【当日記について】こちらは日記というか、思いついたとき何かを更新する不思議なログ置き場になっております。活動等の近況は 情報ブログ または Ci-en および Twitter を参照願います>_<
水堂とらくの最新作および旧作は DLsiteがるまに にて販売中です!オリジナルR18コミック(コミックのみ)はDLsite提携ストアの コミックシーモア , BookLive でも販売しています♪

2023年12月31日

【四人の王】【妄想】【最終話】【R18】ラストシーン

【四人の王】妄想です。
今日が完結となる『現代版妄想』の更新です…!!
18禁な上に、長いかも!
大丈夫な方はどうぞ最後までお付き合いください…!(汗)
来年の2024年は奇しくも龍飛王年(辰年)なんですよね…龍飛王×鼓翼を書けてよかった。

改めまして、本年は連日の更新にお付き合いいただきまして誠にありがとうございます。
DLsiteさんにて【裏本】を買ってくださった方、サークル・はりこのとら紙老虎の作品をご購入くださった方には大変感謝しております、ありがとうございます。
皆々様に於かれましては、どうぞ健やかで素敵な新年をお迎えください…!

【最終話の更新にあたって】
裏本のファイナルとなる『【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜』の情報についてはこちらをご参照いただけるとより面白くなるかもしれません^^;

サークル情報ブログ『2024年1月新作のご案内』
http://b.harikonotoraya.net/article/190714205.html
Ci-en『【予告】2024年1月新作のご案内』※ラフ絵4点あり
https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1036891


現代版妄想・ラストシーン


鼓翼が店の戸締りや火の元を確認してから、店内で待っていた龍飛王に近づいたら無言で腕を引っ張られて噛みつくようなキスをされた。

驚きながらも龍飛王を迎え入れるように口を開けたら、あっという間に舌と唾液で口内を蹂躙されて息継ぎが大変なくらいになる。
龍飛王が発情している理由は、もしかしたら過度の※鳳舞王という名の※ストレスを受けた所為かもしれない。
それでも仕事中の鼓翼を襲わずにいたので、良識はあったようだ。

鼓翼も龍飛王から与えられる舌の刺激に一緒になって発情したんだけど、ここで事に及ぶわけにはいかなかったから、何度も何度も繰り返しチューしあって、落ち着けあって※ちゅーで落ち着くのか※、店にしっかりと施錠してから、なんとか住居まで続くエレベーターに乗った。

エレベーターの中は二人だけだったので、龍飛王は遠慮がなくてね。
鼓翼の服の下に手を入れて、恥ずかしいところを上下で何度もこすった。
胸をいじられながら、同時に下腹ではちゅくちゅくって音がして、鼓翼は頬を染めて身震いする。
ん、ん、って声を殺して、でも、龍飛王の動きを止めようとはしなかった。※鼓翼も欲情していた※

エレベーターの振動を感じながら、下着を下ろされて指を入れられてナカを解される。
乱暴じゃなかった。でも、早く繋がりたいと龍飛王が言っているみたいな蠢きに、鼓翼も自分からいいところをすりつけて応えた。
そのまま、少し狭い二人きりの密室で立ったまま背後からつながる。
クチクチと後ろを大きくなった性器で侵し、浅い位置で龍飛王は前後に動き始めた。
鼓翼は壁に手を突いて細かな律動に耐える。
やがてマンションの一室にたどり着くと、繋がったまま玄関で本番のセッ伏字に移行した。

後ろから腰を掴まれて、鼓翼はガンガンに※痛くはないけど※雄の欲求に正直な龍飛王の欲望を全身で受けとめさせられた。
弱いところを際限なく突かれ、しごかれ、鼓翼はシーツの上でもないのにイった。
鼓翼自身も催していて、ここが日常的な場所であることも構わず、龍飛王と繋がった。

尻を龍飛王の眼前に突き出し、卑猥な音に体の内外をおかされるのに任せる。

龍飛王はその体位ではいかず※一回が長い※鼓翼の身体をすくい上げた。
正面を向かせ、鼓翼の体の中心を雄々しい龍根で下から貫いた。
鼓翼の形良くツンと肉が持ち上がった尻が逞しい雄の生殖器で串刺しになる。
駅弁の体勢で、鼓翼は玄関先で龍飛王に余すところなくおかされた。
でも、気持ちいい。
龍飛王が与えてくれる性行為は、全部鼓翼にとっては快楽だった。

種を仕込まれるための動き、働き。
龍飛王の優秀で隙のない生殖行為に自らも協力して、浅ましいけれど悩ましい声を短く切り、幾度もその耳に聞かせる。
感じていること、一つに繋がって、御されて抜き差しされることに歓びを覚えている事実を音で伝える。

龍飛王からのいらえはない。
その代わり、性急で激しいピス伏字が鼓翼の腹の中で加速した。

出される。
ここで。
繋がったまま、立ったまま。

鼓翼は背徳感よりも痛烈な興奮でさらに催した。
龍飛王の男を受け入れて、種付けられる。
一滴も漏らさずにナカで受け止める。
その本能だけに従って、鼓翼は龍飛王の背にしがみついた。
自分からも足を持ち上げて、根元まで出し入れされる交合に従順になった。

龍飛王の目は冷たい。
けれど口元は少し微笑んでいて。鼓翼の真っ赤に染まった顔や首筋を半ば恍惚と見つめているようだった。

イク、と鼓翼が歯列の隙間から漏らす。
龍飛王は躊躇わず鼓翼の口に自らを重ねると、呼吸を奪ったままその最奥に苛烈な情欲の滾りを放った。


玄関先での生殖行動だけではおさまらず、龍飛王は鼓翼をキッチンでもおかした。
食卓の上に鼓翼を押し伏せて、背後から御す。
パチパチパチと尻を腰骨で軽快にはたかれ、鼓翼は白いものが伝う内腿を痙攣させながら龍飛王の熱い性交を歓迎した。
鼓翼はナマのまま龍飛王に料理され、奥にまた濃厚なエキスを吐き出された。
じっくりと内部に味が浸透するように、幾度も竿と頭で捏ねまわし、叩きつける。
鼓翼は淫靡な倒錯に酔いしれながら、龍飛王の植え付けるギフトを歓待した。

龍飛王の顔が、猛攻に喘ぎ卓上に伏せた鼓翼の頬に触れる。
龍飛王の肌は汗ばむほど湿ってはいなかったけれど、涙に濡れた鼓翼に唇を寄せて、慰めた。
鼓翼はそれだけで猛烈に欲情して、自分から下肢を龍飛王にこすりつけた。
虎嘯王が鳳舞王の男性器にするみたいに、何度も、何度も。

欲しいと肉体でおねだりした。

龍飛王は意図を察し※知の王だから※、テーブルの上から鼓翼を引き剥がして脚の裏を後ろから持ち上げた。
背面の駅弁の形になって、野性的な動きで鼓翼の弱い部分を徹底的に貫いて陵辱した。
そのまま予期しないタイミングで中に勢いよく注がれて、鼓翼の目の裏でいくつもの光がチカチカと明滅した。

気を失いかけて、実際に思考が飛んだのだろう。
意識が戻ると前から抱え込まれたまま繋がっていて、龍飛王の掌が背中に回されていることに気がついた。

まだ、したりないのだろうか。
鼓翼も欲しかったけど※そうなんだ!?※、夕食の時刻としては終わりに近い。
かなり長い間セッ伏字だけを家中でしていた気がする。※鳳舞王と虎嘯王のエロ三昧のことを言えなくなってきた※

夜食作るけど、食う?

鼓翼がかすれた声で、挿入したまま自分を抱えている龍飛王に訊いた。
今はリビングのソファの上に移動していたんだけど、龍飛王のアレはまだヤリ足りないみたいで、鼓翼の内壁を味わうように動いてた。

鼓翼は今やめられたら困るって自分で思いながらも、龍飛王の返答を待った。龍飛王を収めた腰を自発的に動かしながら。※エロい※

あと二回おまえの中でイったらな。

龍飛王は野性味のある双眸を細めてそう言った。


ヤリまくりました。
寝室以外の場所で…!
しこたま、鼓翼が本気で泣きだすまで…!
泣いてもやめなかったけどね! ※!※

鼓翼は龍飛王のエロにエロ漬けされて、下の感覚がなくなるまでおかされた。
龍飛王の剛直なエロ根がエロエロでね…鼓翼の中から出たくないっていうから、セッ伏字したまま夜食をもぐもぐした。※鼓翼が龍飛王に食べさせた※

龍飛王は鼓翼から箸でつままれたご飯を丁寧に食してさ、口移しで鼓翼にも分け与えたりして。
鼓翼は龍飛王の淫欲に当てられてるから常識が麻痺しちゃってね。
もっと食べたいか?、って首を傾げて鼓翼が訊いたら※ハアハアしながら※、龍飛王が、おまえも一緒に食いたい、って言うから、うん、って頷いてから恍惚となりながらお腹を揺すって、上の口でも龍飛王に食べさせてあげた。

龍飛王と鼓翼も、鳳虎同様に、どこでも子作りしていい二人になってしまった…!(笑)

あの二人以上にエロ・マニアックになりそうだけど……




一方、その頃の鳳舞王たちは。



虎嘯王は鳳舞王の名を呼んだ。

「愛してる」

夜を徹してえっちして、声が枯れるまで何度でも繰り返させると宣言した通りに、虎嘯王はベッドの上で鳳舞王に真正面から幸されてた。

恋人繋ぎを両手でしてさ、下半身も鳳舞王のナニが挿入されて抜き差しされながら竿で拘束されてるんだけど、虎嘯王は胸を喘がせながら言ってくれてね。

鳳舞王はそんな几帳面な、でも下腹部は鳳舞王のタネを欲しがってエッチに動く虎嘯王にめっちゃ専心しまくって、無限に最大限に腰を入れて泣かせたよね。
虎嘯王のことが好き過ぎて、鳳舞王の技巧が限度なく向上してしまう…! 虎嘯王には気の毒だけど(笑)

また孕まされるんじゃないかって虎嘯王が危惧するくらい鳳舞王のアレも荒ぶってて、リミッターが外れたような盛況ぶりだった。※伏字の大盤振る舞い※

鳳舞王はめっちゃいい顔をしててさ。
よほど苦痛だったんだろうね、龍飛王と同じ場所にいたっていうのは。
その分、解放感がものすごくて、理性を半ば吹っ飛ばして、虎嘯王と愛欲の巣でエロエロ致してた。もはや、エロしかしなくていい世界だった(笑)

回数は、散乱したティッシュの数を数えれば一目瞭然かもしれない。
1日目の滞在先は、鼓翼の店に行くまでの距離にあったので、エロいメニューしかぶっちゃけこなさなくていい。温泉は明日からだし。
だからチェックインして入室するなりセッ伏字を始めてさ…
荷物はフロントに届いていたから運んでもらったんだけど、従業員がいなくなるなり、整理そっちのけで部屋で繋がってバスルームでエロ行為をしまくった挙句、ずっと虎嘯王の上に乗っかってた(笑)

とにかくヤるのが好きなんだ。射伏字したいだけの肉欲のみの行動じゃないから許してほしい…!

