようという
ただそれだけなのですが、リキュールにせよワインにせよ
どんどん知識が増えていく今日この頃でした…!


お酒イコールわるいものと考えている人もいますし
好きではない人もいますし、体質に合わない人もいらっしゃると思います。

でも適量摂取でいいし、常備する必要はないし※そもそも高価だし※
無理に飲まなくても良い。
ですが、知識として製造工程や歴史を知ることは全然良いことなので
※とにかく知識※面白いなぁと思ったりしました。

適量摂取が大さじ3杯とか言われても、そんなに要らんです…と思ったりもしつつ。

リキュール漬けに関しては、様々なものがあるようで
梅酒も梅のリキュールだと知らされて、なるほどなぁと思いつつ。
リキュールは甘めで飲みやすいし
お菓子に少しだけ混ぜるのもアクセントになるのでいいと思います。
無理には買う必要のないものですが…!

料理の下準備や調味料としてのお酒は面白いなぁと思った昨今でした。


鼓翼はお酒好きな龍飛王からお酒の手ほどきを受けて
また知識や腕を磨いているといいなぁ…
自分では飲まないだろうけど…!
…と、いきなりの妄想(笑)

ちなみに龍飛王がお酒を好むのはくちなわだからかな※イメージ※とも思ったんですが
鼓翼がお酒を飲むと大虎ならぬ、ふんにゃりニャンコになってしまうのを
内心でにこにこしながら見ているのかもしれないです。
かわいいな、と思ってないけど※感情がない※、かわいいなと思っていそう。
抱っこして、くっついてくる鼓翼の体を軽くギュッとするんですな妄想…!
互いにぬくくて気持ち良いのでしょう。

龍虎も鳳虎も、珍しく年上攻めのカップリングなのが特徴ですね。
年下攻めが好きなのか?、とかはあんまりないんですけど
銀針×普氾もヴェーダ×マシグも年下攻めカップリングでした。
年齢差の区別はあんまり気にしませんが、なんか色々と
シチュエーションを楽しんでいます。

描きたいと思ったカップリングのエロしか描きませんが…!

ヴェーダにも早く幸せになってほしいですね…と思いながら
マシグ受けのシリーズは作り上げていくことになると思います。
マシグ受けは、最大の謎であるのは実はマシグ自身だというお話です。
キーとなるのはアルプなんですけどね…!


…ということで、今日は普通の日記でした。

また新たなお酒が発掘されましたら
メモ代わりに日記にてお知らせいたします…!

一週間が始まったばかりですが
今日もファイトで…!


DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:53 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年03月03日

Ci-enのあれこれを思う日記

昨日のCi-enの話については
本当に個人的に困ってしまうものだったので書いたんですが、
「有料プランの勧め」って
意図してそれを作っていない※以前は100円で作っていたのですが※部分もあるので
なんだかなという。

Ci-enの前に、DLsiteでは
『DLsiteブログ』という
ライブドアの提供するブログサービスを
販売サークルになることでDLsiteで使わせてもらっていたのですが
※サービスとして提供されていた※
そのサービスをやめてCi-enが発足されたわけなんです。

今は、DLsite内でサークルが個性を出したり情報を発信する
サークル紹介ページも無くなって※そのページは現在はただの作品一覧になってます※
「ブログをチェック」ではなく、
「サークルを支援」という、あからさまな集金みたいな文言で
Ci-enのリンクを紹介されるので
本当になんだかな…という感じです。

日常とか中の人のこととか知ってほしいだけなんだけど…というのが
昔から変わらぬスタンスなのでほんとに困ってしまう。
今現代では、中の人なんか興味がない、という世相なのかもしれませんが。

昔からDLsiteでは過去に出した同人誌や
現在作成している創作物を販売してもらっているだけなので
支援してくれる人も当たり前のようにいませんし
※記事への投げ銭機能はあるんですけど※
有料プランは必要ないのでは?…というか申し訳ないと思って
一時やっていたのですけど今はやめたんですね。

復活させてもいいけれど、更新のためのネタに縛られて
新作の作成が遅れるならあべこべだし
飽くまで新作…作品を作って販売することが目的なので
サービス利用者だけに提供するサブスクは
正しい形なのか?…という疑問があります。

結局創作物をしっかりと作って販売しないと、DLsiteでも形として残らない。

なんか、Ci-enのサービスは違うんですよね…

という感じですかね。

ブログとしては使うけれど、前にも書きましたが
Ci-enを更新したからといって実際にDLsiteでの売上が増えるわけではない。

そもそもサークル紹介ページがDLsite内で画一化されて
新作を販売しても、作者のことを調べる「伝手」がDLsiteの中にない。

Ci-en自体もデザインがどれも同じでカスタマイズ性も乏しく、個性が出せない。

なので、昔よりも購入者やファンの方※いるとしたら※から遠くなったなぁと思います。

作品サンプルを増やせば売れる、というのも
結局はどんな人が描いているのかがわからなければ
買わないという人も多いのでは…?、と思います。

ゆえに今のCi-enのスタンスは
個人的にはあまり望ましいものではないですね。

作品を作って販売しているサークル、というのが自身の前提なので
支援してもらうことが前提の人とは少しというか、大きく異なる。

こんな風に作ってます、というアピールをしたいだけなのに
くれくれマン※言い方!※みたいに思われるのはちょっとというか、かなり違います。
※DLsiteのサークルページのCi-enへのリンクがまさにそれ(支援)なので※

確かに支援?ではあるんですけど、必ず金銭的に常に支援してくれ!、という強制ではないし。

こんなことやってますとかを知っていただけるだけでいいというか。

実際に、作品の作成過程や日常を更新したり
Ci-enに作成状況をアップする人もいますが
DLsiteブログ時代よりも減ったように思います。

作品をCi-enの中で販売して、それきり、みたいなのが今の流行りなのかなぁ…と。

自分自身の創作活動とは重ならないので、
うーん…と思ってしまいますね…

原稿一枚いくらする、とかいう換算でもないし
活動内容で投げ銭してもらうようなこともないし…
動画でリアルタイムで視聴者と金銭をやり取りするものとは違いますし。

一作品として出来上がったものを
DLsiteで販売して買っていただくというスタイルなので
違うんだなぁ…と思ったりします。

自身の作品を本として考えているからかな?
一枚ではなく、一作品という概念なのは。

ということで、困ったな!、と思っている
Ci-enの扱いでした。

アクセスもDLsiteサイト内からは極端に少ない気もするし
完全にDLsiteとは別サービスみたいなのがなんだかな、と思って見ています。
※アカウントやポイントはDLsiteと共通なんですけどね…!※

いいねをくださる方や、
販売サークルとしてCi-enを更新している人もいますが
新作をDLsiteで販売せずにプラン加入者にのみ作品を見せる人も実際にはいます。
月間プランのせいで、ですね。

それって、DLsiteにとっていいことなのでしょうか…という謎もあったり。

個人的には作品は一度にまとめて読みたいし所蔵したいので※本が好き!※
やっぱりこの手のサービスは苦手ですね…

個人HPの時代なんて、毎日更新してても
訪れた人は普通に無料で読んだり見たりすることができたわけなので。
…興味がなければ訪れることはない、というのが大前提でしたけれども。
で、「本として出してるんですね!」、って感じで
イベントにいらしていただいたりしましたね…
ありがとうございますです、当時はほんとに!


