【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2023年12月25日

【四人の王】【妄想】【R18】その43

【四人の王】妄想です。
龍飛王のマンションで新婚生活みたいなことになってます(苦笑)
クリスマスの日の更新がラブラブなのはいいですね…ふっふっふ…!
明日からの更新は…いよいよ最終章に突入かもです…!

【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜ならびに、【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜をご購入くださった方には本当にありがとうございます!
昨日のイブの日に、コンビニでシュークリームを買って食べました…!^^ お祝いはそれだけですー!


現代版妄想・43


「行ったのか?」って訊かれたから、鼓翼は反射的に「行ってない」って答えたよね。

龍飛王と鼓翼の朝の寝室での風景。


龍飛王は鼓翼を仰向けに押し倒してそのまま寝室のベッドで正面から御してたんだけど、軽く前戯をして挿入した瞬間、鼓翼にそう問いかけた。

すでに桜色に全身を染めている鼓翼に、龍飛王は冷淡な口調でわかりきったことを尋ねた。

龍頭で鼓翼の入口を突いて、触れて、中に侵入した途端に、小刻みな震えが走った。
それで訊いた。
イったのか?、って。

鼓翼は否定したけど、反応は龍飛王が知っている鼓翼の快感の震えだったから、間違いなく龍飛王の言が正しかった。
でも、鼓翼は突っ撥ねた。
龍飛王は心中で苦笑みたいなものを覚えながら、急がずに抽挿を開始した。
鼓翼中がまたビクビクと震えて、龍飛王は再度尋ねた。

行ったのか?

行ってない、と鼓翼は懸命に答える。

行ってないなら、なぜそんなに意固地になっている風なのか。
汗を刷いた胸を喘がせ、こちらの動きの都度、短く声を切り、開いた下肢を痙攣させる。

夜に好きなだけ弄ばれて中で何度も男の射伏字を受けとめさせられた体は、早朝の軽微な愛撫だけで簡単に押し広げられた。
肉体そのものが受け入れることを覚えてしまったというよりは、鼓翼自身が望んでいると龍飛王は捉えた。

けれどそれを、今は認めたくないという。

龍飛王と鼓翼は身長差があるので、下にした鼓翼の頭から全身を龍飛王は眺めることができる。
そのまま顔を近づけて、腰を入れながらまた尋ねた。
鼓翼は喉を反らせて、否定する。けれど今回は確実に語尾が裏返っていた。
泣き出しそうな、一歩手前の声調。

いつものように女のような高い声を出して喘いでしまえば楽になれるだろうに、鼓翼は何とかしようと抗っている。
龍飛王に雄をはめ込まれてしまった後では、どうすることもできないというのに。

龍飛王は鼓翼を安心して喘がせるために、連続で突きながら鼓翼の投げ出された手を取った。
握り、指を絡める。
それだけで鼓翼の体は跳ねた。

繋がる箇所が増え、文字通り鼓翼は自由を奪われる。

もう片方の手指も、龍飛王は空いた手で捕らえた。
下半身を龍飛王の雄々しい杭で縫いとめられ、両手も束縛され、鼓翼は肩を揺すって身悶えた。

あ、あ、と声を放ち、中からの刺激に全身で反応を示す。

その唇を塞ぐために、龍飛王は前屈みになった。

鼓翼は引き寄せられるように龍飛王の目線に縋った。

ひそめられ、涙を浮かべた目で哀願する。
もう行く、と。
言葉にならない声がそう訴えていた。

鼓翼の中で行くのは龍飛王本人だというのに。
それとも内壁をこする自身の肉を代弁してくれているのだろうか。

龍飛王は鼓翼の唇に触れるか触れないかの距離で囁くように吐いた。

「おまえの中で」

行くぞ、と。


鼓翼は何度も頷いた。頷いて、龍飛王の接吻を求める。

深く繋がりたい。
アソコも、ココも、どこもかしこも。
繋がって溶け合って、一つになって、イキたい。


龍飛王は緩慢な動作で鼓翼の上に重なると、しっかりと舌を絡ませ、唾液を与え合って扱き、粘膜の交接を味わった。

そして濃厚に口を使って舌を嬲りながら、鼓翼の弱い場所に※弱点に※ドピュドピュと気持ちよく精伏字を出して鼓翼を本気でいかせちゃったと…!!(笑)



最後にギャグになりましたが、エロが好きすぎる朝の龍虎風景でした…!