虎嘯王から愛の告白が聞こえるたびに鳳舞王の雄の形がぐんぐん変わってね。
虎嘯王の中にこすりつけて、当てて、しごいて、めちゃくちゃいいところを良過ぎる強さと動きで連続して攻めたから、虎嘯王も休みなくイキ続けちゃってね。

もう無理だって虎嘯王がすすり泣くまでヤっちゃった。
夫婦だからいいんだけど。
鳳舞王が虎嘯王の耳元で同じように※愛してるって※囁くと、虎嘯王の内側がぎゅんぎゅんに締め付けてくるから、もはや互いにエンドレスだったのは秘密で…!

ふにゃって気持ち良くなって脱力して虎嘯王を、やっぱり鳳舞王は両腕できちんと抱きしめて、繰り返し唇で肌を愛撫した。
本当に大事な、たったひとつの存在だから。

虎嘯王も鳳舞王の愛を全身で感じて受け止めながら、幸せそうにしていたと思う。



【四人の王】の現代版妄想は、無限のハッピーエンドで締めくくりたいと思います。

龍飛王と鼓翼ももちろん日々エロエロしながら子作りを楽しんだと思うので。


龍飛王が子作りに本気になったらすごそうな気がする。
常に冷めててクールなんだけど、鼓翼がかわいいからね。自分が欲しい時にも、鼓翼が欲しがった時にもたんまりとして、中にいっぱい繰り返し出してあげる…!
鼓翼は実に働き者のお嫁さんです。えっちにも協力的。ほんとは帝なんだけど(笑)


長い期間…4ヶ月くらい?!、怒涛の連続更新にお付き合いくださった方には本当にありがとうございます。
『現代版妄想』は終幕ですが、【本編】の鳳舞王×虎嘯王は、エロコミックにする予定で作成しますので、どうぞよろしくおねがいできましたら幸せです。
本当にありがとうございました…!




鼓翼のお店のカウンターの内側には、虎嘯王と鳳舞王から贈られたフォトフレームが飾ってあって、その中には『中天』に集った王たちが一緒の写真が収められていたりする。

仕事中や準備中に鼓翼はそれを見ては、にっ、て笑ってね。
王たちは三箇所に分かれて写っているんだけど、みんなこっちを見ててね。
もちろん鼓翼も中央の豹變王の隣で写ってる。
※鳳舞王と虎嘯王、豹變王と鼓翼、龍飛王と亀兆王が揃って写ってる※

大好きな人たち※王たち※と過ごせた時間と瞬間は、鼓翼にとってずっと変わらない宝物になった。

そういうシーンがラストです


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:34 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月30日

【四人の王】【妄想】【中天】その50

【四人の王】妄想です。
『現代版妄想』は、さらに正念場へ入ります。
一堂に会する王たち。
本来ならあり得ない※互いが不可侵なので※…とんでもないことなんですけどね…!

DLsiteさんで予告中の2024年1月末新作予定の【裏本・創世の闇】をお気に入りに入れてくださった方にはありがとうございます。実は体調を崩してしまったのですが、何とか復調できそうです。とりあえず、溜めていた更新を!

そしてとうとう、2023年の大晦日が最後の『現代版妄想』(完結)の更新となります…!
よろしくお願いいたします…!!

※読み直しの時間が足りなくて誤字やおかしな言い回しが多々あります…!作品化の際に修正しますのでこのまま載せてしまいます。すみません!※

現代版妄想・50


龍飛王が亀兆王とともに到着したのは、外の雷鳴が間断なく鳴り響いている、いわゆる壮絶な状況だった。
轟音がそこら中に響いて、空気そのものが震え、大きな音が聞こえるたびに確実に近隣にいくつか落雷しているような有様だった。
地鳴りのような震動が延々と続く、めっちゃ荒れた天候だった。※こわい※

うるせーって、豹變王は率直な感想を吐いてからこう言った。

「無粋な雷だなー」

「まったくだ」

間を置かずに虎嘯王が同意した瞬間、雷の音がピタリと止んだ。※二人の王パワー※

鼓翼は、なんでだろ?、って素直に首を傾げた(笑)

で、龍飛王は亀兆王を伴って無言で店に足を踏み入れたよね。
空のことは全然どうでもいいみたいな態度で。

それを見て鼓翼は一瞬、心臓が止まるかと思った。

龍飛王の凄みが倍以上に増してて、あー、本当に鳳舞王との因縁が根深いんだなって思った。

表情の上にものすごく濃くて深い影ができてて、目が尋常じゃなく昏い。
あれで睨まれたが最後、鼓翼はかなしくて俯いてしまうかもしれないとさえ思った。※泣きはしない※

鳳舞王は龍飛王の姿を敢えて振り返らずにいたようだ。
隣の席には虎嘯王がいる。
鳳舞王の手を握っているが※ラブい※、やはりあちらも緊張感が並々ならない。
虎嘯王の横顔はつらっとしているけれど※王だし※、鼓翼はこうした、天地を揺るがす規模の険悪なムードに直面すること自体が生まれて初めてだったので、招待した側であったんだけど、うまく声が出てこなかった。

豹變王がさすがに気づいて、席を立って鼓翼の側に寄る。
無理すんな、と言って慰めてくれるが、客人である豹變王が鼓翼の代理を務めるわけにもいかない。


その重苦しい空気の中で一人、なぜか満面の笑みの人物※王※がいた。



亀兆王は白いスーツに身を包み、艶のある長くて真っ黒な髪を綺麗に結い上げた姿で、花開いたような笑みを浮かべていた。

最初に気づいたのは当然横にいた龍飛王で、少し怪訝な顔をしていたようだ。
鼓翼も後になってから気がついたのだけど。


亀兆王が見ている先にいたのは。


「?」

初め、虎嘯王はなんだか変な顔をした。
ん?、って内心で思ったのかな。
最初は、なんだろな?、って変異に気がついただけだったのかもしれない。

そして虎嘯王がなんとなく辺りを見回した視線の先にある亀兆王の口元の笑みが深くなった瞬間、鼓翼たちは凄いものを見た。

鳳舞王も、ぎょっとしてた。

それくらいの、あり得ない光景だった。


虎嘯王のイケメンすぎるのになぜかかわいい笑顔が全開に…!!!


ええーーーーーっっ

鼓翼は豹變王と仲良く目ん玉を飛び出させた。※なぜかギャグに※


龍飛王はなんとなく理由を察したようだ。※さすが知の王※

鳳舞王は憮然としている。※やきもち※

虎嘯王の邪気のない笑みは崩れない。

亀兆王は虎嘯王に向けて腰の位置で小さく手を振ると、「席に着きましょう」と静かに言って皆を促した。※衝撃のあまりみんな立っちゃってた※
亀兆王は驚愕して目ん玉を丸くしている鼓翼に、贈った花を飾ってくれてありがとう、と、にこやかに招待してくれたお礼を言った。


亀兆王は笑みを治めて龍飛王と同じテーブルに着く。
鼓翼は亀兆王のとりなしのおかげでなんとか人心地ついて、会を始まりを宣言することができた。

おやつ会? 時刻的にはお茶会かな?

その会は、今日は遠路はるばる来てくれてありがとう、と簡単な挨拶から始まった。

そして一人一人の名前を呼んで、お世話になった感謝、育ててくれた感謝、見出してくれた感謝を、それぞれのテーブルの席に着いた者たち※王たち※に贈った。

長話は鼓翼も苦手なので早々に切り上げ、時間もないことだしまずは温かいスープから…ということで皿と鍋を運んで一人ずつに振る舞う。
鼓翼の働きは堂々としていて、いささかも不手際がなかった。
ガチ・モードの鼓翼は、とても中天の帝らしかった。※かっこよかった※



お手製※学んだ!※のパゲットの籠を運んで、ディップの入った食器を置き、一人ひとりに温かい紅茶を注いでいく過程で、亀兆王に、虎嘯王は知り合いなのか?、って鼓翼はお客さんなんだけど、訊いたんだよね。
龍飛王と同じ卓だから、龍飛王にも聞こえていたと思うけど。

亀兆王が言うには、虎嘯王は学生時代、学校は違ったんだけど何度も全国大会※すごい※で顔を合わせているうちに親しくなって、意気投合した仲なのだそうだ。
めっちゃ馬があいまくって、さっきみたいに邪気のない笑顔で常に互いが接するもんだから※仲良し※、毎年大会に同行した虎嘯王の彼女が彼と別れる騒動に発展したという苦労話を語ってくれた。
本当に毎度毎度申し訳なかったと亀兆王が言う様を、龍飛王は結構驚いて内心は聞いていたかもしれない。

虎嘯王と亀兆王は、魂で繋がった親友同士だからね…! ※恋愛関係ではない※

事前に鼓翼が虎嘯王の息子だと知っていたわけではなかったけれど、道理で話しやすかったわけだと亀兆王は言った。
龍飛王が鼓翼を雇う時に履歴書のようなものを見たんだと思うけど※私用の秘書なので※、実際に驚いたそうだ。

そっかぁ…、と納得しつつも、あれだけあからさまな虎嘯王の笑顔はきっと鳳舞王でさえ目にしたことはないんじゃないだろうか。※多分、亀兆王の200%の笑みも龍飛王は初めて見た※
二人には恋愛の感情はまったくないらしいが※ガチの親友※、鳳舞王は大丈夫かな…と思いながら、テーブルを回った。

懸念していた通りではなかったが、鳳舞王は虎嘯王から亀兆王のインターハイでの成績や走りっぷり、トレーニングに対する姿勢や熱意をかなり熱心に説かれていたようで、その口振りから、ただの親しい友人※同好の士※だと悟ったようだ。
たしかに虎嘯王の弁には常ならぬ熱があるけれど、もっとも親しい友人との付き合いは仕事より高尚で貴重であるとはあるとはいえ、それと同じ流れだと鳳舞王は解釈したようだ。

いまだに虎嘯王を口説こうとするらしい豹變王と比べれば、危機感は皆無だったのだろう。
鳳舞王は虎嘯王の熱のこもった陸上関係の話を薄く微笑を浮かべながら聞いていたようだ。そんな姿もかわいい、とか思ったのかもしれない。※あほ!※

険悪な血の繋がらない兄弟の対面は、亀兆王と虎嘯王のふっかい友情話の前に、だいぶ薄まってしまったようだ。

これぞ、友情パワー!!

