【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2024年02月15日

【四人の王】らくがき四コマ・虎嘯王の子育てほか

https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1071564

昨日の四コマらくがきの更新です


あんまり頻繁に毎日更新をすると、Ciーenそのものの通知とかを圧迫するため
いいねがつきにくくなる仕様だと思うので遠慮してしまいます。
なんというか、自分のHPを更新できると一番いいのかなと思いつつ
ブログに絵を直接掲載しないのはレイアウトが乱れるせいもあります。
日記と銘打っているので…

こだわりすぎなのでしょうが、なんかやりにくいなと思ったり。
とはいえ、ネタは出た時に都度、鮮度が良いうちに
お知らせしてお見せしたいですね…
四コマネタ自体は、新作に収録する予定です。
字が汚いのはなんとかするかも…!


あとの昨日の更新は、サークル情報ブログに
ピンク髪の受けメンとNGSの瞳考察の記事を掲載しました

http://b.harikonotoraya.net/article/190775572.html
http://b.harikonotoraya.net/article/190775580.html

こちらの二つは趣味で書いた記事なので、
創作活動とは別なため、チェックしなくても大丈夫です…!



虎嘯王の子育て妄想は昨日の日記でもしましたが
鳳舞王が育休をとって、虎嘯王は働くおかあさんみたいな感じになるのかと。
ちっこい頃の鼓翼はほぼほぼ鳳舞王と一緒にいたかもしれません。
でも虎嘯王のこともかっこいいので(笑)生みの親だし大好きだというか。

育つと早々に自立してしまいますが、
二人に育てられたことと家族であることは変わらないと
鼓翼は考えていて、鳳虎の二人もそんな感じです。
基本的に家族仲がいいですね。

鳳舞王の子育ては至極いいバランスなので、
ベタベタもいらいらも子育てに対してしないで、
必要なことを適度にやる感じかなと。
何でもできるマンなので、もちろん虎嘯王との夫婦生活もバッチリです。
出来過ぎ夫ともいう…!
まあ、創世の王なので、何でもわかるし何でもやれちゃう…!!

虎嘯王は勇武の王なんですが、無口なのでちょっと奥手な奥さんかもです。

鼓翼のちっこい頃はやっぱり昔描いていた峨円の落書きのレージと重なりますが
鼓翼は男らしい見た目ですね。
四人の王の現代版妄想では利発な神童として育ちます。
炎山ほど見た目が華々しくないし極端にクールでもないのでどちらかというと
擦れてサバサバしている少年に育ちます。
とはいえ、受けなんですけどね!

本人はノーマルだと思っているんでしょうが
鳳虎のエロを見て育ったので、
「自分もいつか鳳舞王みたいな甲斐性のある相手を見つけたい」と考えていたら
虎嘯王みたいに甲斐性があんまりなさそうな龍飛王と結ばれたという…!!!

鼓翼自身に鳳舞王並の※鳳舞王ほど万能ではないけれど※
甲斐性があったという話もありますが…!

龍飛王は甲斐性がないというよりも
鼓翼にとっては、唯一無二のその頭の中が大好きなので
なんでも教えてくれる※しかもすべての真理を※龍飛王が一番
鼓翼にとって魅力的に映ったので、それでよかったんじゃないかと。

実際、甲斐性がありまくりなのは鼓翼の方なので、バランスが取れているみたいです。
龍飛王は気持ちのいいエッチを毎回してくれるし、文句はないのでしょう!
夫婦になればゴムも要らないし…!

てことで、どちらも円満夫婦でした。

オリジナル作品なのでどちらもフィクション4000%以上なのですが!

王というものの存在も、さらっと人物紹介で書いていますが
『存在については謎』『大地とそこに住む者に影響を与える存在』という
そのなんというか、アバウトで象徴的な存在であるというのが一貫して変わらないので
鳳舞王は虎嘯王を孕ませたし
龍飛王は鼓翼を孕ませられるのかなと考えつつえっちしまくっているし※らぶい※
そんな感じの脳内です。

王とはそもそも何なのか、については
作品を書き始める最初から答が出ていたりします。
「大地とそこに住む者に影響を与える存在」、です!

中天の王となる鼓翼だけは、大地全てを支配したので
もしかすると伝説上の存在とはいえ
感覚的には、人に近いのかもしれません。

実際に知略と技能と力で中天を治めていたので※中天は死者の国※
他の王よりも具体的な意味でとても優秀だったと思います。
象徴としての存在ではなく、支配者※統治者※としての腕を必要とされたというか。

太陸を治めた帝なので、あらゆる技量と才能と手腕が実際に
必要だったんじゃないかと思います。
なので、人材も鼓翼の下に集まってるんですな。
その中でも創始の王である龍飛王が頭50個分くらい突き抜けているけども(笑)
豹變王は豹文と雪膚に分かれているので本来の姿ではなかったし。

で、鼓翼が龍飛王と懇意になってもそれは策略もあるかもしれないけど
「支配者だって恋をするんだ!」、ってので、いいと思います。

鼓翼はぶっちゃけ一番苦労して
それを打破する能力を鳳舞王と虎嘯王からもらっている
伝説の帝なんですね……、でもやっぱり忙しい苦労人(笑)

死者の国はどんどん死者が増えますからな。
そこを統治する技能を永続的に持たなければいけない。
ここら辺は特に面白みがない※エロがないまじめな※話なので割愛しますが
鼓翼はすごく上手く立ち回ってます、仲間の力を借りて。

龍飛王も鼓翼が可愛くなってからは知恵を貸してくれたはずなので。
鼓翼は龍飛王には創世の王としての魅力も感じつつ
すごい知略だなぁとも思っていると思います。
鼓翼を上回る知の王なので。

そこで骨抜きにされちゃって、でも帝としての責務もこなす。
毎日大変なのでした。
龍飛王は鼓翼の苦労を知っているから手を貸すし※鼓翼がかわいいので※

…という伝説のお話でした。
現代版妄想では普通にドタバタ恋愛しますが…!


昨日は近くのストアで最後に売れ残った
一キロくらいの地元産の牛蒡を買ってきて※値段は据え置き※
今年の冬の最後の牛蒡になるかもと思ったりしました。
チョコのスイーツはコンビニで買ってきてそれをたべましたが、美味しいですね…よかったです。

バレンタインは悲喜交々ですが、終わればあっという間に
2月も後半に入ってしまいます。

体調と体力に気をつけて今日もファイトで…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:07 | 日々の徒然2024
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応