朝のエロも全部気持ち良すぎて、イきながら、龍飛王を仕事に行かせたくねえな…、って、鼓翼は思っていそう(笑)
鼓翼もお店の仕事が始まったら忙しくなるけども。

龍飛王はバスルームで体を洗って、鼓翼が作った朝食兼昼食を食べて、お仕事へ。

鼓翼は龍飛王に仕事から早く帰ってきてほしいけど、言えなくて、その代わりおやつを渡してから、無言でぎゅっと龍飛王の首にしがみ付く。※龍飛王が屈んでくれた※

龍飛王からは抱き返してこないけど※抱擁が終わらなくなるから※、顔を寄せて、今夜も抱くぞ、って耳元で低い声で一言一句ゆっくりと囁かれて、うん、って小さく返事して鼓翼は離れる。

新婚夫婦かー!!(笑)

鼓翼はもう、龍飛王に身も心も骨抜きにされてた(笑)
…という、なんかよくわからないけど、お熱いお話でした…!

立派に夫婦をしている感…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 12:49 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【R18】その42

【四人の王】妄想です。
妊活している、龍飛王×鼓翼…!
メリークリスマス!…といいつつ、慌ただしく今日の更新…!


現代版妄想・42


やる気になった鼓翼は、セッ伏字の経験がなかったちっこい頃から鳳舞王と虎嘯王の濡れ場を見せられていたので※それもどうかと※、鼓翼は二人の、特に虎嘯王のことを思い出しながらアレをした方がいいんじゃないのか、こうした方が龍飛王が良くなるんじゃないだろうかと色々考えた。

でも、龍飛王はそんな他人のセッ伏字には興味がない。
飽くまで鳳舞王と虎嘯王同士のやり取りだし、鼓翼にエロを上手くなってもらおうとも思っていなかった。

鼓翼が口でしようとして、龍飛王がかいた胡座の前に座る。
でもその時点で※全裸※龍飛王の雄はしっかりと股間で屹立してて、鼓翼ができるのはその伏字を舌で舐めて湿らせることくらい。
勃ちが良いのは鳳舞王で見慣れていたけれど※虎嘯王も大変だ※、龍飛王の性欲は仕事を頑張る分、めっちゃ漲っていたかもしれない。
頭を使うばかりの仕事だし。

龍飛王を舐めて成長させるよりも鼓翼が受け入れられるように準備を施す方が大事なくらいの状況で、ええ、ってまたしても鼓翼は戸惑った(笑)

てことは、自分で…、自分から…?

鼓翼は虎嘯王の後ろの自慰をあまり見たことがない。※鳳舞王が嬉々として前戯を施すから※
ただ、鳳舞王の股間に奉仕しながら自らの後ろに指を入れていた姿は何度か見たことがある。※エロい!※
回想すると頬が熱くなるけれど、今の未熟な鼓翼には自発的にその境地に至ることは至難だった。

龍飛王はそんな鼓翼の心中を測ったように、腕を伸ばして体を引き寄せ、膝の上に座らせた。
鼓翼の前と自身を一緒に扱いて、興奮を促す。
鼓翼は龍飛王の腕の中で息を弾ませて、自分からも体を揺すって熱をこすりつけた。

後ろに回した手で尻を割り、鼓翼の秘部に中指をそろりと伸ばす。
入れるぞ、と数回突いて促すと、鼓翼は腰を後ろに突き出して龍飛王の指を自分から迎え入れた。

くぷっと含んだ物の刺激を堪えるように、龍飛王の肩に抱きつく。
あ、あ、って、小さく声を漏らしながら、龍飛王の与える微弱な動きに鼓翼は敏感に反応を示した。

一本だけで満足できるはずはなく、本数を次第に増やされ、中と入口を龍飛王の指戯で解される。
いつのまにローションを足されていたのか、そこはぬるぬると滑るように龍飛王の尖指を何本も受け入れた。