…なのかな?(笑)

余談になるけど、虎嘯王は短距離とトラック※虎だけに※競技を専攻してて、亀兆王は長距離専門の選手だったらしい。なので、都合がつけば双方が応援にも行っていたみたい。学校とか地域とか、所属は全然違うんだけどね。戦友というよりも、同じ趣味の根っから気の合う同士なんだろう。




鳳舞王と龍飛王はもちろん目を交わさず、話もせず、しんとしていた。

鼓翼は休憩を挟まずに各テーブルを個別にもてなして、予定の時刻になった。
鼓翼は客人全員の分のお土産の焼き菓子を用意していたので、最後にそれを渡してお別れとなった。

鳳舞王と虎嘯王はこのまま宿泊先へ向かうという。※夜には着くので問題はない※
虎嘯王は亀兆王とアドレスのやり取りが終わると※大学以降の連絡先は知らなかったらしい※、すぐに鳳舞王のそばに戻り、そして鼓翼を見た。

立派になったな、と心の底からの祝辞を贈る。
鳳舞王も頷いた。
今日の働きぶりだけを見ても十分にやれているが、これからも鼓翼の精進は続くのだろう。
体に気をつけて過ごすんだぞ、と言ってくれた。

で、豹變王に後ろから抱きつかれて、虎嘯王の眉間のしわが深くなった(笑)

鳳舞王が眼をすがめたので、豹變王は一応は虎嘯王から離れてやった。
鼓翼はそんな3人のやり取りに苦笑するしかなかったが。

豹變王もこのまま家に帰るのだという。
虎嘯王の顔を生で見れて声も聞けて満足したようだ。
二言三言話をして、そのまま別れた。

亀兆王も時間的にはまだ夕刻なのだが、暗くなったので家路に着くことに。
次回はしっかりとお金を払って食事をすると鼓翼に告げて、そしてお祝いを述べた。
お店を一人で切り盛りする鼓翼を補佐する立場であるのは今後も変わらないけれど、一人前になったことを亀兆王は丁寧な言葉で祝ってくれた。

龍飛王に簡単に声をかけて亀兆王が退出すると、店の中は龍飛王と鼓翼の二人だけになった。


後片付けが残っているので、同じマンションにある自宅に帰るのはもう少し遅くなる。
龍飛王は、ここで待つ、と言って、店内の壁際の椅子に腰掛けた。
鼓翼は、龍飛王の側へ寄って、今日はありがとうな、と言った。

なぜだ?、と問うように、龍飛王が鼓翼を目線だけで見上げる。

「ちゃんと来てくれたからさ」

招かれたからだ、と龍飛王は端的に言ったと思う。
でも、おまえの要請でなければ来なかった、とも告げた。
他ならない鼓翼の頼みだったからだと。

鳳舞王との因縁は無くならない。
同じ空間にいたことすら、苦痛以外の何ものでもなかったはずだ。※傍らには中和剤の亀兆王がいたけども※
けれど、龍飛王は鼓翼のためだから我慢した。

というか、もう、鼓翼がいればどうだっていいとすら思ったのかもしれない。
それは紛れもなく、鳳舞王も※虎嘯王がいれば※だったのだけれど。

必要なものを、欲したもの、手に入れたから。
あとは手放すことなく繋ぎ止めておきさえすれば、あらゆる苦痛も見逃すことができる。
至福がおそらく、ここにあるのだと。※鼓翼なのだと※


鼓翼はめっちゃ照れた。照れて、でも、嬉しかったから、龍飛王の冷たい頭を胸に抱いた。
龍飛王は不快感を示すように眉をひそめたけれど、それこそが龍飛王のはにかむ顔だったのかもしれない。氷のように無表情ではあるんだけどね。



鳳舞王も虎嘯王と交通機関に乗って移動中でさ。

虎嘯王は鼓翼の話を少ししてから、鳳舞王の肩に体を預けるようにして、幸せだなって思ったのかも。
鼓翼が一人前になって、好きな相手と一緒に暮らして、人生※帝だけど※の目標も持って前へ進んでいる。
そのことが虎嘯王にとっての幸せだったんだと思う。
それを与えてくれたのは、鳳舞王なんだってわかってるから、虎嘯王は二人きりでいる時みたいに、鳳舞王の顔をきちんと見てから、「愛してる」※ラブい!※って言ったよね。

人前なんですけど!?

まあいいか、ってことで、鳳舞王も虎嘯王のラブラブ・モードで結構気持ちに火がついちゃって、虎嘯王の頬を指先で何度も撫でて、今夜もベッドの上で今と同じセリフを何十回も言わせるから、みたいなことを平然と言っちゃう。

あほっプル!!!

今夜はどこのカップルもアツアツですよ…!!!


ちなみに、鼓翼のお店の名前は『中天』。
伝説の王たちが一堂に会した奇跡の場所となった。


【本編】では四方の土地の代理とかばかりだったんだけどね…中天の、鼓翼の元に集まったのは。羽しゅうとか豹文とかヒビとか。
それが『現代版妄想』では鼓翼の召集で伝説の王たちが集まってお茶した(笑)という、後世に語り継がれるような光景を繰り広げたというお話でした。
語り継がれないけどね!


現代版妄想でえがくことができた鼓翼は、中天の王で、すべての王たちの上に立つ※王たちを凌ぐ※存在の帝だけど、普通の子なんです、という話だったのかも。

優秀ではあるし、有能ではあるのだけど、心はとても自由で、でも野心もあって、努力もする。
良い主君だったようです。
面倒見が意外といいところが人徳※王徳※なのかなぁ。



てことで、もうちょっとだけつづく…!

エロを書きたいので…!

明日の大晦日の朝の更新が、正真正銘の『現代版妄想』のラストです。


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:20 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月29日

【四人の王】【妄想】【会】その49

【四人の王】妄想です。
『現代版妄想』は、いよいよ佳境へ…!

DLsiteさんで本日、龍飛王×鼓翼編を作品化した裏本のファイナルとなる『【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜』の予告を掲載していただきました…!ただいま公開中です…!
https://www.dlsite.com/bl/announce/=/product_id/RJ01136619.html
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
体験版ムービーも、カラー絵が完成し次第、公開させていただきます…!
年末年始のDLsiteさんのお休みを挟みますので、しばらくお待ちください…!


現代版妄想・49


ドアを開けるなり、とんでもないイケメンが白い歯を見せて会心の笑みを浮かべていたので、鼓翼はビビった(笑)

一番目に到着したのは、やはり豹變王で、鼓翼のために駆けつけてくれたことは一目瞭然だった。
正装して、しかも髪も眉も何もかもがきっちりと整ってて決まりすぎている。
どこかの結婚式場から抜け出した新郎かな?、と誤解されても良いくらいの男振りだったが、相手がいないのでなんだか気の毒になりつつ。※つらい※
それでも鼓翼は度肝を抜かされたので、豹變王にとってはそれで及第点を取ったようなものだろう。

本当は花でも買おうと思ったが、どうせお祝いで龍飛王の関係各社から生花を大量に受け取ることになるだろうと踏んで、豹變王は鼓翼が店や私生活で使えないかと何点かエプロンを選んで買ったらしく、綺麗にラッピングしてもらった箱を手渡した。
かなり吟味したようで、ブランドものではなく、デザインの良い、凝りすぎていない実用的なものらしい。
その、変に気取っていないところが豹變王らしいなと思いながら、鼓翼は素直に厚意を受け止めた。

早速、豹變王を席に案内する。
豹變王の席はカウンター席で、鼓翼が料理する姿がちょうどよく見える特等席だ。
鼓翼は豹變王がプレゼントしてくれたエプロンをすぐに身につけたので、贈り主を大層喜ばせた。

豹變王は余計なことはせず、招かれた客として席に座っていた。
邪魔にならぬよう、スマホの電源を切ろうとしたようだがどうやらそこに着信があったようだ。
虎嘯王たちが今こちらに向かっていると告げる。

鼓翼はギリギリまで料理等の準備をしていたので、鳳舞王たちの連絡に気づかなかったようだ。

時間的にディナーではないので軽食にしたのだが、それでも鼓翼はみんなのために手間をかけたかった。
出すものはパンとシチューとお菓子とお茶だけだけれど、すべて手作りしたし、具材も思案した末にたくさん使った。創作料理に近いけれど、多国籍でもある。
量が少ない分、アイディアを総動員した。
食器も凝った。客毎に合わせて選んだし、テーブル・コーディネートもフラワー・アレンジメントもめっちゃ勉強した。
鼓翼は本当に努力の王だった(笑)


「あんまり気を張らなくていいんだぜ…?」

豹變王は鼓翼の頑張りを労ったが、鼓翼はこれは自分がしたいと望んだことだから、と言った。
カウンター席の前は調理できる場になっている。
厨房や冷蔵庫は裏にあるが、目の前で作りたてを提供できるようにしてある。
コースをすべて自身一人で作り上げるので※お菓子は事前に作って冷やしておくけど※、めっちゃ忙しい。給仕を雇うことも考えたけれど、大勢の客を相手にするわけではないのでまだ具体的には考えていない。
とにかくゆったりとした時間を、この隠れ家のような場所で過ごしてほしかった。

鼓翼には言っていないけれど、豹變王は前以て虎嘯王から鳳舞王と龍飛王の因縁については聞かされていたようで、聞くなり、うへえ、と感想を漏らしていたりした。※叔父×甥にもびっくりした※
あの変わり者にしてあの兄弟ありかよ、とは、本音をぶっちゃけたので虎嘯王は怒りはしなかったけど、豹變王の正直な反応には苦笑を浮かべていたようだ。

ということなので、両者が険悪なムードになった場合は頼むぞ、とは虎嘯王から言われていた(笑)
突然修羅場に遭遇しても狼狽えるなよ、という意味で。
まあ、そんなものを目の当たりにしたところで豹變王が真っ青になるわけがないと分かった上での言だったが。※飄々としているので豹變王自体が物事にあんまり動じない※

ただ、豹變王が来た時には天気は良かったのだけれど、暫くしてから空模様が大分怪しくなってきた。
こりゃ、なんか来るなぁ、って、豹變王は思ったけど言わなかった。※中央の王の勘※


冬至は過ぎているけれど、空が少し薄暗くなってきた頃に、鳳舞王たちが到着した。
空港から直接出向いたようだが、手荷物はホテルへ先に送り届けていたようだ。

鳳舞王が着くなり、突如として日が差して、あー、南の王だからな、と思ったのは豹變王くらいだったのでは。※豹變王には記憶があるんだ?※
南の王は晴れ男だし。

冬だし、時刻的に日は傾いているんだけど、陽の光で、ぱあっと店の中まで明るくなった気がした。
鳳舞王はマフラーをコートの中に付けてて、でも着膨れしないで、すごくシュッとした見た目だった。
久しぶりに生で見たけど、やっぱり存在感というかオーラがすごい。外見は全然飛び抜けたところはないのに、細身なのに貫禄がある。
全体的なバランス力が、男振りがいい豹變王にまさっている、とまで思わしめる姿態が、めっちゃインパクトがあって凄かった。