…という、現代の投げ銭機能と作品制作・委託販売が
マッチしていない気がする人の日記でした。

結局、作品をCi-en内部だけで販売することになったら
DLsiteの存在の意味がなくなるのでは?…とも考えますし
うーん…ですね。

とりあえず、自身は本としての新作の作成作業に専念します。
デジタル本ではあるんですけれども…!

当サークルの作品をご購入くださる方には本当にありがとうございます…!
助かってます…!


DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:28 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年03月02日

【四人の王】昨日の更新4コマ漫画と龍7外伝話

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1084900

昨日の更新四コマです
Ci-enの使い方には悩みますね…


サブスクみたいな感じで有料の記事を作れと言われても
※Ci-enからの強制ではないですが※
自分のネタ出しは落書きを含めてすべて新作に収録するので
意味がないよな…と思っているので、なんだかなであります。

Ci-en自体、DLsiteブログの代わりとして立ち上がって
ファンがサークルを支援したい、という希望が
そもそものサービス開始の発端だったと思いますが
サークル以外も利用を勧めているし、なんだかなという感じです。

有料のプランを作らないとタダで使用しているという意味になるのかな?
え…、DLsiteで販売しているサークルとして利用してますけど…?
…みたいな感じですかね…

Ci-enを更新したところでDLsiteでの売上が上がるわけでもないので
※購入意欲のある人が見てくれるわけではないので※
Ci-enを更新することに意味があるのかな?、という感じでいます。

今だと、サークルとユーザーを繋ぐ役には立っていない気がします。
SNSでの方が繋がる印象ですし。

とりあえず、同じエイシスでも運営が違うのかなんなのかよくわかりませんが
DLsiteでサークル活動をしているだけではいけない、みたいな
風潮は勘弁してくださいと思ったのでした。
新作を作るので精一杯…というのは変わらないですね…

なので、Ci-enの有料プランの薦めはありがたいけど必要ないなと感じています。


という、様々な事情を抱えつつ。

四コマネタは新作にすべて収録しますので、
今読まなくても大丈夫です…!

イチャイチャしている龍飛王×鼓翼がいるだけです(笑)



ということで、龍が如く7外伝のお話。

まだ2章で、お使いばかりやらされてます。
つまらん!!

とはいえ、今のところ目を引くのは龍司関係ですかね。
桐生ちゃんは龍司のことが好きなんだなーというくらいには
どきむね※古語※しているみたいで※気のせい※
大人っぽくも艶っぽい印象です。
自分は昔から龍桐なので、大人の、
龍司より8歳年上の桐生ちゃんの態度とか、見てて好きですね。

実際、なんで龍が如く2の時に※無印※
最初から龍司を呼び捨てにしてたのかを今考えると
郷田会長と区別するためでもあったと思うんですけど
※郷田会長と郷田、が一緒になったらわやだから※
なんかそれゆえになんとなく桐生ちゃん自身も龍司に馴染んじゃった気もします。

龍司も龍司で「下の名前で呼ぶな」って言わないし(笑)
最初から好き同士なのかなーとかね…!

意識し合っているというよりも
龍司が目の敵にしてて、桐生ちゃんは郷田会長の息子、という認識でいたような気がします。
でも龍司はちゃんと桐生ちゃんの前に立てる男に成長して
最終的に同じ足場に立ったので、いいなぁと思いつつ。

2の無印では初戦で快勝しまくって、何戦かしましたけど
龍司に手心を加えられたりとか、艶っぽい関係でしたね、傍目から見ると。

最終決戦でやっとガチでやり合える、みたいな
ムード作りも良かったです。

自分は例のあのキャラはあんまり眼中にないので、
ずっと作中では龍桐を追いかけてましたね。


なので7外伝で龍司に語りかける、桐生ちゃんの心の中にある
龍司の姿とかをセリフから想像すると、とてもいい雰囲気のように思います。

桐生ちゃん、龍司のこと好きねーって普通に思ったり。

錦山とかみたいに過去に色々あったわけじゃなくて
正面からきっちりと向かい合っていたのが龍司だったんじゃないかと思います。

きれいな…と言ったらちょっと違いますけど
すごくいい関係というか位置にいる存在なんじゃないかなと。
同じ龍で最強を背負った者同士、という観点もあるのかもしれませんが
龍司の男振りも良かったですね。
常に豪胆で、知将でもあるけどマイペースなの(笑)
小学生で180センチはおかしいけどね!!!

という感じですか。
桐生ちゃんの育成は防具四つ装備できるようになったらもういいかな…と思いつつ。

お使いゲームなので飽きます。二周はやりたくない…


ということで、プーさんの巾着入れは無事に見つかりましたので
新作の原稿を進めています。

まだ寒さが続きますが、3月になりました。
今月もどうぞよろしくお願いいたします…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:30 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月29日

普通の日記と龍7外伝

夜からわが家の愛猫おひめが小さくくしゃみを繰り返しているので気になりつつ。
お布団に入れて温めてますが暑くなると出てしまうのでその繰り返しみたいな…
埃もあるのかもなので部屋の掃除もしてみます。
枕元で待っているので、かわいいのですが心配ですね…

自分は自分でカイロを入れているプーさんの巾着をなくしてしまうし
ダメダメなんですが…!


昨日も少し龍が如く7外伝を進めました。
話的にみんないつまでも引退してる桐生ちゃんを頼るなよっていうのが
恒例のツッコミとしてありますね。
火中の栗を拾うパターンじゃなくて
桐生ちゃんを巻き込むパターン。
まあ、初めて桐生ちゃんを知る人にはいいのかもだけど
7から始めた人がアクションの7外伝をやるはずがないと思いつつ。

7外伝は街中エンカウントはいいんですけど
本編の敵がかなり高火力なので、実際、なんだかな?という感じですね。
爆発的なアレを繰り出してくるので、全キャラがワンパターンでもあります。
ボタン入力※QTEだっけ?※がないから尚更単調だし。
ひとまず防具をいくつも装備できるようにすれば問題ないかなと。
とは言っても、なんか面白味には欠けますね。

やることはおかねかせぎと強化とアイテム集めとお使いで
それはいつも通りなんですけど、深みはないかな。
いつも通りなので、それゆえに目新しいことが何もないです。

個人的に思うのは、桐生ちゃんの物語で龍が如くをすっぱり終わらせて
ほしかったなぁというのがあるんですが
〇〇エンジンとか使いまわしたかったからシリーズを続けている感じがあります。
同じシリーズならシステムが被っていてもいいし。
ただ、やっぱり主役を変えるなら別タイトルにしてほしかったですね、すっきりするので。


自分としては『クロヒョウ』のスピンオフがやりたいです。
10代の若い主人公ってもうだめなのかなぁ…採用するのは。
歓楽街で遊べないというのもありますけど
そういうのは無しで、若い人の娯楽だけで話を作れないのかなって思いつつ。
ひとまず春日何某はスルーで…!


