【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2023年12月07日

【四人の王】【妄想】【すべて】その18

【四人の王】妄想です。
結局、龍飛王の元に留まっているらしい鼓翼ですが、果たして…?

DLsiteさんで予告中の【裏本・孕ませ】のPV風ムービーを公開しました…! チェックよろしくです!
https://chobit.cc/9vbgn
サークル情報ブログでも記事を書きました。完成に向けてがんばります…!
http://b.harikonotoraya.net/article/190683181.html


現代版妄想・18


龍飛王は今日も会議だとかで午後から自宅らしきマンションを出て行ってしまったが、鼓翼はセッ伏字の後始末も自分でして、シャワーも浴びて※慣れ※、相手のためにご飯も作って、なんだかな!?、と思った。

何なんだ、この関係は。

愛人なのか?
パトロンなのか?
それとも、単なる、ラブ・ドールなのか?

オ伏字ホールにしては、自分は料理も食べさせているから、人形にしては出来過ぎの気がする。


龍飛王の考えを問い質したことはあるが、常にすべてを肯定するだけで何の成果も得られなかった。※もしかして相手にされていないのでは?※
いや、唯一成果のあった反論っぽいものといえば、自分が亀兆王の身代わりではない、ということだ。

彼女への龍飛王の信頼というか傾倒の仕方は、部下とか恋人とか家族とかをはるかに凌駕しているような気がした。
要するに、男にとってたった一人頭が上がらない存在なのだろう。

弱みを握られているというよりは、そこは本当に龍飛王が亀兆王のことを魂の底から気に入っているという形容に他ならないんだろうと鼓翼は解釈した。
けれど、鳳舞王がお気に入りの虎嘯王を肉体的に愛するような劣情はない、と。

なのに、自分に対しては※肉欲が※あるというのが、なんというか、性欲処理係みたいで、鼓翼は龍飛王の心中というか頭の中が全く読めなかった。

自分に何を求めているんだ?、と尋ねたら、すべてだ、と答が返った。

全く、お話にならない。
鼓翼はなんで今もこうして、龍飛王のマンションで暮らしているのかがわからなかった。

豹變王には連絡を入れて、住み込みで働くことになった※詳細は明かさず※とは言ったが、信じてもらえたとは到底思えない。
「どこにいる?」、と開口一番に訊かれて、その声の低さに鼓翼の背筋はびりりと震えた。
真剣にこちらの身を案じている気配が伝わってきて、真実※龍飛王のオ伏字ホ※を悟られないようにするために、龍飛王を相手にするとき以上の緊張を強いられた。

仕事の関係だとは言ったけれど、豹變王が自身の今の保護者であることは変わらない。
誤魔化すことはできないとは思ったけれど、鼓翼は自分の手で龍飛王の肚の内を探りたかった。
そうしたかった理由はやはり、あの亀兆王をして『天才』とまで言わしめた男だからだ。

鼓翼の返答に対して、豹變王は何も言わなかったが、その沈黙がめちゃめちゃ冷や汗が出るくらいに重くて、鼓翼は正直騙しおおせないかもしれないと覚悟を決めた。
それくらい、普段の飄々とした色男の空気とは異なっていたからだ。※豹變王は真の中央の土地の王だから※

本気の豹變王はおそらく、虎嘯王よりも峻厳だ。それを、普段は隠している。甘やかしてもらっていると、そう感じた。
敵に回してはいけないが、今の鼓翼にはそれしか言うことができなかった。

自分で何とかする。
否、そうしたいと。

仕事関係…雇用の関係でこの場に留まっているという説明に、豹變王は表面上は納得した。
が、一度帰って来いと言った。
部屋に置いた鼓翼の着替えや荷物もそのままだし、住み込みで働く場を確認しておきたいとも言われた。
鼓翼とて、保護者の意向には従わないわけにはいかない。

龍飛王にもそのことは伝えてある。
龍飛王はわずかに眉をひそめたようだったが、秘書※亀兆王※を代理に立てると言っていた。半年以上前からアポイントメントがない場合は都合がわるいと。※龍飛王は大人気※
どこまで信じて良いのかはわからなかったが、龍飛王は本気で自身を雇いたいのだろう。

セッ伏字・ドールとして。


なんだよ、そりゃ!!?、ということは、鼓翼が一番叫びたかった。



聡すぎるがゆえに悲劇にならない鼓翼(笑)
龍飛王は全部分かっているというよりも、なんか挑戦状を叩きつけられたような感じなのかな、鼓翼にとっては。

鼓翼は、天才であるらしい龍飛王の頭の中を攻略したい、解明したいと考えたのかも。
ドール扱いされているのに(笑)
おかしな秀才です。

でも、中天と四方を総べる帝には、虎嘯王同様に逃げはないのかもしれない。
王はみんな、挑まれたが最後、困難を捩じ伏せる気概なのかも。

でも豹變王を※本気で※怒らせると虎嘯王以上にやばいのは、さすがに鼓翼もよくわかったのでは。
わるいのは全部、鼓翼を手篭めにした龍飛王なんですけどね!?

鼓翼だけが苦労している、龍飛王×鼓翼。

なんか色々と説明が足りていないけど、がんばれ、われらが中天の帝!(笑)


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:35 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応