隣にいる虎嘯王※手を繋いでた(笑)※はこどもを産んだ後でも前でも見るからにキリッとした目鼻立ちが特に優れた美男子だし、うちの両親は二人が一緒にいるとやたらと目立つなぁ…、と鼓翼は改めて思った。
実際に空気が一段も二段も華やぐんだろうね。
豹變王は一人でも世界を作るけど、鳳舞王と虎嘯王は南の王と西の王で互いに不可侵のはずなのに、めっちゃ双方が成り立っている感じなんだと思う。
好き合っているからこそ両雄並び立っているんだろうけど。※要するに、別々でありながら和合している。エッチ的な意味でも※

虎嘯王は鳳舞王と二人で並んで、招いてくれた鼓翼に挨拶をしてから、お祝いの品を渡した。
中身は写真を入れるフレームらしく、今時珍しいアナログのものだ。
邪魔にならないようにと、やはり華美でも大きすぎるものでもない、けれど抜群にセンスの良いものを選んだようだ。※案は虎嘯王で見立ては鳳舞王かも※
店に飾るような絵画とか置物とか花瓶とか皿じゃないのが、本当に鼓翼のことを思って選んでくれた、身内からのプレゼントのような気がした。

店を眺めてから鳳舞王は鼓翼に、望むようにやれ、と言った。
それだけだった。
その一言で、みんな認めて全部許してもらったんだと鼓翼は解釈した。
龍飛王のことも訊きたかったけれど、鳳舞王から先手を制された形になる。
虎嘯王がうまく取り持ってくれたのかな※エロでね!※と想像すると、鼓翼は虎嘯王に感謝しなくちゃな、って思った。

虎嘯王は鳳舞王の隣で少し穏やかに目を細めてたんだけど、豹變王が自分に向けてウィンクをしているのを見つけて瞑目した(笑)
豹變王、虎嘯王へのアプローチが露骨すぎる…!
鳳舞王は虎嘯王の肩をぎゅっと抱き寄せて※牽制※、用意された西側の窓際の席についた。

一応、鳳舞王たちが食事をする位置は龍飛王たちとは真逆で、豹變王のいる中央のカウンター席を挟んで、西と東に分けることにした。
会食ではないし、全員が同じテーブルにつく必要がないからだ。
椅子の位置も客の目線が合わないよう配慮している。※3組を別個のお客として配置した※


やがて、雲が増え、空が黒ずんで、寒雷の音が店の中にも聞こえるくらいになった。

雪も雨も降らず、雷だけが徐々にこちらに近づきながら激しく鳴っていた。
何かが近づいてくることを示唆するように。


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:11 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月28日

【四人の王】【妄想】【会話】その48

【四人の王】妄想です。
中天の王が世界を平定する日も近そうです…!(笑)

明日DLsiteさんで裏本のファイナルとなる【裏本・創始の闇】の予告が開始されます。カラー絵が間に合いませんでしたので、年始にかけて描きあげられれば。テキストの本文はおそらく200ページほどになると思います。価格は税抜きで200円にする予定です。
よろしくお願いいたします…!


現代版妄想・48


龍飛王は仕事から帰宅して鼓翼が作るご飯を食べた。

鼓翼は先に食事を済ませていることもあれば、龍飛王と一緒に夕食を摂ることもある。
そこはケース・バイ・ケースで、日々対応しているという具合だ。

龍飛王が食べ終わった頃合いを見計らって、鼓翼は言った。
虎嘯王から聞いたまんまのことを。

俺の叔父だっていうのは本当か?、って。

そうだ、って、出会った時と寸分違わぬ声のトーンで龍飛王は返した。
冷たいようにも聞こえるし、鼓翼の言わんとしていることを全部含んで肯定しているようでもあった。

端的な応答には、それが何か問題があるのか?、と言わんばかりの強さがあった。

鳳舞王の子だとわかって手を出したのか?
形式上は甥なのに、体の関係を迫ったのか?
手篭めにして繋がろうと考えたのか?

すべて、龍飛王にとってはそう※首肯※なんだろう。

でも、鼓翼は思ったんだよね。
そこに迷いはなかったのか?、って。

鳳舞王とは犬猿の仲らしいし、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとは思わなかったんだろうか。

龍飛王は鼓翼を見た。
さっきから視線はずっとこちらに向いていたけれど、意思を持って鼓翼の双眸を見つめてきた。

冷たい瞳は、なぜだ?、と問うているようで、鼓翼はなんかそれだけで、龍飛王がいとしいなって思った。

完全に鳳舞王とは別物であると認識…確定したからこそ、龍飛王は鼓翼に興味を抱いたんだと感じたからだ。

好きになったから※龍飛王に心はないが※受け入れたのではなく、鼓翼の中に鳳舞王に直結するものが何もないと感じたから惹かれたのだと。

亀兆王が鼓翼を手放しで褒めたことも理由としてはある。
きっかけだったと言ってもいい。
けれど、龍飛王は鼓翼の中に、今も昔も毛嫌いする要素を微塵も見つけることができなかった。
だから傾いたのだと。
執着は、鼓翼というまぎれもないひとつの個に対して覚えたのだと、龍飛王は言っているのだろう。

鼓翼はそれがわかって、なんかとてつもなく嬉しかったし、龍飛王のある種の慧眼というか一途さを好もしいと思ったし、そして同時に最大限に照れた(笑)
そんなに自らを過大評価してくれた相手は、これまでに居なかったから。


もう、しょうがないなぁ。
一生面倒みるしかないなぁ。
…ここまで自分に惚れてくれたのなら、って、鼓翼は思った。※ヒビに対しての思いと同じ※


鼓翼は龍飛王の膝の上に乗ってさ。

自分はすげーわがままだから、って言った。

「店のオープン祝いに、好きな奴を全員招待した」

もちろん、龍飛王も。

家族の鳳舞王たちも招待した。
会ってくれるか?、って訊いた。

龍飛王は昏く鋭く怜悧な眼で鼓翼を見た。
けれど、鼓翼はそこに憎しみを感じなかった。
龍飛王が宿した憎悪は、鼓翼に向けたものではないことを正確に理解していたから。

俺はわがままだから、と鼓翼ははっきりと言ったし、龍飛王もそこを踏まえて言葉を聞いたはずだ。

龍飛王は膝の上にちょこんと乗っかった鼓翼の体に手を回して、でも答えることはしなかった。

それでも鼓翼の全身を両腕ですくい上げて、胸元に少しだけ、形の良い頭を預けた。




中天の王はわがままでした…!!(笑)

野心があるって自覚してるからね、鼓翼は。
龍飛王も鼓翼の向上心を見抜いているから好いたんだし。

鳳舞王と虎嘯王にはないものだったりする。生まれながらの王にはそもそも設定されていないのかも。

太陸の安定を願った人々によって中天の王…帝が望まれたのだとしたら、野心があること※統一の※こそが絶対に不可欠な要素だったのかもしれない。
要するに始皇帝が英雄と言われたようなものだと個人的には解釈してます。※実際は有能な部分もありつつひどかったらしい部分もあるけれど…※

鼓翼は四人の王とは違ってて※出生を含めて※、そして並び立つ者がいない唯一の存在※帝※である、というのは、そうした気持ちの上の素質からして違っていたからではと思ったり。
伝承なので、後世の人たちが望んだ理想の支配者の姿を模しているのかも、と考えた感じでした。

四人の王プラス鼓翼周辺は、本当に不思議なお話。
彼らが伝説の存在だったと理解して動かしているとはいえ、なんでか辻褄が合っているような変な感覚に包まれます。
物語的に作られている設定ではあるんですけどね…!
世界の発展を話にした場合、伝説としては後続の方が大概優秀だという設定になるし…という、色んな考察が捗ります。


てことで、どうやら役者は揃いそう!?


つづくぅ!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:04 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月27日

【四人の王】【妄想】【家族】その47

【四人の王】妄想です。
虎嘯王はやっぱり主役を張れるくらいの影響力を持っているのかなぁと思いつつ。
太陸本義で一番人気の王だという肩書きは伊達じゃないのかもです。

大晦日に最終話を更新できそうで、ただ今整えてます。裏本用のカラー絵も描かないと…!
めっちゃ慌ててます…!


現代版妄想・47


虎嘯王の表は微動だにしなかった。

鳳舞王がこれほど明らかな嫌悪感※正確には龍飛王の名前そのものに向けたもの※を向けられたことはなかったけれど、それは自身に対するものではないと理解していたからだ。

特段、虎嘯王は鼓翼と暮らしている龍飛王と仲良くしてくれとも、仲直りしてくれとも言っていない。
ただ、鼓翼に会ってほしい、鼓翼の店を見に行ってほしいと望んでいるだけだ。
だから鳳舞王にいやなことを要求しているつもりはなかった。

龍飛王の存在そのものを毛嫌いしている、もしくは否定しているような鳳舞王の気持ちは虎嘯王にはわからない。
なんとなく、といって、中途半端に理解しようとする振りもしない。※潔い※

個性の合う合わないはある。
無理矢理それを理論的にねじ伏せて大人ぶった対応ができるのであれば、虎嘯王に言われるまでもなく、鳳舞王ならすでに実行していると考えたからだ。
しかし、それをできないでいる、あるいは、できないと決めているのであれば、虎嘯王は鳳舞王の意思に従う。なによりも大事な相手だから。

鳳舞王の身内については、鼓翼を妊娠中に海外へ渡航してから聞かされた。
鼓翼を身籠ることで正式に結婚※!※したんだし、話しておかねばならないと鳳舞王が思ったからだ。

もしかすると今後、避けていたものと鉢合わせになるかもしれない。
その時の自らの動揺というか憎しみを、虎嘯王はストレートに受け止められないだろうと思ったからだ。
理由や根拠は言わなかった。※創始の話だし説明しようがない※

ただ、奴には近づくなと。
虎嘯王を護る意味で、鳳舞王はそう告げた。

龍飛王は害をばら撒く王ではないけれど、奴に関わるとろくなことがない※実際に本編では虎嘯王は死にかけた※、と鳳舞王は断言した。
能ある存在でなければ、あいつは扱えないと。

虎嘯王はおそらく、王の中で最も下心や野心がなかったのかもしれない。単純で一本だけの、※西の地を守るという※志を持っていただけで。

大志を持っているだけ、というのは、一見無邪気とも言えるし、おさないとも言えるし、純粋だとも言える。※大志であるかどうかの判断も人それぞれだし※
それを※能力を持ちながら※無能だと断じるのが、知の王である龍飛王だった。

志もあり、実行力もあるけど、知性がそこに付随していないから、という理由なのかな。
なので、龍飛王は虎嘯王を侮っているというか、評価はしてなかったよね。西の王としての実力以外では。実力以上の評価をしなかったというか…

鳳舞王は虎嘯王の一途さや純朴さを愛でているが、奴は違うと。
だから決して関わるなと鳳舞王は言った。

虎嘯王は大概自分も舐められているな、とは思ったけど、頭が良すぎる存在から見れば、その程度なんだろうとも冷淡に解釈していた。
鳳舞王の発言に対して、いいや、それは違うと反論しようとも思わない。特に熱く議論しようとも思わない。
そこが虎嘯王のおかしなところなんだけど。※天然?※