ということを考えながら進めていました。
やってて思うのは全部見飽きているし※いつも通り※
新しいもののないただの龍が如くですね。
ムービーだけが新しいっていう感じで、そこは力が入っていていいんですけど。

なので、イージーモードでストーリーだけ進めるのが吉だと思います。
ゲーム自体に面白みは感じられないです、まだ第二章ですけど。

龍が如く6の方がよかったなって思ってしまう、話以外の部分では。

という、どうでも良いゲーム話があったりしました。

もう世代交代して桐生ちゃんは蚊帳の外なのでどうでもいい外伝だと
個人的には思います。
7から始めた人がこれで8で感動するのかはわかりませんね…
自分はやらないし(´・ω・)

なんか7で桐生ちゃんを狙っていた亜門と懇意になったらしいのがなんかいいですが
そこはいろいろあったんだろうなと。
時代劇でもずっと亜門が最終刺客だったので、因縁に蹴りがついたのかな〜とか思いつつ。

とりあえず、話以外はあんまりのめり込めないので
淡々と進めていきます。
話自体もとっても面白味には欠けるんですけどね、結果は知っているし。
結果の知っている話ほどワクワクしないものはない…!


ひとまずカイロを入れる巾着袋※プーさんの(笑)※を見つけ出さねば…!
カイロがないとまだまだ寒いので体を冷やさないように気をつけます。
おひめも体が温まるといいのですが…

今日もファイトで…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:41 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月27日

【四人の王】四コマ更新と龍7外伝話

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1080765

豹變王にはいろんな話をする鼓翼
豹變王自体も鼓翼と話すのが好きなんですが
四コマ漫画ではなぜか
【裏本】の現代版妄想完結以降の展開が見れます…!
ギャグなんですけどね…!


4コマ漫画を描いていくと
龍飛王はどんどん鼓翼に甘くなるし※元々甘いともいう※
鼓翼はどんどん龍飛王にメロメロになるし※好き※
豹變王はさらに自由になる感じですね…いいことなんですけど
そんなに好きなんだ!?、と鼓翼にはツッコみたいです。

そこが鳳舞王似なのかはわかりませんが
鼓翼は情熱的な部分は鳳舞王似で
現実的な部分は虎嘯王似なのかもです。

良い感じに中和されているとは思うのですが
好きになったら照れながらアピールしちゃうのは
鼓翼らしいのかもです。※こども※

龍飛王がカッコ良すぎる※好きになった鼓翼から見ると※
のかもしれませんが、キュンキュンするそうです。
で、龍飛王はそれを知っているので※知の王※
鼓翼をたまにぎゅっとしたり、見つめたり、エロしたり
チューしたりするんですな。
現代版妄想だと本編よりも二人はラブラブすぎるかもしれないですが!


鳳舞王×虎嘯王はまたちょっと違うんですけど
虎嘯王は眉間ジワがデフォなので常に怒っているようにも見えますが
※おこってない※
鳳舞王にだけは虎嘯王がデレているのがわかる、みたいな。

豹變王ももちろん虎嘯王のことは知っているし見ていたのでわかるのですが
鳳舞王に対してだけ見せるえっちな表情とか目線とかがあると思います。

夫婦というか、夫婦なのかなぁ…
恋人時代は色々あったけど、鼓翼が生まれてからは
二人の関係は夜も含めて実に安定しまくっていそうです。
親になった姿を互いに見て、それでさらに好きだ、ってなったかも…!
子育てする姿もかっこいいなとか色々思っていそうです。
実際スマートに子育てする鳳舞王※いつでもスマート※は
かっこいいんでしょうし、虎嘯王はやっぱり
鳳舞王はすごいな、と密かに心の底から思っていそう。
尊敬してもいるし、そこが好きだと思っているのかも。

鳳舞王は虎嘯王の全部が好きなんですが、具体的に挙げると
真面目なところやその姿勢、実直なところと
たまににゃんこな気まぐれなところがある点もお気に入りかも。
えっちの時の虎嘯王も好きだし、エロモードの虎嘯王を組み敷くのも
プレイを仕掛けてえろえろするのも好きですね。
とにかくお気に入り。

そこは龍飛王も鼓翼に対しては※お気に入り※同じだと思います。

鼓翼をベッドまで運んでえろするのも好きだし
その場で相手を致しちゃうのも鳳舞王同様に好きだと思います。

鳳舞王ほどオープンではないですが
鼓翼には態度で伝えて、
龍飛王自身には感情はないですけど言葉でも
近い部分まで言ってくれると思います※好きに近い部分まで※

鼓翼が龍飛王にえっちの最中に「好きだ」って繰り返すので
龍飛王も鼓翼の鼻先に顔を近づけて「おまえがほしい」とか
言ってくれるんじゃないかなぁ。
好きという感情がないし龍飛王にはない感覚なんですけど
それでも近い部分まで鼓翼の思いに近づく。
かなしいかな、無感情なんですけど理解はしている、知の王なので。
でもその理解は言葉でしかないので、龍飛王は自分からは決して
好きだとは言わないですね。
言えないともいう※自分にはないもの…感情なので※

なので鼓翼にはそこに近い言葉を告げていると思います。
鼓翼はそれをわかっているので、
龍飛王のことを好きなことを、龍飛王に感じてほしいなぁって思いながら
ほにゃされたり抱かれたりするのかなぁと想像しつつ。

でっかい愛が、鳳舞王にも鼓翼にもあるのだろうという感じです。



と、話が長くなりましたが、昨日の龍7外伝の感想の続きを。

昨日も1時間くらい時間を作って進めてしまいました。
今は第二章なんでやることは増えそうな気配ですけど
基本的にムービーが長いなーという印象です。
仕方がないんですけど説明部分ですね。
ムービー作りも手間がかかるし。
桐生ちゃんの人となりの補足みたいなのを物語にも絡めている気がするので
初めての人向けなのかなぁと。
登場させられない外野の人をむしょおくりにする手法は相変わらずで
またかーと思いつつ。
ご都合主義というか、それしか方法がないのかなぁと思った次第です。
アサガオ近辺も全然練られてなくて※画面も使い回しにならざるを得ないというか※
うーん絵空事だなぁという感じの挿入でした。
コスト削減!

