【当日記について】ただいま頻繁に更新ができなくなっておりますので、お手数をおかけして申し訳ありませんが活動の近況等は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミックはDLsite提携ストアの コミックシーモア でも販売しています♪

2014年11月17日

【更新】pape創作、銀普に普氾受けの拍手を更新しました

pape
→pape(本家サイト複合ジャンル)


オリジナルの普氾受けの拍手を更新しました。
新作のパッケージ用のイラストの清書をしたあとに
何となく描きためていた大きな銀針と普氾のうふふ(うへへ?)を
さらに描き足してそれを拍手絵にさせていただきました。

大きな銀針との絡みはまだ先の話になるので
中々出番のないあそこもおおきな銀針(なんのこと)ですが
きっと、ちいさい銀針のことが好きでもおおきな銀針も好き過ぎるかもしれない
普氾がいるのかな、と思います。
おおきな人を相手にし出したらおおきなひとで満足してしまうのだと思います。
何のことを言っているのかが謎過ぎですが
どちらの体格差げふんげふんも味わえるのが、銀普の悶々ポイントであるらしいです。

ということで、懐かしい自身のShinobiサイトを久しぶりに改めて見てみたのですが
カラー絵はどうやって色を塗ったのか思い出せなかったりしました。
普通にPCで描いたものもあるのですが、イベント中にスケッチブックにらくがきしたものを
PCでスキャンして彩色をしたものもあるのではないかと思います。
稚拙でも当時の一生懸命なので、その点ではやりきった感じがあったりしました。

話は少し逸れますが、他のジャンルのサイトやジャンルの部屋もそうですが、
小話(テキスト)が途中で終わっているものがあるのですが
書き上げられなかったという時点ですべて未完になってしまうと思います。
今書けと言われても書けないのが本音なので、構想は頭の中に残っているので
ネタとしては話せるのですが、文字としては書けないのだと思いました。
という感じに、年に何度かはそんなことを考えたり同じようなことを
思ったりしていると思います。
データとしても消せない思い出なので、サイトが続く限り読むことができますので
気晴らしや時間がありました時に覗いてくださるととてもうれしいです。
古くても思い出というか愛着たっぷりの各作品だったりします。

という感じに、よくわからない話になりましたが
今日清書した新作のパッケージ用のイラストはひとまず置いておいて
明日からはまたネームの方をがりがり描き足して行こうと思います。
次の新作はもしかしたら自分だけがウハウハする話かもしれませんが
銀針の筋肉が描けるのでちょこっと嬉しかったりしました(普氾は見れません)。
それだけです………。

ぐふっ。

一日お疲れさまでした!!!!(無理矢理)
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 21:58 | 日々の更新2014
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応