論議する以前に、鳳舞王には思うところ…明らかにして唯一の根拠があるんだろうと解釈した。

…やっぱりあほなのかも(笑)


でも、虎嘯王は言ったよね。

「家族だ」

鼓翼は鳳舞王と自分の仔で、家族なんだぞ、って。

それを、その子が独り立ちした店を見に行って、会いに行って、祝ってやらないのかって。

息子の招きを拒否するのかって。


虎嘯王は最初の一言だけしか口にしなかったけど、そこには物言わぬ言があったよね。
鳳舞王は虎嘯王を体を通して、心も性格も精神も肉体も何もかも全部を愛して※ラブい※いたからこそ、わかったよね。
虎嘯王の真っ直ぐさというか、一本気なところ※実際はそうでもない。気まぐれにゃんこだし※を好もしいと思っているからこそ、鳳舞王にはその真意が伝わった。

鳳舞王は、隣でじっと見つめてくる虎嘯王の無垢な金色の双眸を振り返った。
やっとこっちを見てくれた、って、虎嘯王は思った。
深刻に昏く沈んで、龍飛王への憎しみだけの感情を浮かべた鳳舞王が、虎嘯王と目線を合わせて、少し目を細めたことを
知覚する。

心の底から大切なものを見るような視線に、虎嘯王は表情を変えなかったけど※虎親だから※、どきりとした。

鳳舞王は本当に虎嘯王のことが好き過ぎる王で、今も本当ならかわいいことを言う相手を押し倒してにゃんにゃんしたかったけど※おい!※、その目つきは「おまえだけしか要らない」って言っている風だった。
それはそのまんま事実だけど(笑)

そのたったひとつ、渇望した存在である虎嘯王が、『家族だ』と言った鼓翼。



鳳舞王は虎嘯王の頬に優しく指先で触れて、その唇にそっとキスをした。




で、その場で※ソファの上で※ご飯を待たずに虎嘯王を押し倒して下を脱がせて致したと!(笑)


虎嘯王 「(なんで!???)」

鳳舞王に下だけ脱がされて靴下だけ残したまま挿入されながら、心の中でツッコむ虎嘯王…!
そりゃあもう、虎嘯王がかわいいことを言うからですわ!!!

鳳舞王に孕まされちゃった仔なんですよ、鼓翼は!、って(笑)
そうだね、たしかに真実だね!
ああ、もう、かわいいか!!※なぜ※

でも、鳳舞王のテクでエロエロになって結局は虎嘯王からも欲しがっちゃって色んな角度から種付けされた、四六時中熱愛夫婦でした(笑)


あほっプルは、いつでも平和で、永遠にえっちです…!


つづくぅ!!


…龍飛王が虎嘯王を侮っている理由をさらに深く掘り下げると、大志があっても知がなければ意味がないと考えているからだと思う。

志と力だけじゃ乱世は生き延びれても治世には程遠い。※要するに無能※
龍飛王が虎嘯王を気に入らないというか軽んじているのは、そうした道理があったからだったりしたのでは。

ただ、虎嘯王の足りない部分は協力者がいれば補えることで、実際に虎嘯王は人徳というか王徳があって人気があったから賄えそうなんだけどね。
知の王である龍飛王は、虎嘯王そのものは…そのもの自体は認めていなかったのかもしれない。人気に嫉妬していたわけでもなくて、全ては龍飛王自身の見識と見解なんだろうと思う。

虎嘯王はそういうことは気にしない。※あほの子?※
鳳舞王はそんな虎嘯王が好き。※恋しちゃってる創世の王※

…鳳虎は、頭のいい※良すぎる※龍飛王とは相容れないカップルなんだろうな、という感じです。

見識からして合わないんだから、しょがないー(笑)


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 12:57 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【真実】その46

【四人の王】妄想です。
事実を知らされる、鼓翼…!

現代版妄想をラストまで書き終えましたので(大筋だけですが)2023年以内に無事に完結できそうです…!
2024年1月末頃に、龍飛王×鼓翼編を作品化して販売開始予定です。
2023年12月29日(マイバースデー)に裏本ファイナルの予告をDLsiteさんに掲載していただきます。
お楽しみに…!…というか、龍飛王×鼓翼のカラー絵を描かなきゃ!
ということで、お正月休みはございません…! 確定申告も控えているし…
最後までがんばります…!


現代版妄想・46


叔父って、あの??
血縁関係のある、おじってこと??


普段は冷静なはずの鼓翼がかなりの衝撃を受けたことを画面の乱れから察した虎嘯王は、敢えて淡々と事実だけを伝えた。


龍飛王は鳳舞王の双子の兄弟ではあるが、血の繋がりはないと。
血縁のない赤の他人だが、形式上は兄弟で、二人は互いに反目し合っていると。

血の繋がりはないという説明に鼓翼はほっと胸を撫で下ろしつつ、虎嘯王がおそらく慎重に言葉を選んでいることをその口振りから察した。

どう言い表せばいいんだろうと思案した末の表現だったのかもしれない。
双子…兄弟ではあるが、遺伝子上、重なる部分はない、と。※それもすごい※

もともと同じものだったし※本編の【四人の王】では※、世界ができる前の一番最初の※創始の※存在なので、喩えられるものも比較するものもない。

なので厳密に、正確に言えば、龍飛王と鼓翼は、叔父と甥の関係ではない、と。

それよりも、龍飛王と鳳舞王がお互いをきらい合っているという事実の方が問題だったらしい。


鼓翼は、龍飛王は予め真実を…鼓翼が鳳舞王の子であることを知っていたんじゃないかと思った。何でも知ってる知の王だし。
でも、甥だから気にかけたわけではないとも理解していた。※龍飛王はそんな生易しいタイプではない※

そもそもほんとうに龍飛王は本能と知性のみで存在しているようなものだったから、本人に問うたところで、だから※叔父と甥だから※どうした、と言いそうな気がする。

龍飛王にとって自身との関係性※血の繋がりのない親戚※は瑣末なことというよりも、鼓翼に執心した理由はそんなものにはない※そんなところにはない※、と断言したと思う。

心底から欲したから手を伸ばしただけで、気が傾いた根拠は、鼓翼自らの質にあると龍飛王は答えたと思う。

実際に手腕と頭の中身とその心の向きを見て、龍飛王は鼓翼に価値を見出したんだし。
好きじゃない鳳舞王※と虎嘯王※の影が少しでも鼓翼の中にあったのだとしたら、初めから、うわ、って思ったと思うし。

だから、鼓翼は最初はびっくりしたけど、虎嘯王の言い方にすごく納得することができた。

問題はそこ※肉親関係※じゃない。
あの兄弟の仲が、最悪にわるいことだと(笑)


「……わかった」

鼓翼は、虎嘯王の説明を正しく理解した上で、中天の王として覚悟を決めた。





虎嘯王は鼓翼との通話を終えて、リビングに戻ったよね。
そこには鳳舞王がいて、食前のお茶を飲んでた。
ご飯はもうできているから食べるだけなんだけど。

虎嘯王は鳳舞王が座っているソファの横にピタリとくっついて腰掛けた。

鳳舞王は虎嘯王のこの様子は、鼓翼との電話でなにか相談事をされたからだろうとすぐに察した。

長年付き合いのある夫婦だし。
鼓翼を産んでどれだけエロかっこよくなっても、虎嘯王はいつまで経っても鳳舞王にとってはかわいいにゃんこだし(笑)

今の鼓翼のそばには、龍飛王がいる。

つまりは、そういうことだろう。

会う気はないって、鳳舞王は虎嘯王からの発言を待たずに、言葉でも意思でも態度でもきっぱりと拒絶した。
虎嘯王も鳳舞王が聡いことを知っていたので、正面を向いたまま何も言わない。

でも、鼓翼の店に招待された、と告げた。
正式な開店の前に、自ら料理を振る舞いたいと。

虎嘯王の望みは、鼓翼の立っての頼みを、気持ちを、汲んでやること。
だから。

「俺と会いに行ってくれ」

鼓翼に。

鳳舞王としては珍しく、苦々しい面持ちで眼をしかめた。


虎嘯王の前で気分を害することはほぼない※皆無※だけに、虎嘯王もマジ・モードで鳳舞王に接さざるを得ないというか。

どうなっちゃうんだ…!
因縁しかない(笑)兄弟の対面は実現するのか!?

…と、一人でドキドキしながら、つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:09 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月26日

【四人の王】【妄想】【宿願】その45

【四人の王】妄想です。
最近仲の良い虎の親子です…!
ほほえましいというか、虎嘯王は本当に本編の『四人の王』では親だったので…と思いつつ二人のやり取りの光景を想像しながら書きました。


現代版妄想・45


入国初日の昼から夕方にかけて、是非食事をご馳走したいと。
鼓翼は満を持して、虎嘯王に連絡を入れた。

鳳舞王に直接頼むことも考えた。
けれど自分の今の状況の仔細について虎嘯王に早く知らせたかったし、もしかすると良い案を提示してくれるかもしれないという淡い期待もあった。

豹變王にはすでに声をかけて、出席するとの返事を得ている。
年末の忙しい時期だと思ったけれど、鼓翼が希望した日時であれば恋人たちのイベントも済んだ後だし※豹變王は永遠のフリーマンだけど※、中途半端な日だからいいぜ、と言ってくれた。
快諾というほど即決ではなかったのは、豹變王にも思うところがあったのだろう。
来国する虎嘯王たちも同席することは告げてある。
実現すればの話だが。


鼓翼が請け負う店のオープン・イベントというには少し早いけれど、どうしても鼓翼はこれまでお世話になった人たち※王だけど※に手料理を振る舞いたかった。
これまで自身が学んで身につけた技術を披露したかったのも理由としてあるし、成長に関わってくれた恩を返す意味もある。

亀兆王にも声をかけた。
もちろん、店のオーナーである龍飛王にも来てもらう。※仕事はその日もあったけれど※
亀兆王には、何がなんでも龍飛王を予定の時刻に間に合わせてくれと頼み込んだ(笑)

あとは、両親を招くことに成功すれば、鼓翼の宿願※そこまで大きくはないけど※を果たすことができる。

鼓翼が切り盛りするお店※龍飛王が持ち主だけど※で、伝説上のすべての王が一堂に会するかも!?、という、ものすごい場面が現代版妄想で初めて実現するかもしれない。

それもこれも、全ては虎嘯王次第だが…!


「わかった」

本当に!?、って、鼓翼は思わず聞き返したかったよね。
何の質問も懸念もなく、西の王はその名に恥じず、堂々とした態度で言うんだもん。

鳳舞王は豹變王と仲が良くない※虎嘯王を奪い合った仲だし※のでは?、って真っ先にそのことが鼓翼の心配事としてあったから。

「おまえの店に招かれたんだ」

わが子の招きに応じない親はいないだろう、って、すごく虎親っぽいことを言った。


…虎嘯王は本編の【四人の王】では息子と娘を持っていたからね…。血の繋がりは本来はない、力の発現としての眷族ではあるけど…
いい父親だったんだなと思いつつ、虎親の虎嘯王を書きながら眺めてます。
現代版妄想の虎嘯王は、鼓翼ひとりだけの親だけど。
本編で息子のこうかやしんとうにとっては誇るべき父だったんだろうなと思うと、何だかしんみりしてしまう。
その後、鳳舞王に鼓翼を見事に孕まされたけど(笑)
それは本編でのことなので、という余談でした…! ※詳しくは【裏本・創世】に書いてあります!※
話を戻します!