ネタバレになっているかもしれませんが
うーんと思った部分を書いてますが、
それも作成者の予想の範囲だろうなと思いつつ。

個人的にキャラへのツッコミはあるんですけど
感情移入はしないので淡々と話を見ていく感じですかね…
とりあえず蒼天堀には到着しました。
やることが増えるといいですが。

あと、エンカウント・バトル以外でおかねを稼げないので
本編のバトルは退屈だなーと思ったり(笑)
その場で強化ができないので、準備してから本戦へという感じです。
そこはちょっとつまらなかったですね。
ストーリーのためだけの戦闘しかないので、
ゆえに単調で変化がなくて退屈だと感じました。
例え対戦するキャラ固有のアクションやスキルがそれぞれにあったとしても
やることがなくて暇ですね。

桐生ちゃんの振る舞いはいつも通りで
生き方を変えられないのは良いし※普通のこと※
それが現代にとっては古臭いのも当たり前だし
理解されないのもいいと思います。
ただ、今で言う大いなる矛盾も
桐生ちゃんははらんでいるので難しいなと思いつつ。
義理人情の時代とは大きくかけ離れているので
余計にギャップを感じるのかもしれないです。
ゆえに世代交代してもいいのですけど
人生にまで幕引きをされる運命というのはなんだかなと思います。


個人的に自身が生み出したキャラクターの生殺与奪権が
自分にあるとは考えていなくて
生きたいのかそうじゃないのかを問いますね、キャラクターに。
で、答が出る感じなので、
物語を盛り上げるためや
最初からしなせるつもりでキャラクターを描くことは自分ではないです。

これこれこういう展開になるけど、どうしたい?、とは考える。
キャラクターに対して。

変な話ですけど頭の中で対話するというか展開するんですね。
自分がしたいことというよりも、キャラクター自身に問う。
で、選ばせる。
強引に話を持っていけば、そこに変だな?、おかしいな?っていう
ちぐはぐな部分が出てくるので。

なのでそういう作者のエゴが出る話の流れは苦手です。
これは個人の嗜好や観点なので全然理解されなくて良いのですが…

そうはならんやろ、が、人間性…キャラクター性的に見えてしまうと
うーん…って白けますね(´・ω・)


まあ、どうでもいいのですが、脚本に合う合わないはやっぱりあると思います。
で、話を展開したいがゆえに無理に話やキャラを押し付けてくると
へーって、自分自身が外野になります(笑)
感情移入しなくなるというか、乖離するんですね。
それが大きくなると、無理、駄作だ、ってなる。

龍7外伝はもう道筋が決まったレールの上を
キャラクターが歩かされているのがわかるので
ワクワク感はないです。
感動も別に求めていない。
7も8もやらないので、自分にとって最後のプレイになるわけなので。
さようならのためのプレイですな。
自分流という流儀に従ってプレイをしているだけなので
勝手な話ではあるんですけどね…!

とりあえず、事情説明みたいな内容なので
そうですか…で終わると思います。
8への導入ではあるんだと思いますが、8もやらないから!

ということで、エンカウント・バトルとか
本編とは関係ない部分でゲームをゲームとして楽しみたいと思います。

キャラクターにはあんまり関心がないので※脚本を歩かされているだけだし※
がんばれーと思って見ています。

多分もう、龍が如くは自分の中では終わった話なので
※桐生ちゃんを病気にした時点で※
情がないんだろうなと思います(笑)

淡々とプレイしてますが、おかね稼ぎは頑張ってしまう。
そんなに落とさないでしょう普通は…っていう感じのドロップがいいですね。
強化しなくても十分に強いんですが、今まで使えていた技が充実すると面白いので
戦闘アクションは増やしたいですね。
話はあんまりどうでもいいです。
内情を知っても結果は変わらないんですよ、ただの添え物。

自分としては6の終わりには結構納得していたし、綺麗な終わりだったし
話をすんなり大人しくさせた点は良かったと思うので
また表舞台に桐生ちゃんが引き戻された今の方がかわいそうだなぁと思います。

話の展開はいつも強引だし(笑)
そこでは感情移入しないですね…やりたいように
キャラクターを駒として使っているだけに見えてしまって。

すでに性格や身の振り方が固まっているからこそ
キャラクターを駒にせざるを得ないのかなとも思います。

単なる価値観の相違かもしれませんが、
とにかく最期が決められたキャラには付き合わないので
自分の龍が如くは7外伝がラストです。
やらなくても良かったんだけど、アクションは見ておきたかった
それだけですね。
あと、ポリゴンがきれいすぎるなーと思ったり。
※ポリゴンを汚すのも技術と手間※

リアルに寄せるか絵に寄せるかが明確に分かれてしまうので
やはりそこは違和感が大きいですね。
リアルは独特の生々しさ※パーツすべてに※がありますけど
絵には生々しさがないので、そこで乖離を感じます。

作られた顔には作られた顔しか場に似合わないんですね…自分が見る画面では。
コマで分けるならいいけど、リアルと作りものが一緒にいると
あー違うなっていうのがはっきりとわかるので、
画的な生々しさはゲームには必要ないと感じています。

そこでもやっぱりバーチャルなエンタメとしての楽しさを損なう気がしつつ。
冷めるんですな、エンタメから現実へ。
現実をエンタメに落とし込むはずが、現実でエンタメから冷める、みたいな。
覚めるとも言いますけど、ワクワク感や高揚感がなくなる(笑)
んー、要らないかなって思ってしまうんですね…
リアルの方が確実にいいわけだけれど、真のリアルをゲーム画面には求めていない。

エンタメとしてのゲームは、リアルとは乖離してなきゃいけないというか…
そこは作成者の裁量や塩梅やバランスの問題なんですけどね…!

とりあえず、本編の戦闘は退屈そうなので
エンカウント・バトルを楽しみながら進めていくと思います。

アクションは戦闘もコーディネートしなければいけないので
作成する側は至極手間がかかると思います。
アイディアも考えもチェックも山のように時間と労力がかかる。
でもそこが好きだったので残念ですが、キッパリと切ります。
未練はない。

自分のラスト龍が如くがしっかりと作品になっているのかが気になりつつ。
外伝なので話の補足という観点では内容については期待はしません。
ただ順を追って話を見るだけのプレイで、
そこに疑似体験やバーチャルな感動はないと考えます。


話が長くなりましたが、好きな人はそのままでいいのです。
感動した人も間違ってはいないと思うし、自分が冷めているのをいやだなと思っても
それは現時点では正しいことだと思います。
人の思いはそれぞれなので。

ただ、もうすでに終わった話なんだなぁと思ってやっているので
ワクワク感はなくてほんとに決められた道を追ってるだけ。
つまらんですよ、そんなゲームは…!