龍飛王に広げられれ、龍飛王のサイズを仕込まれて、ナカをとろとろにされて行かされる。
始まりも過程も結末もいつも同じはずなのに、毎回飽きることなく鼓翼は欲情した。

龍飛王の体が好きなのか、セッ伏字そのものが好きなのか、龍飛王のことが好きなのか、龍飛王との性交自体が好きなのか。
その全部であって、そうじゃないことも鼓翼はもう知っていた。

自分が龍飛王としたいんだって理解したからこそ、鼓翼は自発的にエッチになれた。
元々の素質はないわけではないのかもしれないけれど、龍飛王が相手じゃなきゃ意味がないと考えた。


背後を向かされて、背面座位で繋がる。
かたちはどうでも良い。ただ、感じ合っていられれば。

膝の上で全身が跳ね、下から突き上げられて、鼓翼は龍飛王の腕の中で声を放った。
セッ伏字のための、鼓翼の後背の性器での蠕動。
ただそれだけの種付けるための行為に終始しているのに、龍飛王との交合は鼓翼にとってはやはり麻酔に溺れるような蠱惑的な行為そのものだった。

好きなのもある。龍飛王に覚えさせられた角度や動きや反りもある。何度も何度も仕込まれて馴らされた所為もある。

けれど龍飛王のセッ伏字には、感情はないけど思いがある。ただ貪りたいという獣の欲求ではなく、おまえを報せろという解読や交信の意味もある。
もっと知りたいと、深く知己になりたいと欲されるような、魔的な意思。
最終的には鼓翼の側が、龍飛王の精伏字を通して相手自身を知らされることになる。
でも、それが今は最高に嬉しい。
わかり合っているんだ、セッ伏字を通して、という実感を得るからだ。

もっと報せたい。感じていることも、快感も、悦楽も、含まされている雄大なオスの大きさも硬さも。有能さのすべてを。
鼓翼の貪欲な求めに応じるように、龍飛王の突きが速くなる。

いいのか?、と冷たい声が届いて、鼓翼は、はっはっと胸を喘がせながら無意識に背を反らした。
良いか悪いかなんて、繋がっている、また、おのれを御している龍飛王が一番よく理解しているはずなのに。

でも、鼓翼は応えちゃう。
イイ、良い、って。
小さく短い声を漏らして幾度も体を震わせる。

龍飛王の膝を掴んで必死に律動に抗おうとしながら、もっと苛んでほしいと求めるように、尻を後方へこすりつける。上下に動かして、龍飛王の竿をなぞる。
きゅんきゅんに締めて、中でも絞って、鼓翼は龍飛王に内部での射伏字をねだった。

龍飛王は鼓翼の要求を正確に理解しているにもかかわらず、しばらく逡巡するように腰の動きを一定に保っていたけれど、鼓翼の声がかすれて小さくなりかけた瞬間に、強く下から打ち付けてきた。
鼓翼が声も出せずに啜り泣く。
嗚咽しか漏れなくなった鼓翼の体を、まるでおもちゃのように押し上げ、拘束し、余すところなく内壁を突きまくった末に、龍飛王は熱く鋭い精を鼓翼の狭い秘奥に注ぎ込んだ。

行った瞬間に弛緩した四肢を包むようにすくい上げ、また腹の内に射出する。
全細胞がふわっと浮くような感覚を得ながら、同時に奥を満たされる。
龍飛王の精伏字を腹の内に注がれている事実に、鼓翼は自分が余すところなく充足を得ているのがわかった。



満足して龍飛王に体を預けていたら、また動き出して、ナカでも硬く膨らんで、鼓翼は心底からうっとりしてたのに、ええーってなりそう。
また一からやり直し!
龍飛王との反復レッスン※セッ伏字※は朝まで続きましたよ…!、ってことで。


貴重な龍の精子でも、とことんまでやればいつかできるかも…?
でも鼓翼は1回目ですでにとろとろにされているので、これが正しい方法なのかどうか、よくわからないかもしれない。龍飛王はまだやり足りないので出しまくるけど(笑)

一度目の中出しで気持ち良くさせられているので、鼓翼は龍飛王の突きのたびに際限なくイってそう。とんでもない淫欲の神ですよ…!

ミルクが出ないのに何度もカラ行きして、鼓翼は下半身の感覚がなくなるまでおかされそう…!

文字通りの、龍淫の虜にされちゃった鼓翼でした…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:27 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応