鳳舞王のことは任せておけと、虎嘯王はすごく神妙で、でも少し嬉しそうな顔をして言った。

鼓翼は龍飛王を好きになってからというもの、実は虎嘯王のことを何度も見直していたりした。
無口で真面目な虎嘯王のことは、最初は苦手だったんだけど。

家族の前でもオープンだった二人のエロに関しては見習えないけれど(笑)、子を思う親としてすごく頼りになると感じたからだ。
親は子の味方なんだ、っていうのが、言葉や態度からも伝わってくる。

しかし、鼓翼の嬉しそうな顔は長続きしなかった。
虎嘯王がつと、その表情を引き締めたからだ。

マジ・モードだって気づいて、鼓翼は反射的に怪訝な顔になる。
虎嘯王が説教モードになった時は、かなり警戒しなければならないからだ。※虎嘯王が生真面目な性格ゆえに※

「隠していても仕方がないことなので言うが」

前以ておまえには伝えておく、と虎嘯王としては珍しく、回りくどい言い方をした。

鼓翼は、なんだろう?、と内心で首をかしげる。
ストレートに物言わぬ虎嘯王など、生まれて初めて見たからだ。

「おまえが付き合っている相手のことだ」

「…………」

虎嘯王は云い澱まなかったよね。勇武の王だし。

なので、はっきりと端的に鼓翼に告げた。


龍飛王はおまえの叔父だと。



鼓翼は思わず持っていた端末を床に落とした。



つづくぅ!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 12:14 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【お店】その44

【四人の王】妄想です。
いよいよ、ラストに向けて走ります…!
【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜』や『【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜』を買ってくださった方には本当にありがとうです!
現代版妄想は年内にラストまで走りきれそうです…!


現代版妄想・44


内装工事はあらかた済んで※すごく丁寧に仕上げてもらった※、鼓翼は自身の店の開店を年明けに決めた。
オープンする時期はもっと早くても良かったのだけれど、まず何よりも先にお世話になっている身内を招待したかったからだ。

持ち主である龍飛王は鼓翼に任せる店は一般客を取らずに、海外からの予約客のみに的を絞れと言った。
その方が※外貨の変動はあるけども※確実に利益が得られるし、龍飛王自身の伝手が色々あるという。むしろ、引く手数多の龍飛王はあらゆる関係者から、招待しろとか実際に会って話をさせろとか常に要請されていたのかもしれない。※出張はあんまり好きじゃないみたい※

龍飛王の仕事相手を客として商売をすること自体に不満はない。一般向けではない上等なサービスを要求されるのだろうが、鼓翼はその方がやり甲斐があると感じた。※甘えはない※

将来的に店を鼓翼に譲る形で任せるみたいなことを亀兆王から事前に聞かされていたけれど、鼓翼は龍飛王に直接やめてくれと進言した。
断った理由もちゃんと伝えた。
互いの絆のような、二人の店にしたいからだと。

龍飛王の家のことも、鼓翼が店に出て働くようになれば頻繁に両立はできなくなるだろうし、もしかすると週に何度かハウス・キーパーを依頼することになるかもしれない。
なので、そちらの雇用※おうちのお仕事※は今後辞退することにして、それでも一緒に何かをしたいと鼓翼は考えた。

これからは夫婦に…というか、真っ当な※!※内縁の妻になるのは確かだけれど、お店だけは二人の力でやって行きたいと鼓翼は願った。

龍飛王はうちの大きなものの※大体がでかいが※洗濯や掃除は今までも業者に頼んでいるし※その方が雇用を生めるし※、それで構わないと言った。

店を二人で、という願いも、鼓翼の初めてのわがままなので許諾した。※結局は気に入った者に弱い龍飛王(笑)※

鼓翼は龍飛王との関係をこれまで通り続けられることにホッとして、思わず破顔した。
龍飛王はそんな鼓翼を見て、ちょっと眉を下げたかもしれない。
おさないな、と思ったのか、関係性が絶たれても捨てるわけがないだろうと思ったのかは謎だけど。

龍飛王は店の権利その他を鼓翼に譲っても、ずっと鼓翼を抱き続けると思うよ。
それこそ、どんな手段を使っても(笑)


店の経営は、鼓翼と龍飛王。
出資者は龍飛王。
シェフは鼓翼一人。
店のお手伝いは、たまに誰かに依頼するかもしれない。

お酒に関しての知識は得たけれど、龍飛王の方が多岐の分野※世界の新旧のお酒を知っている※に精通している理由から、コースに合わせる時は頼もうと鼓翼は考えていた。
もちろん頼りきりにならないようにするつもりだが、龍飛王はなんか、酔わないくせにお酒が好きなんだよね。お神酒が元々好きなのかね。
知の王というだけはあって、酩酊しないからこそ飲むのかもしれない。
でも深酒をせずに、香りや舌触りを味わう形の、飲酒というよりも龍飛王にとっては利き酒や料理の一つ※一品※という感覚に近かったのかもしれない。

龍飛王はお店のオープンを決めてから、鼓翼が更にやる気を出して楽しそうなので、なんとなくだけど、少し微笑しているみたいでね。
目線は相変わらず他人を白眼視しているみたいに冷たいけど、口元はわずかに笑んでて、鼓翼にはそれが龍飛王の感情に近いもののように思えた。
不快ではない、という具合の、ちょっとした違いなんだけど。

鼓翼が、にっ、って龍飛王に笑いかけると、龍飛王は無表情のままなんだけど、いつのまにかそばに来て少し触れる。

手とか指とか具体的な部分ではなく、体の一部分…胸とか…が鼓翼の背中や頭に触れて離れる。
最初は、なんだろう、気のせいかな?、ぶつかった気がするだけかな?、と思ったけど、龍飛王なりのスキンシップらしいということに気がついた時には、流石に鼓翼も、おお…ってなった(笑)※照れ※

いや、わかりづれえから!!、って豹變王なら言いそうだけど、感情のない龍飛王にしては大したことをしていると思う。※龍だし※
頭を撫でるのでも、チューしてくるのでもないけれど※する時はするけど※、鼓翼の近くにいつのまにか来ていると、あ、触れたいのか、ってわかるようになった。

なので、鼓翼は遠慮せずに、気づいた時には龍飛王のそばにくっつく。
一瞬だけだけど、スーツの懐に飛び込んだり、ぎゅっと縋り付くようにして抱きつく。※抱きしめるわけではない※
龍飛王には当たり前のようにその意図は気づかれているんだろうけど※鼓翼もわかっててやってる※、特に何も言われない。
はたから見たら、何やってんだ、あのカップルは、と思われているのかもしれない。

鳳舞王と虎嘯王なんて、人前でもなんでも、一緒にいる時はお手手を恋人繋ぎしまくるからね!

龍飛王と鼓翼は四六時中手を握ったりはしないけど、連れ立って外出する時は鼓翼の方から龍飛王の腕に自分の腕を絡ませてから手を握る。
龍飛王は初めその意味がわからなかったみたいだけど、くっついてくる鼓翼が温かいし、自分だけにしている行為だと察したのでそのままにする。
そして龍飛王からも指に力を入れてくるので、鼓翼は、うわぁ…※恋人同士みたいだ※、と、赤面しながらドキドキする(笑)

日夜エロしまくりなのに、そういうところが初い二人でした。



そして鼓翼には、実は大きな野望があった…!

その中身については次回の更新で!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:24 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月25日

【四人の王】【妄想】【R18】その43

【四人の王】妄想です。
龍飛王のマンションで新婚生活みたいなことになってます(苦笑)
クリスマスの日の更新がラブラブなのはいいですね…ふっふっふ…!
明日からの更新は…いよいよ最終章に突入かもです…!

【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜ならびに、【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜をご購入くださった方には本当にありがとうございます!
昨日のイブの日に、コンビニでシュークリームを買って食べました…!^^ お祝いはそれだけですー!


現代版妄想・43


「行ったのか?」って訊かれたから、鼓翼は反射的に「行ってない」って答えたよね。

龍飛王と鼓翼の朝の寝室での風景。


龍飛王は鼓翼を仰向けに押し倒してそのまま寝室のベッドで正面から御してたんだけど、軽く前戯をして挿入した瞬間、鼓翼にそう問いかけた。

すでに桜色に全身を染めている鼓翼に、龍飛王は冷淡な口調でわかりきったことを尋ねた。

龍頭で鼓翼の入口を突いて、触れて、中に侵入した途端に、小刻みな震えが走った。
それで訊いた。
イったのか?、って。

鼓翼は否定したけど、反応は龍飛王が知っている鼓翼の快感の震えだったから、間違いなく龍飛王の言が正しかった。
でも、鼓翼は突っ撥ねた。
龍飛王は心中で苦笑みたいなものを覚えながら、急がずに抽挿を開始した。
鼓翼中がまたビクビクと震えて、龍飛王は再度尋ねた。

行ったのか?

行ってない、と鼓翼は懸命に答える。

行ってないなら、なぜそんなに意固地になっている風なのか。
汗を刷いた胸を喘がせ、こちらの動きの都度、短く声を切り、開いた下肢を痙攣させる。

夜に好きなだけ弄ばれて中で何度も男の射伏字を受けとめさせられた体は、早朝の軽微な愛撫だけで簡単に押し広げられた。
肉体そのものが受け入れることを覚えてしまったというよりは、鼓翼自身が望んでいると龍飛王は捉えた。

けれどそれを、今は認めたくないという。

龍飛王と鼓翼は身長差があるので、下にした鼓翼の頭から全身を龍飛王は眺めることができる。
そのまま顔を近づけて、腰を入れながらまた尋ねた。
鼓翼は喉を反らせて、否定する。けれど今回は確実に語尾が裏返っていた。
泣き出しそうな、一歩手前の声調。

いつものように女のような高い声を出して喘いでしまえば楽になれるだろうに、鼓翼は何とかしようと抗っている。
龍飛王に雄をはめ込まれてしまった後では、どうすることもできないというのに。

龍飛王は鼓翼を安心して喘がせるために、連続で突きながら鼓翼の投げ出された手を取った。
握り、指を絡める。
それだけで鼓翼の体は跳ねた。

繋がる箇所が増え、文字通り鼓翼は自由を奪われる。

もう片方の手指も、龍飛王は空いた手で捕らえた。
下半身を龍飛王の雄々しい杭で縫いとめられ、両手も束縛され、鼓翼は肩を揺すって身悶えた。

あ、あ、と声を放ち、中からの刺激に全身で反応を示す。

その唇を塞ぐために、龍飛王は前屈みになった。

鼓翼は引き寄せられるように龍飛王の目線に縋った。

ひそめられ、涙を浮かべた目で哀願する。
もう行く、と。
言葉にならない声がそう訴えていた。

鼓翼の中で行くのは龍飛王本人だというのに。
それとも内壁をこする自身の肉を代弁してくれているのだろうか。

龍飛王は鼓翼の唇に触れるか触れないかの距離で囁くように吐いた。

「おまえの中で」

行くぞ、と。


鼓翼は何度も頷いた。頷いて、龍飛王の接吻を求める。

深く繋がりたい。
アソコも、ココも、どこもかしこも。
繋がって溶け合って、一つになって、イキたい。


龍飛王は緩慢な動作で鼓翼の上に重なると、しっかりと舌を絡ませ、唾液を与え合って扱き、粘膜の交接を味わった。

そして濃厚に口を使って舌を嬲りながら、鼓翼の弱い場所に※弱点に※ドピュドピュと気持ちよく精伏字を出して鼓翼を本気でいかせちゃったと…!!(笑)



最後にギャグになりましたが、エロが好きすぎる朝の龍虎風景でした…!