ってことで、横道に逸れながらプレイすると思います。
小ネタにツッコミながら遊ぶプレイの方が断然楽しいですし。


とにもかくにも新作の作業優先で…!
がんばらにゃーです…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:03 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月26日

龍が如く7外伝をちょっとだけやりました

昨日はやっと龍7外伝をやろうという気持ちになって
PS4※龍が如くコラボ版※を起動したのですが
始めるのに一時間程度かかってそこからげんなり(´・ω・)

待った挙句にようやく始まったら外伝らしく
※極2の真島の兄さんの外伝と同じですね※
ムービー多くてキャラは既に強いのでやることもなく
装備集めとお金集めかな…それだけすればいいので
実質的にやることはないですね。
そんなゲームです、ただ、桐生ちゃんの最後の姿なので見届けようかと。
アクションではない7と8はやらないので
金輪際龍が如くには触れませんが。

内容については桐生ちゃんがモテモテなのはいいのですが
相変わらず「どういうことー?」のセリフが多いです。
自分の頭で思考しないのは、シナリオ的な導線なんですけど
敵とかがペラペラ喋ってくれるから、愛されてるなぁと思いつつ。
みんな桐生ちゃんに甘いですね…(´・∀・`)
とはいえ、桐生ちゃん自身の深みが何も感じられないとも言えます。

話的にも深みはなさそうなので※物語を追うだけ※
さっくりと終わりそうです。
これで◯◯◯◯円とかするので哀しくなりますが。

最初からキャラが強いのは話には集中しやすいですけど
ゲームとしては詰まらないです。
育てる楽しみがないし
キャラと一緒に強くなる経験みたいなことが実際に何もできないので。

『外伝』というだけあって、本編のような
映画的なゲームのような、壮大さは微塵もないのでお勧めはしませんが、
相変わらず桐生ちゃんはかっこいいです。

…という感じかな。
冷たいようですが、真実なので書いています。

楽しかったアクションゲームとしての龍が如くは終わったんだなぁと思いつつ。


やることがないんですね…腕を磨くということが。
ただ選択ボタンと決定ボタンを連打するだけの疑似体験を
わざわざ3Dで自分はしたくないですね…
バーチャルから遠く離れたせがでした。

それは自分がせがげーを卒業すればいいだけなので構いませんが。


動画ではダークソウルやエルデンリングをフレンドさんに勧められて見ていたので
面白そうだなーと思っています。

フロムソフトウェアのゲームはしっかりした基盤と
世界観と要素から成っているのでモンスターとか背景とかこわいし
でも世界がしっかりと成立して成り立っていることが話からも伝わります。
画面的にも触れる機会はなさそうなんですが
3Dアクションとしては十分な動きと音楽で、
育てていく楽しみもあっていいなぁと思います。

外野が見ていて楽しい点も、アクションゲームの醍醐味ですね。
プレイヤーの腕の見せ所でもありますけれど
同時に、失敗を繰り返しつつ前へ進む、腕を磨く、修練を積むという
反復作業の末の進化が見れます。
学びというか。

そこがアクションゲームの良さだと個人的には思います。

実際、平坦な選択肢ゲームであるあーるぴーじー※ばんだいのしょうひょうです※だと
記憶に残らないんですね…話が良かったとかくらいしか追体験として残らないというか。
あんなシステムがあったねーみたいなくらい。

上達した!、とか、うまく動けた!、とかの
※あの時は変な動きしちゃった!もあり※
体での体験が少ないので嬉しさがないというか。
受動的な感動だけで、能動的な達成感は皆無なんですね。
体ごと、作品の世界へのめり込んでいくことがないというか。

難しかったから達成感があったのは『ラストレムナント』くらいかな…
めっちゃ難度の高いあーるぴーじーでした。
少しだけリアルタイムで時間経過する戦闘システムもアクションぽかったですね。
発売された当時の初代Xboxだとロードが長すぎてあかんかったですが。


アクションゲームにもいろんなジャンル※スポーツとか格闘ゲームとか※がありますけど
やはり冒険しながらアクションしていくゲームが好きかもです。
人様のプレイを見ていても、とにかく画になるし。

ということで、なんら期待せずに龍7外伝は進めます。

好きな方には申し訳ないのですが
同じ好きという気持ちで
自分はせがのアクションゲームだけが好きでした。
…というのが終始変わらぬ感想です。

過去形なのはお察しで…!

オフ日にしかやらないので※今はほとんどないですが※
いつ終わるのかなーと思いつつ、二日ぶっ通しでやればあっけなく終わる気もします。

ということで、昨日の感想日記でした…!
龍が如くはもう自分にとっては
終幕した、過去の作品なんだなぁって思った1日でした。

ともあれ、それはそれ。

今週も原稿作業をがんばります…!
完成させねば!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:54 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月24日

創世の刑事妄想

なんかえっくすのトレンドに特撮のタグがあったので
特撮か〜と思っていろいろ幼少期に好きだったものを思い出したのですが
一番最初に触れたのはおそらくダイナマンかな?
時間的にそれ以降の戦隊ものは大体見た感じなのですが(フラッシュマンくらいまで)
テレビの時間帯はそれとは異なっているのですが
かなり好きだったのが宇宙刑事シリーズで。
シャイダーがわかりやすくて好きだったのですが
ギャバンのほうがすごくよかった印象があります。
シャイダーはちょっといろいろ大人的な事情もあったようで
評判としては物申す人もいらっしゃるみたいです。
シャリバンも忘れてはならない!!

自分は子どものころの記憶なのであまりよく覚えていませんが
ギャバンの銀色のボディが好きでしたね…
あの衣装でよくアクションができるなぁと感心したものです


で、宇宙刑事ならぬ
『創世の刑事妄想』(笑)を『現代版妄想』で!


創世の刑事なので、鳳舞王が主役です※笑っちゃダメ!※
なんで虎嘯王じゃないのか?と言って
鳳舞王にライダースーツが似合いそうだった、バイクが似合いそう…という
それだけの理由からです!

鳳舞王は個人でバイク屋さんを経営しながら※二輪が好き※
宇宙の平和を守っているんですね、創世の王だけに※しゅごい!※

虎嘯王はその協力者で、変身はしないけど
鳳舞王を助ける、普通のサラリーマン※ここでもリーマンなのか※

鳳舞王の宿敵はもちろん龍飛王で
その配下に謎の仮面の少年が……
仔虎かな?(すでにばれている)
あとは強くてかっこいい亀兆王が…!


で、仮面の正体が実は鳳舞王の息子の鼓翼だったということが
のちに判明する…!※私にはわかっていた※

虎嘯王が生んだ子が、まさか…!

というか、二人※鳳舞王と虎嘯王※は過去にそんな関係だったんだ!?

番組を観ているこどもたちはびっくり仰天!※しない※

鼓翼は記憶をなくして洗脳されていたわけじゃなくて
龍飛王のために、彼の力になろうとして
鳳舞王たちと戦っていたんですな。

あ、虎嘯王は『創世の刑事』の戦うヒロイン役でお願いします!※ひええ※

というか、龍飛王は何やってんだ!?

そしてサイド・ストーリーで
亀兆王と虎嘯王は友情をはぐくみ※手負いの亀兆王を虎嘯王が助ける※
龍飛王の孤独を知った鳳舞王は
それでもやっぱり仲たがいしたままだった!!

…というオチでいいと思います。

あの兄弟は※実は鳳舞王と龍飛王は兄弟だった!※
仲が悪くないと世界が成り立たないので※そういう二人※
永遠に仲たがいしたままです。
相反するもの同士なのでそれでいい。

で、豹變王は何をしていたかというと
たまに虎嘯王の窮地を救ったり、鼓翼に手を差し伸べたりする
よくわからないダークホースですな!

龍飛王にもおそれなく対するというか。
まあ、そこは適当で!

という、どうでもよい妄想でした!

最終的に、
鳳舞王×虎嘯王と、龍飛王×鼓翼の各カップリングのえちちで
大団円するんじゃないですかね…!

