【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2023年09月26日

【四人の王】【リーマンBL】続き・その21

なぜか連日の更新に…!
リーマン鳳虎妄想のえっちした日の朝以降のお話と考察になります。
サクッと読めるといいです…長くて申し訳ない…!

オリジナルまとめ

鳳舞王に虎嘯王が初めて腰を抱かれた(笑)日の朝の風景。

同じ営業四課の豹變王は、虎嘯王のちょっとした変化に気がつく。
眠そうなんだなぁ。いつもかなり早寝しているのに。テレビは持ってないし見ないはずだから、なんか本でも買って夜中まで読んでたのかなぁくらいに思う、スマホで。

どうした?って訊いたら、何がだ?、と返されたので、豹變王は寝不足か?って普通に訊いた。
そしたら一瞬虎嘯王の表情が固まって、そいで次になんか次第に頬が赤くなって、豹變王は熱でもあるのかと思ったから顔を近づけて、虎嘯王のおでこに自分のおでこをくっつけた。

熱はないみたいだなーと言ったら、虎嘯王は胡乱な目つきになって、当たり前だ、と言い捨てて席を立った。普段より動きはちょっとぎこちなかった。

豹變王はそんな虎嘯王の素っ気なさには慣れているので、外回り頑張れよと言って見送った。
で、自分も出て行こうとしたら、一課の鳳舞王とばったり会った。

そしたら鳳舞王が結構憮然とした顔をしててさ。珍しい奴を見たから、なんで四課の部屋の前に?って豹變王は思ったんだけど、虎嘯王に対してだけスキンシップ過多なのを見られていたかもしれない。

豹變王は酔った振りをして何度か虎嘯王を押し倒していますよ…!※そして虎嘯王に顔を優しく叩かれる※
…ということは、いずれ鳳舞王にもわかる日が来るでしょう(笑)



やった日の昼休み。

虎嘯王は遅れて鳳舞王といつも休憩をする場所へ向かった。
鳳舞王はまだ来てなかったので、どうしてるかなと思いつつ、しばらく待っていた。
そしたら鳳舞王がやってきて、手にはコンビニのカフェで買った昼飯とコーヒーを二人分持っていた。店ではなく外で食べようということだろう。

立ったまま壁に寄りかかってカツサンドを頬張っていたら、その横顔を眺められていたようだ。
鳳舞王は虎嘯王の顔が好きなのかもね。体が一番好きだと思うけど(笑)
見てると昨夜※朝※の光景を思い出すのかもね。

やってる最中、虎嘯王は意識朦朧というかほぼパニックしていたような気がするので、実際のところ何をやったのかあんまり覚えていないけど、鳳舞王はめちゃくちゃ懇切丁寧に準備に時間を費やしたから、本当のところ寝不足なのは鳳舞王の方だったりしてね。

あんな顔してたなぁ、とか、あんな声出すんだなぁ、とか、胸はまだ開発しないとダメだな、とか、そり返るエロい腹筋とか胸筋とかを思い出していたかもしれない。
まだ快楽への入り口みたいなところでの行為だったので、虎嘯王には負担ばかりかけているだろうと感じていたんだろう。

虎嘯王はそんな鳳舞王の心中を知ってかしらずか、鳳舞王の顔を見て、美味しいぞって素直に感想を言ってくれる。
なんだこれ、虎嘯王、王の威厳はどこ行った!??

実際に某ヒレカツサンドはパンもお肉も美味しかったので、それを聞いて鳳舞王は少し笑う。で、自分もようやくお昼ご飯を食べ始める。

虎嘯王に早く気持ち良くなってもらいたいなぁと思案している鳳舞王でした。

大丈夫、虎嘯王の受けの素質は王クラスだから!!!(笑)



初めてエッチした日の夜。

帰りの時間を合わせて、夕食を一緒に食べて、鳳舞王と肩を並べて駅までの道を歩いた。

豹變王には最近付き合いが悪いぞと言われたけれど、すまんが暇じゃなくなったとは言っておいた(笑)豹變王は意味深な目つきで虎嘯王の上から下までをじろじろと眺めてきたが、取り合わずにまた明日な、と言って会社を出た。

電車が来るまでの間、物陰で少し体を寄せ合って、鳳舞王の柔らかい手つきに髪や頬や耳を撫でられるのに任せて何度も接吻を繰り返した。
めっちゃうまいんだよなぁと、同じ男としても結構嫉妬するほどの手管で、ついつい虎嘯王は気持ちよさに目を細めてしまう。

優しい羽みたいなキスが、どの位置で深くなって激しくなるのかはもう知っている。覚えてないかと思ったけれど、鳳舞王の指の感触を虎嘯王の体は忘れていなかった。

で、いきなり夜のことがフラッシュバックして虎嘯王が鳳舞王の腕を掴む。
力が入っていたのに、鳳舞王は眉一つ動かさないで、むしろ虎嘯王の腰を深く抱き込んできた。支えられるような格好になって、流れるように接吻が深くなる。

緩急のある動きに意識を持っていかれそうになったすんでのところで、ホームにアナウンスが響く。鳳舞王の腕が離れ、体勢が崩れそうになったところをまた引き寄せられた。
髪に鳳舞王の唇が当たって、ふう、と一つため息を吐いたようだった。

名残惜しさを感じながら鳳舞王は虎嘯王から離れて、そして手を伸ばして指先で虎嘯王の濡れた唇を軽く拭った。

虎嘯王は熱ったような肌を鎮めてなんとか平静を取り戻そうとして少し顔を顰める。また明日、と言う代わりに、鳳舞王はその頬に爪先で触れてからそっと踵を返した。


早く二回目に雪崩れ込みたいー!!!(笑)


…というお話でした…!