朝のエロも全部気持ち良すぎて、イきながら、龍飛王を仕事に行かせたくねえな…、って、鼓翼は思っていそう(笑)
鼓翼もお店の仕事が始まったら忙しくなるけども。

龍飛王はバスルームで体を洗って、鼓翼が作った朝食兼昼食を食べて、お仕事へ。

鼓翼は龍飛王に仕事から早く帰ってきてほしいけど、言えなくて、その代わりおやつを渡してから、無言でぎゅっと龍飛王の首にしがみ付く。※龍飛王が屈んでくれた※

龍飛王からは抱き返してこないけど※抱擁が終わらなくなるから※、顔を寄せて、今夜も抱くぞ、って耳元で低い声で一言一句ゆっくりと囁かれて、うん、って小さく返事して鼓翼は離れる。

新婚夫婦かー!!(笑)

鼓翼はもう、龍飛王に身も心も骨抜きにされてた(笑)
…という、なんかよくわからないけど、お熱いお話でした…!

立派に夫婦をしている感…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 12:49 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【R18】その42

【四人の王】妄想です。
妊活している、龍飛王×鼓翼…!
メリークリスマス!…といいつつ、慌ただしく今日の更新…!


現代版妄想・42


やる気になった鼓翼は、セッ伏字の経験がなかったちっこい頃から鳳舞王と虎嘯王の濡れ場を見せられていたので※それもどうかと※、鼓翼は二人の、特に虎嘯王のことを思い出しながらアレをした方がいいんじゃないのか、こうした方が龍飛王が良くなるんじゃないだろうかと色々考えた。

でも、龍飛王はそんな他人のセッ伏字には興味がない。
飽くまで鳳舞王と虎嘯王同士のやり取りだし、鼓翼にエロを上手くなってもらおうとも思っていなかった。

鼓翼が口でしようとして、龍飛王がかいた胡座の前に座る。
でもその時点で※全裸※龍飛王の雄はしっかりと股間で屹立してて、鼓翼ができるのはその伏字を舌で舐めて湿らせることくらい。
勃ちが良いのは鳳舞王で見慣れていたけれど※虎嘯王も大変だ※、龍飛王の性欲は仕事を頑張る分、めっちゃ漲っていたかもしれない。
頭を使うばかりの仕事だし。

龍飛王を舐めて成長させるよりも鼓翼が受け入れられるように準備を施す方が大事なくらいの状況で、ええ、ってまたしても鼓翼は戸惑った(笑)

てことは、自分で…、自分から…?

鼓翼は虎嘯王の後ろの自慰をあまり見たことがない。※鳳舞王が嬉々として前戯を施すから※
ただ、鳳舞王の股間に奉仕しながら自らの後ろに指を入れていた姿は何度か見たことがある。※エロい!※
回想すると頬が熱くなるけれど、今の未熟な鼓翼には自発的にその境地に至ることは至難だった。

龍飛王はそんな鼓翼の心中を測ったように、腕を伸ばして体を引き寄せ、膝の上に座らせた。
鼓翼の前と自身を一緒に扱いて、興奮を促す。
鼓翼は龍飛王の腕の中で息を弾ませて、自分からも体を揺すって熱をこすりつけた。

後ろに回した手で尻を割り、鼓翼の秘部に中指をそろりと伸ばす。
入れるぞ、と数回突いて促すと、鼓翼は腰を後ろに突き出して龍飛王の指を自分から迎え入れた。

くぷっと含んだ物の刺激を堪えるように、龍飛王の肩に抱きつく。
あ、あ、って、小さく声を漏らしながら、龍飛王の与える微弱な動きに鼓翼は敏感に反応を示した。

一本だけで満足できるはずはなく、本数を次第に増やされ、中と入口を龍飛王の指戯で解される。
いつのまにローションを足されていたのか、そこはぬるぬると滑るように龍飛王の尖指を何本も受け入れた。

龍飛王に広げられれ、龍飛王のサイズを仕込まれて、ナカをとろとろにされて行かされる。
始まりも過程も結末もいつも同じはずなのに、毎回飽きることなく鼓翼は欲情した。

龍飛王の体が好きなのか、セッ伏字そのものが好きなのか、龍飛王のことが好きなのか、龍飛王との性交自体が好きなのか。
その全部であって、そうじゃないことも鼓翼はもう知っていた。

自分が龍飛王としたいんだって理解したからこそ、鼓翼は自発的にエッチになれた。
元々の素質はないわけではないのかもしれないけれど、龍飛王が相手じゃなきゃ意味がないと考えた。


背後を向かされて、背面座位で繋がる。
かたちはどうでも良い。ただ、感じ合っていられれば。

膝の上で全身が跳ね、下から突き上げられて、鼓翼は龍飛王の腕の中で声を放った。
セッ伏字のための、鼓翼の後背の性器での蠕動。
ただそれだけの種付けるための行為に終始しているのに、龍飛王との交合は鼓翼にとってはやはり麻酔に溺れるような蠱惑的な行為そのものだった。

好きなのもある。龍飛王に覚えさせられた角度や動きや反りもある。何度も何度も仕込まれて馴らされた所為もある。

けれど龍飛王のセッ伏字には、感情はないけど思いがある。ただ貪りたいという獣の欲求ではなく、おまえを報せろという解読や交信の意味もある。
もっと知りたいと、深く知己になりたいと欲されるような、魔的な意思。
最終的には鼓翼の側が、龍飛王の精伏字を通して相手自身を知らされることになる。
でも、それが今は最高に嬉しい。
わかり合っているんだ、セッ伏字を通して、という実感を得るからだ。

もっと報せたい。感じていることも、快感も、悦楽も、含まされている雄大なオスの大きさも硬さも。有能さのすべてを。
鼓翼の貪欲な求めに応じるように、龍飛王の突きが速くなる。

いいのか?、と冷たい声が届いて、鼓翼は、はっはっと胸を喘がせながら無意識に背を反らした。
良いか悪いかなんて、繋がっている、また、おのれを御している龍飛王が一番よく理解しているはずなのに。

でも、鼓翼は応えちゃう。
イイ、良い、って。
小さく短い声を漏らして幾度も体を震わせる。

龍飛王の膝を掴んで必死に律動に抗おうとしながら、もっと苛んでほしいと求めるように、尻を後方へこすりつける。上下に動かして、龍飛王の竿をなぞる。
きゅんきゅんに締めて、中でも絞って、鼓翼は龍飛王に内部での射伏字をねだった。

龍飛王は鼓翼の要求を正確に理解しているにもかかわらず、しばらく逡巡するように腰の動きを一定に保っていたけれど、鼓翼の声がかすれて小さくなりかけた瞬間に、強く下から打ち付けてきた。
鼓翼が声も出せずに啜り泣く。
嗚咽しか漏れなくなった鼓翼の体を、まるでおもちゃのように押し上げ、拘束し、余すところなく内壁を突きまくった末に、龍飛王は熱く鋭い精を鼓翼の狭い秘奥に注ぎ込んだ。

行った瞬間に弛緩した四肢を包むようにすくい上げ、また腹の内に射出する。
全細胞がふわっと浮くような感覚を得ながら、同時に奥を満たされる。
龍飛王の精伏字を腹の内に注がれている事実に、鼓翼は自分が余すところなく充足を得ているのがわかった。



満足して龍飛王に体を預けていたら、また動き出して、ナカでも硬く膨らんで、鼓翼は心底からうっとりしてたのに、ええーってなりそう。
また一からやり直し!
龍飛王との反復レッスン※セッ伏字※は朝まで続きましたよ…!、ってことで。


貴重な龍の精子でも、とことんまでやればいつかできるかも…?
でも鼓翼は1回目ですでにとろとろにされているので、これが正しい方法なのかどうか、よくわからないかもしれない。龍飛王はまだやり足りないので出しまくるけど(笑)

一度目の中出しで気持ち良くさせられているので、鼓翼は龍飛王の突きのたびに際限なくイってそう。とんでもない淫欲の神ですよ…!

ミルクが出ないのに何度もカラ行きして、鼓翼は下半身の感覚がなくなるまでおかされそう…!

文字通りの、龍淫の虜にされちゃった鼓翼でした…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:27 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月24日

【四人の王】【妄想】【むふふ】その41

【四人の王】妄想です。
らぶらぶしているらしき、龍飛王×鼓翼…!
クリスマスイブの更新には相応しい内容かもです…!