よし!※よくない※

『創世の刑事・鳳舞王』は
こどもむけばんぐみではないことは確かです…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 11:06 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

昨日の更新とちょっと妄想

http://b.harikonotoraya.net/article/190787913.html
http://b.harikonotoraya.net/article/190787928.html

衣装の記事を2点書きました
二つの衣装には違いがあって面白いのですが
チャイナドレスがダントツの人気みたいです…!


疲れと寒さで少し風邪を引きそうな気配で
あわわという感じですが
世は連休なのですね…!


連休妄想をすると、龍飛王×鼓翼はインドア派※龍飛王が※なので
おうちでイチャコラしそうですが…!
鼓翼は大体台所にいるんですけど※準備や仕込みのために※
龍飛王がうちにいる時はべったりとくっついていても良さそうな(笑)

仔虎妄想の時も龍飛王と両親にはくっついていましたが
好きなんでしょうね、心を許した相手にひっつくのが。

豹變王と亀兆王が相手の場合は「遊ぼう!」となるので
好きと友達を見分けている感じがあります。
わが家のねこと同じですな…!

龍飛王と両親の鳳舞王と虎嘯王のことを
鼓翼は好きなんですね。
くっついてしまう態度に出るくらい…!

で、龍飛王たちも鼓翼からのスキンシップを許すので
仔虎の鼓翼はお膝の上でずっと過ごしたり抱っこされたりして
なんかいいなぁって気分になりそうです。
安心感があるというか。
実は甘えん坊の鼓翼…!(笑)

人の姿だと大っぴらには甘えられないのですが
龍飛王にだけはくっつくので※ラブ過ぎる※
龍飛王からは特に何もしないのですが気持ちは伝わっていると思います。
なんと言っても龍飛王の方が鼓翼にのめり込んでいるからねぇ…!
っていうことで…!

妄想が尽きませんが、今はあんまり体力がないみたいなので程々に…!


今日もおひめがお布団の中にたびたび入ってきて
寝ていると枕元で頻繁にうずくまっているので
自分がお布団の中に招き入れることもありますが
温まってくれているといいなと思います。

気温は例年並みに戻ったのですが、寒暖差がきつかったですね。
なので体調等には本当にお気をつけください…!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:08 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月23日

【四人の王】四コマらくがきに後ろ向きな鼓翼

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1077558

龍飛王×鼓翼の四コマをペタリ

性格の話ですが、鼓翼は恋をしなければこんなことを思う
キャラではなかったと思います、と思いつつ

龍飛王は何でも知っているからなんでもできるかもしれないけど
楽しいえっちは鼓翼という相手がいないとできないぞ!、と
ツッコみたいと思います
鼓翼、しあわせになるんだぞ……


と思いながらのネタでした。

銀針×普氾だと、普氾が黒龍の太祖の弟であるがゆえに
すごいエネルギッシュなのでこうした後ろ向きなモードが
実は皆無だったりします(笑)
本当に普氾は普通じゃないんですね…
性格がいいし※あほともいう…※すごく純粋で強いです。
実際に強いので心も強い。
一方の銀針の方がそこは劣等感を持ちそう。
でも普氾を好いちゃったから
それでいいや、普氾があほでかわいいな、みたいになっているかもです。
銀普の四コマを見返すと、キャラの違いが少しわかるのでは…!


鼓翼も龍飛王に恋をしなければ、『現代版妄想』に限ってですが
こんなに人間味に溢れた感情は持たなかったんじゃないかなーと思いつつ。
単なる惚気ネタですが、鼓翼は龍飛王を好きだ、ってことなんでしょう…!
というお話でした…!


本編だともう少し大人しめのカップリングの様相になるのかもしれませんが
時間遡行があって※これはパラレルのお話になるのかもしれませんが※
鼓翼が龍飛王がヒビになる前まで一人で時を遡っちゃって
辿り着いた先は虎嘯王の顔を傷つける前の龍飛王の根城で
鼓翼は弱っていた頃の龍飛王と出会うんですな…!

で、「あー、これはやばい」って鼓翼は思っちゃう。
自分が生まれてない時代だから名前を明かすこともできないし
関わっちゃいけないって思う。
でも龍飛王には見つかって※根城なので※
ちょめちょめされちゃう※急な展開だな!(笑)※

当たり前のエロ展開なんですけど、龍飛王が鼓翼※の肉体をエロで※を攻めながら
名前を言えって何度命令しても鼓翼は駄目だって思って
決して明かさないんですな。
ガンガンに突かれて濡れ濡れにされても頑なに首を振る※いきなり大人向け展開※
で、龍飛王の稚児扱いされて、ずっとエロられているうちに
龍飛王は知の王なので鼓翼の真実に次第に気づいちゃう。
あー、あいつらの子か?、みたいに。
天才か!※そうなの?※

何でわかったのかはそこは王なので※いい設定だ…!※
鼓翼にえっちなことをしながら、最後にはカラクリに気づいて
それですべてを知った上で虎嘯王の顔に傷をつける。
しなない程度に力をうまく加減して。
そして鳳舞王の逆鱗に触れて鳳舞王が虎嘯王と子作りして
鼓翼ができると…!
※傷をつけた時点で鼓翼は中天に戻るのかな?※

その時にまた会える、って思いながら、龍飛王はヒビになる。
※要するに幼体になってやり直す※

龍飛王がヒビになって亀兆王の手で育てられたのは
肉体を新生させた意味もあるのでは、というか、そうなんだろうと思いつつ。

その肉体に宿った意識はヒビという新しいものだったのですが
※じゃないと体が作れなかったか成長しなかったのでは※
龍飛王本人も当然消えていなかった。
で、時間遡行していた鼓翼…本物の鼓翼と再会するために
龍飛王はすべてを知ったうえで行動するんですな。

で、お決まりなんですが、本当の龍飛王も
鼓翼が時間遡行している間に鼓翼が行方不明になったので
羽しゅう※うしゅう※らとともに心配をする。
でも、鼓翼は役目を終えたのか無事に帰ってきて、龍飛王たちは安心するんですな。

けれど龍飛王だけは、鼓翼と過去に接点を持ったので
なんか感慨が違ってた。

鼓翼も、昔の弱ってた頃の龍飛王を見て、
散々エロされたけど※そういう話だから!※
思うところがあって、なんか本物の※今の※龍飛王に対して
これまでになかった思いを抱くんですな。

単なるラブコメに近くなってきましたが(笑)

で、龍飛王も鼓翼に対して、生殖欲以外のものを抱くと…!

そこからお互いになんか更にラブになっちゃったんじゃないかなーっと
想像してます(笑)

時間遡行自体、ありがちな恋愛展開ですけども…!

龍飛王が虎嘯王の顔になんで無為に傷をつけたのか、を考えたら
そうした都合の良い展開を考えたという、それだけです。
もちろんパラレルですけど、『現代版妄想』もパラレルだし
そこはまあ、適当で…!

