【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2023年12月20日

【四人の王】【妄想】【R18】その33

【四人の王】妄想です。
エロが止まらない、龍飛王。
だって、休日なんだよ!?、と言いたいが、言わない。
というか、龍飛王には感情がないので愚痴を言いたいとかはないと思いますが、折角の鼓翼とのムフフタイムを邪魔する奴はけしからんと思っていてもいいと思います(苦笑)
てことで、18禁でお願いします…!

あと、年内に更新を完了させて(完結させて)、裏本として『龍飛王×鼓翼編』もまとめます! 2024年1月末までにはDLsiteさんで龍飛王×鼓翼編を作品化して販売開始できれば…! やりたいので、やらせていただきます…! 多分やれるはず…!?(汗)


現代版妄想・33


龍飛王は女みたいな顔立ち※骨格は男※なんだけど、見た目に反して実は大食漢らしくて、そうだと気づかれないのは食事にとても時間をかけるから。

鼓翼は働いていた以前のお店※今は退職※に客として来ていた龍飛王の食べ方やスピードをある程度知っていたけど、すごくよく食材をしっかり噛んで食べて味わってくれているなぁと常々思っていた。

時間をかけるので温かいものは少し冷めてしまうけど、それならばきちんと下味を付けて旨味や出汁を考慮して、冷めても時間が経っても風味を損なわないような徹底的に計算し尽くした料理を、食べるペースに合わせて提供すれば良い。

頭を使う分エネルギーを消耗するのかなというくらい、鼓翼自身も比較的よく食べるけど、龍飛王は出したものは量の大小に関わらず、必ず完食する。
好物もきらいなものも実は取り立ててない。
特に腹が空いたとも自分からは言わない。※心がないともいう※
鼓翼とのセッ伏字は我慢しない(笑)
お腹が物足りない時は酒を嗜む。

鼓翼は龍飛王をそう解釈していた。

なので、ちょうどいい按配の好みの量を独自に調査し、手間と工夫を凝らして龍飛王のための料理を作る。
じっくりと食してくれるので、鼓翼は龍飛王の食事をする姿がなんとなく好きだった。※むしろそこが好きなのでは※

物言わずに素材をしっかりと吟味してくれているようで、それがなんか嬉しかった。
ぱぱっと食べられるよりも、龍飛王のペースそのものに意味があるのだと考えたのかも。


龍飛王は食後に、先程鼓翼との楽しい時間を邪魔してくれた相手と立派なソファの上で画面越しにやり取りをしていた。
商談はすぐに終わったようで、今は世界情勢とかの話に移行していたようだ。※言語は英語が混ざったりしつつ、鼓翼が知らないものだったかも※

鼓翼も流石に龍飛王が休日に仕事をしている様を見て気の毒に思いながら、龍飛王のために紅茶を淹れたよね。

飲んでほしいから、ソファの前のテーブルに置いたら、やっぱり手首を掴まれた。
ソーサーから手を離してすぐだったから良かったけれど、あっという間に龍飛王の足の間に引き寄せられて、背後から体を抱え込まれる。

鼓翼はびっくりしたけど、龍飛王は離さない。
通話相手と話を続けながら※画面は映ってなかった※、鼓翼が身に着けていた丈の短いエプロンを取り払った。

…いやな予感(笑)

そのまま掌が下着の中に忍び込んだ瞬間、ひっ、て、鼓翼は思った。※声は出なかった※

さっきも寝室で何回もやったよな?! 好き放題!
いっぱい出してたくさん突いて濡らして摩擦してこすって中出しして。
それでも足りなかったのだろうか?!※「そうだ」(笑)※

だって、折角の休みだよ!?
本来であれば、お気に入り過ぎる鼓翼とセッ伏字し放題ができたはずなんだよ!? ※?※
また鼓翼を教育して仕込んでシコシコしまくって、もっとして欲しいって鼓翼の上下のお口で言わせるまで、際限なくアソコの中に奥まで挿入れて出し入れしまくった挙句に何遍も種付けして出すはずだった。※すごい※

龍飛王は顔も声も平素のままで淡々としてたけど、鼓翼より体温が低い手指の動きは完全にそれとは真逆の動きをしていた(笑)

本心が、どエロ行為に出る、龍飛王。


龍飛王が前に回していたずらをする腕をなんとかして押さえるか留めるか退けようとして必死になったんだけど、すごい腕力でね。※実は力が一番ある。龍だし※
何をやっても鋼の腕をしりぞけられないから、更に深みにはまっちゃって。

龍飛王は鼓翼の前を玉ごと掴んで転がすようにふやふやこりこりと愛撫しつつ、たまに※シャレにあらず※裏に薬指や小指を添えて、こすこすと擦ったり、くにくにふにふにしたりして、雄弁で器用な前戯をしまくった。
鼓翼自身も根元からさすり上げて、過敏な箇所を余すところなく愛撫する。