入念に準備して時間をかけて研究し合わないとね。
鳳舞王はあんまり調べずに実体験※女性と虎嘯王のみ※を振り返って至極丹念に虎嘯王を研究して開発しそう。凝り出すとすごい才能を発揮するのが鳳舞王で、あんまり凝らないのが虎嘯王かもしれない(笑)
鳳舞王は攻めの王ですから…!!

虎嘯王はめっちゃ鳳舞王に仕込まれると思うよ(笑)どこまでいくのかはわかりまへん。結局、虎嘯王を良くしてあげることが目的なので、鳳舞王はやはり優しいのかもしれない。実際は激しいけど!!!

リーマン鳳舞王はバックからもやりそうだけど、虎嘯王の顔を見たいから最終的には前から挑んでほにゃららしそう。…というイメージがある。虎嘯王も正面からの方が素直になりそう…

四人の王】では前からが常態でそれにはやっぱ意味があったりしました。
鳳舞王は虎嘯王を征服したかったんじゃないかなぁ、やっと手に入れた相手だったし。最初は何も望んでないとか言っていたけど※龍飛王の元から虎嘯王を引き離せればよかったから※、虎嘯王の誘い受けを承諾して以降は本心が体位に出たのでは(笑)
自分の下で喘ぐ虎嘯王は可愛いからね…※目がおかしい※、その様子の一部始終をずっと見ていたいのは仕方ない……これは運命…というか、頼む!面白いからずっと正面からやってくれ!!、です(笑)

…後ろや横からもたまにしてあげるといいよ…げふん!

リーマン鳳虎のイメージはどちらも短髪の見た目なんだけど、年齢が虎嘯王の方が下で、実際4〜5歳くらいは鳳舞王と離れていそう。

豹變王は2〜3歳くらい虎嘯王より年上。でも戯れあってる時は同年代みたいなノリ。パワハラとも思っていない、虎嘯王がちゃんとあしらうから。息が合いすぎて逆に恋愛関係にならないのかもしれない。豹變王は虎嘯王に肉欲がないわけじゃないけれど。

リーマン虎嘯王は昔から男にモテて、同性の友人が多い。元々運動部なのでちょっといかついはずなのになんか可愛げのある色気があるのかもね。

無口キャラなので見てるとヤリたくなるみたいな一種のカリスマがあって※色気なのかな?※、もちろん実力行使は無理なんだけどエロチズムが本人の自覚していないところである。無防備なところがそういう部分としてあるのかな。
周りはノンケなんだけど、そうした変なカリスマを持っていたからやたらと同性が寄ってくる。無論、女子からも人気があるから同性からきらわれもする。

まつ毛長いことはあんまり意識してなかったけど、ペン入れしたらバリバリにまつ毛が濃くて長いんだってことはわかった。そこに独特な…ニッチな色気があるのかも。顔が性的と言えばいいのか…でもしっかりと鍛えた体と相俟っているからこそ、虎嘯王が持つ独特なお色気につながなるんだと思う。そういうのが好きな人からすると。

ちなみに鳳舞王が虎嘯王をエロいと思ったのは、バリバリの営業モード以外の無防備になった時の虎嘯王の容姿。
豹變王が虎嘯王を好きなのは性格も含めた全部。結構抜けてるところとか(笑)要するに隙だらけなところ…!

リーマン鳳舞王は見た目でまず虎嘯王を気に入ったけど、一緒に休憩をとっている時に人となりを実感して、やっぱり気に入ったというか、なんかもうどうしてもチューしたくなったんだろうね。見た目だけエロくて中身が好かないなら、相手にする必要はないし。

なので、雨宿りの時に肩を抱き寄せて…それは実際には成り行きだったんだけど、虎嘯王が抵抗しないから、あー…ってなったんじゃないかな。
男として制すべき欲求が抑えられずに、思わず虎嘯王の耳にチューしちゃった。真正面から唇を狙ったら、明らかに意図がバレるし(笑)

虎嘯王びっくり。
でも、鳥肌立ったとかではなかった。豹變王には舐められたこともあるし(爆笑)

なんだ?? 豹變王は虎嘯王に耐性付けててくれたのか、もしかして!?

でも、虎嘯王が鳳舞王の荒ぶらない気性をすごく好いていたから、大人っぽいということが、やはり虎嘯王にとっては決定打になったんだと思う。
虎嘯王自体物静かで※営業はバリバリこなすけど※、鳳舞王の落ち着きのある態度を好ましく思っていたんだと思う。一説には鳳舞王は無感動、無表情のキャラとも言えるけど(笑)

鳳舞王は今まで虎嘯王の周りにはいなかったタイプなのかも。それが、すんなりと受け入れられた。
おかしな考察だけど、そんな感じなのかなと。
恋愛ものとしてはすごく平坦で面白みがないけど、無口な虎嘯王にとっては良いことなんじゃないかなぁ。

王じゃないのだし、平凡に恋愛してほしいー


つづくらしい!
ひえー!!

次回、というか明日、
虎嘯王がえっちになるそうです(笑)
事の真偽はまた明日くらいの更新で…!!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 12:24 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応