虎嘯王が創世の王である龍飛王の力を直に受けて※格が違う※
しななくてよかったなぁ、と思った龍飛王×鼓翼の妄想でした。

龍飛王も虎嘯王がしなずに鼓翼を産んでくれて※生んでくれて※
よかったな、と静かに思っていたかもしれません。
鼓翼に会えたし。
それくらい鼓翼のことを気に入っているのが、本編での今の龍飛王です。

…というお話でした。

鼓翼は時間を遡っても龍飛王にエロされるんだ…、と思うと
なんか、ふーん、という脳内ですが!

『現代版妄想』でも龍飛王にエロされたし、
鼓翼はエロチズムな少年なんでしょうね。
龍飛王にとっては。
見た目は普通で生意気っぽいのになんか惹かれちゃうのでしょう。
なんでだろう?
不思議な二人です※王だけど※

将来的に鼓翼の体が成長したら龍飛王の種を受精できそうなんですが※妄想※
受精しても鼓翼の中で形を成せるのかが本当に謎で、帝の体も不可思議ですけど
鳳舞王とは異なる創始の闇のせーしで子を成せるのかが最大の謎ですな。
生み出す能力があるのはやっぱり虎嘯王由来の力なのかなぁと…
わかりません…!

帝が孕む事象自体が、世界に対して何を指しているのかがわからないですし
愛の証※げふー※ってことなのかなぁ…わかんないー!ですね…!

とりあえず落書きの4コマ漫画は
『現代版妄想』の龍飛王×鼓翼は元気です…!、という
話みたいですので、細々とお使いいただければ…!

マシグ受け第四弾の原稿もファイトしています…!


今日も寒くておひめに何度も布団を催促されて入れたり出したりしてますが
※布団の中が暑すぎると出ちゃいます※
温かくしてがんばります。
皆様も体調には十分にお気をつけて、連休の方は楽しんでください…!( •̀ω•́ )/


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:33 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月22日

昨日の情報ブログ更新をちょろり

http://b.harikonotoraya.net/article/190785090.html

昨日書いたブログ記事です
NGSの衣装SSの記事になります


実は四コマ漫画も描いてあったのですが
連日の更新はお邪魔かなと思って控えました。

4コマ漫画では鼓翼がどんどん龍飛王のことを好きになってますね…
脳内では龍飛王もどんどん今まで以上に
鼓翼にのめり込んでいっているというか(笑)
描いていくとそういう発展をしてしまうみたいです。

鳳舞王×虎嘯王は本編のえちち漫画が控えているので
ネタを出さなくてもいいのですが
龍飛王×鼓翼は脳内だけの妄想になるので
四コマ漫画で描きやすいのかも…?

あとは、鼓翼が若いのでハキハキ動いてくれるみたいです。

昔から、鼓翼というキャラクターが誕生した時から
鼓翼には自由に動いてもらっているイメージです。
元気で、でも普通の子だという、中天の帝です。
すごい力を持ってるんですけどね…けれど鼓翼自身はすごく普通です。
平凡、というわけでもなく…普通にしてますね…謎だ…

龍飛王はなんで鼓翼に執心したのか、わかりませんな…!
鼓翼に口説かれて本気になったというのは
『現代版妄想』の真実ですが、本編だとどうなるんだろう…??
そこはちょっと改めて考察し直さないといけないかもです。


今日はねこの日、にゃんこの日ということで
特に何もないですが、気温がまた下がって
※こちらは平年並みに戻っただけですが※
やはりおひめが夜は寒いみたいで「布団に入れろ」と
何度も催促してくるので寝不足に(笑)

布団の中に入ってるときはかわいいのですが※おひめにとってはサウナ気分※
暑くなると出るので忙しいです…しょうがないですが…!
たまに、目の前にお尻を向けたまま座らずに考えている時があるので
「お尻…Σ(・□・;)」となることも。
おひめがいてくれるとものすごく助かるんですけどね…!
荒ぶらないでいてくれればうれしい…
確実におひめは年齢を重ねていますが、おひめは自由に過ごせていると思います。

ということで本日もファイトで…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:03 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月21日

【四人の王】らくがき四コマ、三千世界とは

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1076050

龍飛王×鼓翼の4コマ漫画を原稿作業の合間に描いています
ペースは遅いのですが、【裏本・創始の闇】以降の二人と
その周囲のお話みたいな感じになります…!
そんでもって、大分…というか、もう少し続きますー!


「三千世界のからすをころし〜」の歌は
実は龍虎の朝セッ伏字のシーンを書いていた時から頭の中にあって
龍飛王が鼓翼に対して抱いていた思いがこの歌の中にあるような気がします。


歌の作者は高杉さんで※高杉晋作さん※、
どこでこの歌を知ったのかはちょっと忘れましたが、
自分は坂本龍馬が小山ゆうさんの『おーい竜馬』を読んでから好きだったこともあり、
司馬遼太郎さんの『龍馬が行く』も全巻読みました※母が買って持っていた※
どのくだりで触れていたのかわかりませんが、
「三千世界」という言葉も好きだったし(出だしがいい)、
「ころす」と「朝寝」のギャップも良くて
しかも「してみたい」なんてかわいい終わり方をしているところが面映くて…!
そこがとても印象に残っています。

漢字は異なりますが、歌の全文は

三千世界のからすをころし ぬしと朝寝がしてみたい

で、説明なしで想像すると面白く
さらに言葉の説明をすると、
「三千世界」は仏教の言葉で要するにすべてのーみたいな。
なんでからす?、というのは京の街に当時はからすがおおかった、
志士やなんかの死骸も多かったようですが
それで朝からカラスの声がうるさかったらしく、
そんな状況で愛人に※名前は忘れましたが遊女の方ですね※
おまえとゆっくり朝寝がしたい、と歌ったわけです。
艶っぽい…!

解釈が間違っていたらアレですが、朝寝かー、二度寝かな…いいなーと思っていたら
朝寝=モーニング・セッ伏字だったと言う(笑)

そりゃそうだよね!、と思いながら、高杉さんの激しさや荒々しさとともに
愛する者への繊細さみたいなのをこの歌から感じとったわけです。

なので今でも、あー、いい歌だな、と思うし※恋人に歌ったわけなので※
龍飛王が朝セッ伏字好きなのは、鼓翼に対して、
この同じような思い※歌※があるからでは、と思いながら
『現代版妄想』の龍飛王×鼓翼を書いていました。
それは今も変わらないという感じです。

うるさい世間を静かにさせて、
ゆっくり鼓翼と朝からイチャイチャしたい、という攻めの心が
自分にとってはこの歌の中に詰まっている印象です。

試験には出ませんが(苦笑)
高杉さんの生き様※困った人であり魅力があった人のようです※に
触れる機会があれば嬉しいなと思いつつ。

幕末は自分は龍馬派だったので、
ゲームの『龍が如く維新』は嬉しかったですね、当時。
高杉さんは出てきませんが、幕末史では龍馬とも海援隊、陸援隊でつながるはずだったとか。

みんな銀魂であの時代の人物を想像するようですが※銀魂は読んでませんので済みません…!※
『龍馬が行く』とか読んでくれると嬉しいです。

幕末ものは誰を主人公にするかでも物語の見方が変わるので
ファンの間でも論議が起きますが※昔から同好の士とそれ以外なんてそんなものです…※
実際の歴史の話に触れていただけたら嬉しいなと思います。

…という、解説を書きたかったので日記にしました…!