鼓翼はもっと刺激が欲しくて※自分でするより全然良かった※、無意識に下腹を前にカクカクと突き出した格好になって、抵抗しているのか龍飛王に協力的になってるのかわけがわからなかった。※体は正直※
けれど、背後に当たる龍飛王のスラックスに硬いものを感じた瞬間に、鼓翼は前面の同性部分の動きだけじゃとてもじゃないけど足りなくなった。

布地の中に隠れて前を弄ぶ龍飛王の指をしっとりと、けれど卑猥にぬるつかせる透明な液と同じように、ヒクヒクとアソコも疼くような気がした。

龍飛王に散々出されて致された箇所が内側の奥の方から※お腹の方から※熱くなって、うう、って思う。
恥ずかしさを伴うまぎれもない欲情に、魚みたいに体がビクビクと跳ねた。
情けなくも、今ここで本番セッ伏字をしてほしいって、鼓翼は思ってしまった。

鼓翼は自分でも自覚ができるほど※聡いので※、すでに身も心も、龍飛王との本気で、ナマばかりの種付けおセッ伏字に陥落してた。


でも、会話が続いているし※?※、ここで自身の欲望に負けるわけにはいかないと。
唇を噛み締めて、顔を真っ赤にしながら懸命に声を殺していたら、龍飛王の口元が頬に当たった。

もう我慢しなくていいと。

相手の回線は切ったと端的に知らされて、鼓翼はその一言だけであっという間に緊張から解放された。

すぐさま後ろを振り返って、龍飛王の肩にしがみつく。
龍飛王の悪戯な手は離れ、鼓翼をしっかりと抱擁した。※ラブい※

続きを、最後まで続きをしてほしいと言いたくて言えなくて、鼓翼は息を弾ませて俯いたまま、龍飛王を抱きしめる腕に力を込めた。

大丈夫。龍飛王は賢いから、鼓翼のえっちな願望をしっかりと理解している。
鼓翼以上に猛烈に催しているのも、間違いなく龍飛王だし(笑)

龍飛王は鼓翼の五体を軽々と抱え上げると※力持ち※、ゆっくりとした歩調で二人の寝室までまっすぐに向かった。

端末には、これから朝まで誰の連絡も受け付けるな、と言い捨てて。


…そしてしこたまヤりました!!

やったぁ!
待ってた、これを!、と龍飛王は思わないと思うけど、そんな困難あり、変なプレイありの龍飛王×鼓翼でした。

鼓翼もなんか、自分から龍飛王を欲しがった手前、ベッドの上でやたらと素直でさ…
龍飛王はそんな鼓翼にメロメロにはならないけど※無表情※、きちんと気持ち良くしてから鼓翼をメスイキさせたと思う。何回も。何回も。何通りも(笑)

ゴムしてくれよ…とは物言わず鼓翼は思ってたと思うけど、「今日は特別だからな…」って龍飛王に言ってたりして(笑)
龍飛王は休日なのにお仕事してたし…しかもボランティアで。※給与なしの時間※
とはいえ、龍飛王からしてみれば常に『特別』でいいと思うんだけど、そういうところが生真面目な虎嘯王似なのかなぁと思ったり。

鼓翼は龍飛王に性感帯をいじられると、もう理性があかんという事実に愕然としていそうですが。

この二人もデートさせたいな…


あと、読み返して思ったのは、食欲と性欲がほぼ似た趣向なんですな、龍飛王は。
じっくり食べるのと同じように、セッ伏字もじっくりというか、時間をかけて執拗にする。

違う点は、後者は好いた相手がいないとできないことなので、これまで発見することができなかった真実なんじゃないかと。
今の龍飛王は、性欲は食欲に通じるんだなとおのれを通して実感していそう。
鼓翼もきっとそう※食に熱心※だと思う。

つまり、互いにセッ伏字に夢中になれる素質が二人には※似たような傾向と価値観で※最初からあったってことかな?、という結論に。
不思議だなぁと思いつつ、食欲と性欲についてなんかちょっと考えてしまったりしつつ。


龍飛王×鼓翼はまだまだ続きます…!
ラストまで(まだ先は長いけど)走るぞー!、です…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 11:47 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【R18】その32

【四人の王】妄想です。
多忙を極める龍飛王のお話。
大人向けの18禁でお願いします…!
余暇というか、休日を楽しんでいるらしい龍飛王×鼓翼です。

そして、DLsiteさんで審査が通りましたので、『【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜』は2023年12月22日(金)に販売開始いたします…!
また、Ci-enのフォロワーさん向けに作品サンプルを公開してますので、よろしければチェックをお願いいたします…!
https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1027067


