【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2023年12月08日

【四人の王】【妄想】【謎】その19

【四人の王】妄想です。
色々と大切な部分がすっぽ抜けている気がしつつ(汗)、続きます…!
DLsiteさんで【裏本・創世】を買ってくださった方にはありがとうございます…!


現代版妄想・19


一旦家に帰らせてほしい、と。

同居人を納得させてからまた戻る、と鼓翼は龍飛王に言ったんだよね。

鼓翼の衣料等の生活用具は龍飛王のマンション内のショップで一通り揃えられたんだけど、豹變王のところにも実家から持ってきたものとか色々置いてあったし。まずはそれを取りに帰らなきゃいけない。このまま龍飛王の元で生活を送るのならば。
豹變王とも今後について話をしなきゃならないかもしれないし。

龍飛王は片方の眉をぴくりとあげて※眉を動かすのは癖なのかもしれない※、じっと鼓翼を見た。

龍飛王の様子を見て、逃げるんじゃないかと疑われているのかな、と鼓翼は思った。
確かに逃げた方が得策なんだけど、鼓翼は一応、再確認のために龍飛王に尋ねた。

「俺に、戻ってきてほしいのか?」

出て行ったが最後、そのままここには戻ってこないかもしれないぜ?、と問う。

龍飛王は黙って聞いていたが、先刻の「また戻る」は方便だったのか?、と逆に問い返された。
揚げ足取りみたいだなーと思いつつも、鼓翼は確かにそうだと龍飛王の言を肯定した。

「戻るつもりがあるのなら、帰れ」

龍飛王の言葉だけを聞いていると、不毛な会話だなーと鼓翼は思う。
要するに、戻ってこないと許さないぞ、ってことなのでは?、ってツッコミたかったけど、話が長くなりそうなのでやめておいた。

龍飛王はなにかを隠してるんじゃないかと鼓翼は考えているんだよね。
じゃなきゃ、自分に戻ってきてくれなんて望まないだろうし、第一鼓翼にとって利点がない。
龍飛王のセッ伏字の相手をするためだけに必要であるならば、自由になった方が断然いいもんね。

ただ、ご飯も食べさせているので※食材はマンションの中にある店舗で事前に注文したり買ったりできる※、もしかすると料理人としての腕も買われているのかもしれない。

じゃあ、セッ伏字はおまけみたいなものなのか?※あれだけ好き放題に致しまくっておいて?※…とは思ったけど、なんか、訊くのも阿呆らしいかと思い始めた。

自分が力ずくで拒んでいない時点で説得力に欠けるよな、とは思いつつも、龍飛王はそこまで読んで自分をハメたんだろうかとも考える。

明らかに抵抗しても無意味だと諦めてしまった時点で、両者の間に合意が成立しているのだと責められれば、何を根拠に反論すればいいのか、同性の鼓翼にはわからない。※ゆえに嵌められた感※

ただ、ゴムなしでのセッ伏字はいやだった。
理由は、夫婦ではないから。※そこは真面目※
鼓翼の頭の中にはその一点だけが強烈に残ってて、セッ伏字の行為そのものを断固拒絶する気にはならなかったのかもしれない。
何よりも、性的な排泄目的以外で龍飛王が愉しんでいるようには見えなかったし※無表情※、毎晩の※毎朝の※あの行為は何なんだろうな??、と、今以て自身の心中も含めて不可解だった。


というか、鼓翼の貞操観念はエロし放題だった鳳舞王と虎嘯王の影響で、かなりゆるゆるなのでは?、とツッコみたい。
エロされたことはまあいい、それよりもそれをしたことの理由が知りたい、というのが顕著に思いに出ているんだけど、エロそのものはOKなんだ???、って、豹變王ならそうツッコみそう。
鼓翼も、自分では気づかない、気づいていない何かを隠して見過ごしている気がする。


とはいえ、龍飛王という存在そのものが、鼓翼にとって今は大いなる謎だったのかもしれない。
そこにまんまとハメられてしまったのだろうか。
いや、そんなはずはないと。
鼓翼はこどもらしくムスッと顰めっ面になりながら、そう断じた。※おさない(笑)※

天才というのは、結局のところどんなものなのか、鼓翼には判然としていなかった。

だからこそ、龍飛王の真意を知りたいと思ったのかもしれない。



「すぐには戻らないかもしれないぜ?」

もしかすると、同居人との話し合いが長引くかもしれないと仄めかす。
すると龍飛王は居間に置いてあった端末を拾い上げて、鼓翼に見せた。

契約書らしい。
鼓翼はサインしていないが、業務内容と手当、休暇等の労働条件が示してある。
セッ伏字の内容は流石に明記していなかったが、残業手当みたいなもんなんだろうかと思った。※見たら、ちゃんと日算の給与に加算されてた(笑)※

「サインをしておけ」

これが証明になるだろう、と。
日付は今日になるが、良いのだろうか。龍飛王は軽く顎を引いて了承の意を示した。

龍飛王に無理矢理ベッドの上で致されて、すでに5日経っている。
豹變王に電話をかけたのは4日目の夕方で、恐ろしいことに、その頃には鼓翼の精神も体も龍飛王との濃厚な性生活に慣れてしまっていた。

龍飛王がどんな手管を使ったのかはわからないが、二晩目には痛みはなくなり、普通に性交できるようになった。※さすが虎嘯王の子※
普通、というもの自体、何を指しているのかは未熟な鼓翼にはよくわからないが。

豹變王に連絡をしたその夜も龍飛王の相手をさせられたし、根っからの売春婦にでも生まれ変わったような気分だ。※龍飛王専属※
けれど、不思議だが、鼓翼は些かも卑屈な思いに苛まれなかった。

龍飛王は鼓翼を奴隷扱いしなかったし、抱く時以外の場面では鼓翼がやりたいように自由にさせてくれたし※帰宅以外※、何ならすべての問いにも答えてくれた。
めっちゃ学術的な知識も教養も語彙力もあって※もちろん語学力も※、龍飛王が無口で甲斐性なしという当初の感想は前言撤回にすべきかと考えたほどだ。

けれど龍飛王自身も忙しくて、朝と夜以外は鼓翼を相手に遊んでいる暇はない。
性的搾取をしているとは言っても、本当に空いた時間に堪能しているようだったので、鼓翼はどちらかというと多忙な龍飛王に同情してしまったのかもしれない。※チョロい!※

鼓翼にとって唯一気掛かりなのは、豹變王に手料理をご馳走できなかったことで、心配も当然かけていると理解しながら、向こうに助けてくれとSOSを送るつもりにはならなかった。
つまりは、どういうことなのか?

雇用…なのかなぁ…、と、なんだか鈍いというか、その手のことにあほな鼓翼は思った(笑)



豹變王は、そんな甘っちょろいことを言う鼓翼に対して普通に怒ると思う(笑)
常識人だから。
鼓翼が豹變王のマンションに帰宅すると、豹變王vs鼓翼が始まりそうです。

前任の中天の王※のちに放棄※ vs 中天と四方を統べる帝
素早さ全振りかつ技量も火力もある万能タイプの豹變王と、攻守に抜きん出た秀才肌の鼓翼。
年輪の違いで豹變王に軍配が上がりそう(笑)
年季と手数が違うんですよ!!
ってことで、鼓翼にはさらにがんばってもらいたいと思います。

【四人の王】的、中天の帝はつらいよ!? ※そんなシリーズだったっけ!?※


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:43 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応