漫画の原稿中は本当に体力を根こそぎ持っていかれるので
何か楽しいことを探すことが困難ですが、完成まで続けねばです。
新作をお待ちくださる方にはいつも本当にありがとうございます…!

今日もファイトで…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:37 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ

2024年02月17日

【四人の王】簡易なキャラクター紹介とホワイトデー

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1073063

昨日の更新は、簡単なキャラクター紹介を…!

手書き文字は楽なんですが、気合を入れてペンを選んで描かないと
今のクリスタと液晶ペンタブレットだと上手くいかない感じです。

銀針×普氾の四コマを描いていた当時は
コミスタを使っていて、文字が描きやすいペンも自前で揃えていたので
使いやすかったです。

手描きの諸々を描きやすいのがコミスタの良さでしたね。
ペン入れと完成までに特化した、モノクロ原稿向けのアプリケーションだったので。

クリスタはなんでもできる分、機能が多くて重くて
OSに合わせたとはいえ、個人的にはコミスタの方が手書きの諸々が
描きやすかった印象です。

手書き文字は汚くて読めない!、というのもよくわかるし
本当に字がよれるので※液晶ペンタブレットだと滑るし、今だとペン先の感度が良すぎますね※
フォントに打ち直す作業が必要かな…と…
これで1時間とか時間が潰れてしまったら、本当に効率度外視なのですが…!
誰かがフォントの打ち直しをしてくれるわけではないので、
ほんとに隅々までコツコツと手作りです。
デジタルなのに、なんかやってる手間と工数はデジタルじゃない、みたいな…!(笑)

でもフォントだと読みやすいですよね…
ということで、4コマ漫画を新作に収録する時は考えます。
あまりに手で書く文字がフニャけているので…



最近、日記を書いているので、なんの話を書こうかなーとたまに考えます。
話のネタを探すというか…
改めてどうでもいいことを長文で書くというのもなんだか不思議な感じですが
長話にお付き合いくださる方には本当に感謝です。


バレンタイン・デーは昔からお祭りで、男性はあんまり嬉しくないのかもしれないと思います。
実際にそうだとは思うんですが、女子からもらってもねたみひがみも多そうだし…
女子同士は普通に贈り合ったりするのでそちらは自然なんですけどね。
美味しいものの情報交換も好きだし、美味しいものを食べながら話をしたりとか
普通にしますからな…
もぐもぐは最高の贅沢です…!

というわけで、タイッツーでいただいたホワイト・デーの文字から話を展開。


【四人の王】だとホワイト・デーはあるのかな?、と思うんですが
鼓翼は海外育ちだし、虎嘯王は甲斐性があんまりないし、ということで
なんか繋がらないのですが、
バレンタイン・デーに
鼓翼にディナーを用意してスイーツも作ってもらった龍飛王は
やっぱり気にするのかなぁ、と(笑)

普通にお土産を買って帰ってもいいんだけど、何を買うのやら。
服とかは鼓翼が自分のお小遣いで買っているし、小物も必要ないし。
調理道具を一緒に買いに行っても…龍飛王はインドア派だし…どうなんだろう?
調理道具に関しては鼓翼はあるものを使うので、今だと色んな代用の仕方もあるし
本格的なものは家には置かない気がします。
すごく賢く立ち回っているイメージ、無駄がないというか。
そこが鼓翼の若さなんだろうと思いつつ。

あと、ご飯作りがやっぱり好きなんでしょう。
甘いものを作るのは※もちろん醤油煎餅とかも作れる※、自分も食べれるから趣味だし。
龍飛王が意外と甘味が行けるとわかっているので、鼓翼はちょこちょこと何かを作っていそう。
大きなもの※ホールのケーキ※とかではなくて、
小さめのものをしっかりと細部まで仕上げて作っているような雰囲気です。
細々したのが得意なのかな。
中天の王は(笑)

ということで、龍飛王はホワイト・デーはデートに鼓翼を誘って
一緒に食事をしそう。
ホテルを予約して、一緒に食事をしてから朝までムフフを…!
鼓翼はホテルに泊まったこととかあんまりないから
めっちゃ緊張しそう…!
ええー、こんな格好でいいのか…とか思いながら※龍飛王はスーツ※
普段着で高級ホテルに入るんですな…
二人きりで食事をして、龍飛王はご満悦。
鼓翼は緊張しているけど料理が美味しいのでパクパク食べてたら
自然とリラックスしてね…
龍飛王に見つめられてることに気づいて頬を染める…!
なんだこれ、めちゃいい雰囲気じゃん…!、みたいなラブラブを披露するんでしょう…!


虎嘯王も鳳舞王を外に誘って、ホワイト・デーはデートしそう。
デートの方が嬉しいのかなぁ、何かを贈るよりも。
美術館や博物館みたいな展示イベントに二人で出掛けて
※鳳虎は二人でいられればそれでしあわせ※
色んな話をしながらもちろんお手手を恋人繋ぎしたまま一緒の時間をずっと過ごす。
帰りは自宅なんだけど、もうその時にはやる気がもりもりで※デートで盛り上がった※
いつも以上に熱い夜を過ごすのでしょう。

鳳舞王は虎嘯王を好き過ぎるけど、虎嘯王が鳳舞王のために
色んな誘いをしてくれたら※デートを考えたり※
やっぱり嬉しいんだと思います。
めっちゃ和合してるのが、両想いになった後の鳳虎かなと。


ちなみに豹變王もホワイト・デーに鼓翼に会いに行ってます。
亀兆王は前以て鼓翼にお返しを渡していそう。
豹變王は自分で選んだ焼き菓子で、亀兆王は意外とフルーツを選びそう。
食べても加工してもいい、みたいな、珍しい小さめのやつを。
色々と鼓翼のために考えてくれる二人です。

で、亀兆王は龍飛王にバレンタインを贈ったのかについては
上司だから贈らなさそう。
女性な見た目であるだけで、亀兆王は王なので、正確にいえば
生物としての性別ではないし…、王は象徴なので…!
龍飛王も亀兆王は本編では育てた娘だけど、現代版妄想では敏腕秘書なので。

恋愛とかではないけど、龍飛王は亀兆王には甘いですね、鼓翼に対してと同じで(笑)
でも肉欲は鼓翼に対してだけ抱いたという。
その龍飛王の肉欲の真相については、【裏本・創始の闇】で書いてます…!


という感じなのかなと。

もう少し別の話をするつもりだった気もしますが、今日の日記はそんな感じで…!

ペン入れ作業をしていると、毎日必ずお腹が空きます。
どうしても空腹がひどくなる…!
ひもじいーと思いつつ(笑)疲れた時は倒れます_(:3」z)_

美味しいコーヒーが飲みたいですね…カフェインが効きすぎるので
朝に一杯しか飲めませんが…!
そんなこんなな毎日です…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:17 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応