現代版妄想・32


龍飛王の生活の大半は大体仕事に関わっていたので、鼓翼と過ごす時間は夜と朝しかなかった。
諸々の事情から鼓翼のように週休二日ではなく、変則的に休みがある。
とはいえ、鼓翼と過ごすために、日曜日だけはなんとか死守していた。

が。

その日は運悪く、私用の回線に連絡が入った。



龍飛王は出るのがいやだった。
この番号にかけてくるということは、時間外労働の手当ては出ない(笑)
ただ働きは御免だ。
ゆえに無視しようかと思った。
でもプライド的にそれはできなかったし、上に立つ人間として下の者たちの手助けはしなければならないと思った。※えらい※

渋々、何一つ感情を顔には出さないが、タブレット端末のAIに回線を繋げろと指示した。

驚いたのは、龍飛王に股間を愛撫されている真っ最中だった鼓翼だ。
寝室のベッドのシーツの上で全裸にされ※龍飛王も素っ裸※、内腿に所有印をつけられながら嬲られていたところだったからだ。

自身が可愛がっていた肌の上から頭をあげた龍飛王は鼓翼の曲げた足元で足を組み、タブレットの中の相手と話をし始めた。何やら会議の予定を早めてほしいと連絡があったそうだ。

急用らしいので、今から来られないかと言っているようだ。
休みだぞ、って、龍飛王は内心で憤慨した。
しかも、鼓翼とイイコトをしている途中で水を差されて、龍飛王の内面は完全におこだった(笑)

とはいえ、獲物を逃がさないように膝を掴み、もう片方の手で鼓翼の少し解れた秘所を弄る。
意図的に中指だけを真っ直ぐに伸ばして、鼓翼の入口に当てがった。

ぬぷ、と明らかに音がして、異変を感じた鼓翼が息を詰める。
反射的に逃げを打つ体を悠々と片腕だけで押さえつけ、ぬちぬちと奥へそれを侵入させた。
先刻もローションで散々弄び尽くした箇所だ。指一本くらい易々と受け入れられる。

龍飛王は中指をおのれの性器に見立てて、ゆっくりとその場で前後に出し入れをし始めた。
鼓翼はぎょっとして、慌てて自分の口を手で塞ぐ。声が通話相手に聞かれてしまうと懸念したからだ。

けれど龍飛王はそんな鼓翼の胸中を意に介さず、抜き差しのスピードを緩めるどころか、セッ伏字のピス伏字同様の速さで鼓翼の敏感な粘膜を繰り返しいじめ抜く。
しかも一本だけ伸ばした指でピンポイントに弱い箇所を徹底的にくんくんと突かれ、弄られている鼓翼の背筋は、喉をしゃくりあげるリズムに合わせてビクビクと快感で引き攣れた。

中の刺激だけで行きそうな時にだけ見せる媚態に、龍飛王は少し機嫌を良くした。
鼓翼の反応が良いので、もう少し話を引き延ばしてみるか、と変なことを考える。

鼓翼が懸命に耐えて※耐えれていないけど※いる姿に自嘲してしまうほど興奮しながら、龍飛王はそういえば、と話を変えた。

快楽から逃れようと必死になっている鼓翼の耳に会話の内容は入ってこないが、龍飛王の容赦のない指技に陥落寸前まで追い詰められる。
あと一歩、あと一回の接触があれば行ける、と思った瞬間、龍飛王は無慈悲にその長い尖指を鼓翼の濡れた狭い内壁から引き抜いた。

突如として失った接触に、鼓翼はホッとしたような、残念なような気持ちに襲われる。※失望感の方が大きかった※
これで我慢せずに済むと思った安堵感と、先ほどまで入っていた温もりの※伏字そのものよりも質量はないが明確な※喪失感に、情けなくも涙がこみ上げてきた。
なんでかわからないけど、鼓翼の体は理性に反して龍飛王にもっとしてほしかったと訴えた。※えちぃ!※

そんな心中をまるで測ったかのように、龍飛王は話を続けながら鼓翼を仰向けに転がした。
そのまま、あっと思う間もなく両足を割り、体の中心を鼓翼が寂しがった窪みにピタリと当て、有無を言わせず、予告動作なしに押し入った。

容赦のない挿入は、そこを弄られ尽くしていた鼓翼を傷つけることはなかったけれど、受け入れる側の鼓翼は頭も体もとにかくびっくりした。

ずぶりと入ってきたものの衝撃と大きさに、思わず声を上げそうになる。
入った位置で、くちゅっくちゅっと、龍飛王はわざと音を立ててリズミカルに腰を動かし始めた。
鼓翼が意図的に声を殺しても、明らかにナニをしている最中であろう卑猥な結合音が次々と漏れてしまう。
だめだ、こんなこと※性交※をしていると、他人に悟らせてはならないと。

鳳舞王と虎嘯王の露骨な性交渉を日々目の当たりにしてきたとはいえ、自身が当事者になれば話が別だ。
家族でもない他人である会話の主に勘付かれでもしたら、鼓翼は今以上に居たたまれない気持ちになる。

何でもいいから他に気を紛らそうと、唇を噛み締めながらあたふたと左右を見回すが、龍飛王の圧倒的な存在感と、エロ開発されている鼓翼の発展途上の肉体は当たり前だが少しも言うことを聞かない。
むしろ龍飛王の動きに従順すぎて、手で口を覆っても、いやいやと頭を振っても、なぜか声だけは、あ、あ、ん、と龍飛王の律動に合わせて零れた。

いやだ、だめだ、これ以上は本当にだめだ。
鼓翼は必死になっているのに、龍飛王は始めたセッ伏字をやめようともない。

龍飛王はしばらくの間、体の下で押し開いた鼓翼の秘部を雄の性器で堪能していたが、更なる結合を求めてその上体をシーツから掬い上げた。

龍飛王のあぐらの上に鼓翼の尻が乗っかり、繋がった部分が深くなる。
逃げるように下肢に力を入れるが、龍飛王の両腕の拘束と下からの連続した突き上げに、鼓翼の体は文字通り男性器によってなす術なく串刺しにされた。

ぐちゅんぐちゅんと前後にかき回すようにそこで腰を使われ、鼓翼は思わず龍飛王の首に縋った。

無意識に相手に抱きつきながら、行ってしまう、と何度も訴える。

声量を抑えていたはずが、なけなしの自制心を激しい交合で吹き飛ばされて、鼓翼は恥を忘れて龍飛王に哀願した。

もうこれ以上されたら、これ以上攻め続けられたら堕ちてしまうと、涙ながらに訴える。
けれど鼓翼の神経を支配しているのは絶望ではない。
しっかりと相手と繋がった嬉しさと、肉体が悦んでいる熱さと、龍飛王自身の雄々しい形と確かな熱量に感動さえしていた。※おかしい※

会話の相手のことはもう眼中になかった。自分からも龍飛王の下腹に腰をこすり付け、あ、あ、と断続的な喘ぎ声を龍飛王の耳に直接届ける。
うん、うん、って何度も喉をしゃくりあげ、感じていることを攻め続ける側に伝えた。

龍飛王は薄く両目を細め、素直になった鼓翼の内側と外側を際限なく心地良くすると、その狭い腹腔にセッ伏字の成就である証を示した。

奥に龍飛王の知識の塊である精伏字をドピュドピュとナマ出しされて、何度もイっちゃった鼓翼。

「………」

気がついたあとの鼓翼は、さすがに後味が悪かったのか、じと目で龍飛王をちょっと下から睨んでた(笑)

龍飛王は鼓翼を抱き上げて体位を変えた時、強制的に実は回線を切断してたんだよね。
取り込み中だと言って断ったのかな。
なので、鼓翼とのエロエロな合体の真っ最中とフィニッシュからその後のすべての画像も音声も誰にも聞かせなかったのだけど、鼓翼にはそんなことはわからない。

龍飛王のばかやろう、と鼓翼は悪態をつきたかったよね。めっちゃ気持ち好くいかされたにもかかわらず。

龍飛王はただ唇の端を持ち上げるだけで何も言わずに見つめてくるから、鼓翼はもしかして嵌められたのかなぁって気がついた。
実際に中をしっかりと龍飛王に最後までハメ抜かれたけども…!

さっきの通話を龍飛王とのセッ伏字の興奮剤として利用されたんじゃないかって思ったら、羞恥と照れで更に唇を尖らせた。
実際に興奮したかもしれないけど、龍飛王にそれを全部見られていたかと思うと、どうしてもむくれてしまう(笑)

性格わるいぞ、って、鼓翼はせめてもの意趣返しでそう漏らした。

眉間を寄せて、頬を真っ赤に染めたまま。

龍飛王はそんな鼓翼を、穴が空くほど見つめ続けていた。


意外とラブラブかもしれない二人…!
どんなセッ伏字でも、龍飛王は鼓翼をメロメロにしてしまうんだろうな…と思いつつ。

本編の鼓翼はヒビに※ヒビの顔に※弱かったけど、龍飛王の顔にも弱いのかもしれない(苦笑)
見つめられると許しちゃう、みたいな…!
鼓翼が普通の見た目なので、おそらく面食いなんだろうな、というのは、やっぱりあるのかも。

またまたネタがあるのでもう少し続きます…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:17 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応