現代版妄想・41


鼓翼は、なんか目的が定まって、やるぞ!、って思った。

以前どこかで聞いた気がするけど、好き合った相手と子作りする過程が楽しいんだって。
こどもを育てるのはできた後に二人で考えれば良い。※鳳舞王が言っていたのかな?※
※王だから※必ずできなきゃいけないわけではないし、強制するものも縛るものも何もなかった。

だから、ちょっとセッ伏字にも積極的な気持ちになれた。


一緒にだだっ広いお風呂に入って、龍飛王が中央のジャグジーで寛いでいる間に鼓翼は自身の体を洗う。
別々に入っても一緒に入っても、龍虎は浴室ではヤらない。
各々が好きに行動する。双方にとって共通したくつろぎの空間といった認識っぽい。

鼓翼は龍飛王が長風呂なのを知っているので※龍はのんびり※、自分も湯船の端から足を入れて一息つく。
龍飛王ほど体力がないのか、脂肪が少ないのですぐに体が温まるのか、長湯はしない。
でも、瞑目したまま湯船の中で肩を出して悠々と浸かる龍飛王を湯煙の中で見るのはなんか好きだった。

鼓翼は龍飛王の元で羽根を伸ばせるようになってから、大分変わった気がする。
鼓翼自身は気づいていないけれど、目的ができてすごく活気を得たように見えた。
龍飛王は特段それを指摘しない。最初からわかっていたみたいにしている。そこがもう、大器だなぁと思うんだけど、ただ龍飛王は知っている、というだけなのかもしれない。


お風呂から先に上がろうと思ったら、龍飛王も同じだったみたいで※わざわざ合わせたのかも※、そのままバスローブを羽織って出て行く。鼓翼はシャツとハーフパンツに着替える。
毎晩毎朝、龍飛王に全裸にされるけど(笑)


龍飛王は寝室までお酒とグラスを持って行くこともあるけど、鼓翼がお酒に弱いのを知っているので最近はあまり寝酒をしない。
匂いで酔わせるよりも、セッ伏字でメロメロにしたいのかな。
夜はしっかりと意思を持って徹底的にヤる。
それが目的になってた。
鼓翼は気がついているのかどうかはわからないけれど。※龍飛王も大概鼓翼にのめり込んでる※


鼓翼の体をすくい上げて※抱っこが好きかも※、ベッドまで運ぶ。
抱き上げられるたびに鼓翼はおっきな龍に運ばれるふかふかの仔虎みたいになるんだけど、最近はその背中に自分から手を回す。
龍飛王の体温は低いので、温めたいなって思った。

もしかすると体温も関係があるのかもしれない。
精子の活性化とか促すし。
あとは、鼓翼自身の中身がまだ成熟してないのかなとも考える。早く大人になりてえなーって、龍飛王のために考えていたかも。※王の成長は謎すぎる※

でも、龍飛王は特に急かさない。
セッ伏字に意味があるのだとすれば、二人で睦み合うこと※目的は種付けだけれど※だから。

互いに温めあって、高まりあって、アレができたらいいな、って鼓翼は考えた。
食事も気をつけて作ろう※体温を高めるか維持できるものとか※とか、たくさん考えた。
龍飛王と温泉に行くのもいいかもしれない。
体をあっためて、良いものを食べて、たくさん寝る。※龍飛王はヤる(笑)※
いつか行けたら良いなって考えた。


なんかもう、鼓翼は龍飛王を護りたいなぁって思うようになった。
おかしいな? 唯一無二、古今無双の『太陸本義』の比類なき英雄である中天の帝なんですけどね???(笑)


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 11:33 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【決心】その40

【四人の王】妄想です。
鼓翼は若いので※いつまでも若い※とても前向きなキャラクターかも。
生まれながらの他の王たちよりも、おさないゆえに向上心や野心が常にあるイメージです。
前進する意思があるというか。

日記ブログでのオリジナル【四人の王】『現代版妄想』の更新は一応、年内で終了予定です。
年明け以降はコミックの原稿に専念しなければならないので…!
もし年内の更新で龍飛王×鼓翼編が完結しなければ、作品化したものにラストまでを収録する運びになるかと…!(ひぃ;;)
オチが…オチが…オチが作品の中でしか読めないという「なんでや!」と思うような展開になってしまいそうですが、でもまあ、大団円になることは間違いないです…!
とはいえ、急いでネタ出しをしたいと思います。クリスマス関係なく…!
思い描いたシーンをきちんと最後まで書ききれるように…!


現代版妄想・40


晴れて※?※龍飛王の内縁の若妻になった、鼓翼。

それでいいのか!?、って思うんだけど、本人たちが納得しているならいいんじゃないかと、虎嘯王なら言いそう(笑)

前回の話の続きになるけれど、これもキッチンで龍飛王に食後のお茶とお菓子を振る舞いながらしていた。

龍飛王はやっぱり、会話をすることになったら、手を止めて、しっかりと話の中身を聞いてくれる。
なんか、そこも、すごく大人だな、と鼓翼が思ったことは秘密で。

「こどもができたら認知してくれるんだよな?」

唐突だけれど、ゴムなし性交を続けることを示唆して、鼓翼は尋ねた。

「産むなら」

当然だと龍飛王は答えた。

産むに決まってるじゃん、って、鼓翼は返したんだけど、龍飛王の言い方が逆にちょっと気になった。
もし、とか、仮に、とかいう言い回しは、龍飛王らしくないと感じたからだ。

なので直感的に、何か至る過程に問題があるのか?、って思った。
あれだけ散々セッ伏字をしているのに。

たしかにゴムなしでヤった回数※最初からナマ※や時期を考えると、鼓翼が龍飛王の子を身籠っても、また、その兆候があってもおかしくないのに。※不思議な王ボディ※

もしかして、できにくいのかな…、ってふと考えた。

「検査した方がいいのかなぁ…」

鼓翼は少し自信なさげに自分の体のことを言った。
龍飛王はそうではないと告げた。
問題があるのは自らの方だと。
鼓翼は黙って話を聞いた。


創始の闇である龍飛王と中天の帝となった鼓翼。
二人の関係は、本編では叔父×甥と言えなくもないんだけど※鳳舞王と龍飛王が兄弟といわれるため※、鼓翼に肉体というか器を与えたのはおそらく虎嘯王なんだよね。
虎嘯王の体に宿った鳳舞王の力が鼓翼だったわけだし。

で、鳳舞王と龍飛王は元が同じであっても、完全に異なるものだったから二つに分かれたわけで、性質はもちろん、体質や能力も重なる部分がない。
元は同一の他人、と言えばいいのか。

神代で兄弟だと示されているものは大概嘘なので※伏羲と女媧、イザナミとイザナギなど元親がはっきりしないまたは人間ではないまたは無から生まれたのに兄弟とかいう形容はいい加減すぎる※、鳳舞王と龍飛王もそれに似た形になるのでは。…詳しくは【裏本・創世】を読むとわかるかも。

元は同一で、分かれた他人というか。他人になって分かれたのではなく、異にした性質が当たり前のように分化しただけなので、互いに馴染みなんてあるはずもないし、むしろ憎み合って敵対している(笑)

なので龍飛王と鼓翼は、本来であれば血の繋がりのない他人だったりする。※鼓翼の器が虎嘯王のもの、もしくは由来だとすると※

で、龍飛王は創始の闇で、光ではない。※創世の王の鳳舞王が光を担っているということになるのかな※
鳳舞王は虎嘯王を孕ませることができたけど、龍飛王はそれができないのかもしれない。
可能性はゼロではないけれど、難しいのではと考える。鳳舞王と異なる性質を持っているのだとすれば。

もし可能になるのだとしたら、虎嘯王譲りの鼓翼の才能か、はたまた鼓翼自身の力でなんとかするしかない。
けれど、帝※di※は太陸を統べ、統治する絶対的な存在であるので、どうなんだろう?、そんな能があるのか?、必要なのか?、という疑問。
虎嘯王は勇武の王でも、鳳舞王によって孕ませられたけど!(笑)



鼓翼は龍飛王の話※できづらい※を聞いて、なんか、「そんなことはない」って言いたかった。
でも賢い龍飛王が断言しているということは事実なんだろう。
いや、でも、それでも、って中天の帝は思った。

諦めてもしょうがないし。
龍飛王とのセッ伏字は気持ちがいいし。
子作りは、しようぜって。

あほなのか(笑)

とうとう龍飛王と鼓翼も、あほっプル※誰に憚ることのないバカップルの最上級※の域に達してしまった…!


龍飛王は、口端だけで笑うと※目もちょっと細めていたかも?※、良いだろう、って言った。
冷笑に似たそれは、鼓翼の考えを歓迎しているようにも見えた。


二人で力を合わせて、子作りするんです???

いつもと変わらねえんじゃねーの?※生えっち※って、豹變王は言いたかった(笑)※龍飛王×鼓翼の配信も観てたのかな?※

でも、鼓翼は、よし、って思った。

創始の闇と中天の王の妊活が始まる…!…のか?!



偉大な闇の龍の貴重な精子で孕めるのだろうか?
虎の体と翼を持ったキメラの虎翼は…??


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:12 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月23日

【四人の王】【妄想】【決意】その39

【四人の王】妄想です。
ついに決意する、鼓翼…!
なにを決めちゃったの??、という龍飛王×鼓翼のお話…!


現代版妄想・39


鼓翼は一念発起して、自分でゴムを買うことを決意した。

龍飛王を仕事に送り出して、うちのことをしてから、満を持してスマホに向かう。
勉強は今日は後回し。こっちの方が緊急を要するし、優先度が高いと決めた…!

通販で選ぶんだけど…これって汎用でいいんだよな?、って、あほな疑問がふと浮かんだ。
自分で使ったことがないから買った経験もない(笑)
家にはあったが、鳳舞王と虎嘯王用だったし、実際に触ったこともない。※二人が使用しているのは何回も見た※

秀才なんですよね!?

…中天の帝は、やっぱり初※うぶ※だった(笑)


龍飛王のサイズを思い出そうとして、真っ赤※赤面してる自覚はある※になって、えーと…、ってえっちの時を回想をする。

昼間から龍飛王の裸を思い出しただけで、鼓翼はもう、なんでかわからないけど、しょじょ並みに狼狽えた。

好きな相手じゃなければ※鳳舞王や虎嘯王なら※全然恥ずかしいと思わないのに、龍飛王に恋しちゃった鼓翼はその裸体を脳裏で思い浮かべただけで、なんかもう頭の中でひよこが何匹も輪になって踊り回っているような気になった。※鼓翼は混乱している!※

そんなんでどーする!、って自らを叱咤激励して、鼓翼は手を広げて親指と中指を可能な限り伸ばして龍飛王のオスのナニの大きさを具体的に思い浮かべた。※握ったことはあんまりない※

××センチ?!
かな?
わかんねー!!(笑)

虎嘯王がそんなわが子の姿を見たら、めでたいから赤飯を炊かなきゃな、と思ったかもしれない。



鼓翼は冷静になれない自分が情けなくて、龍飛王に直接会って「買って来い」って言いたくなった。
でも、あの龍飛王が「わかった」とか言って自分に合ったサイズのゴムを買ってくるわけがない(笑)※龍飛王は生専門※

鼓翼は悩んだ。
適当に買って、捨てることになったら勿体無いし…。

あ、ゴムなしでも外に出して貰えば簡単なのか!?

…鼓翼は思案した。

外に出しても生なら妊娠はすると思う…危険度は間違いなく高いから。





「結婚する気ある?」

最終的に鼓翼は相手にそう尋ねるしかなかった。
短絡的すぎるんだけど、結果としてこうせざるを得なかった。

龍飛王に夕食を作ってから、長年付き合った内縁の妻みたいなことを言う羽目になったんだよね。とほほだよ(笑)

龍飛王は鼓翼の作った食事を前にして機嫌がいい。※無表情※
食事中の話もきちんと咀嚼を終えてからする。※鼓翼から見るとすごくお行儀が良い※

「してほしいのなら」

言い方なぁ…って、鼓翼はぶすっと顔をしかめた。

どっかのテレビ局のスタジオのキッチンよりも立派で大きくてオープンな場所で、以前働いていたお店で龍飛王に食事を作って振る舞っていた時のように、鼓翼は台所から龍飛王のご飯風景を眺めてた。
鼓翼自身の夕食は既に済ませてある。

龍飛王の口調は独特というか、本当に上から※知力ではたしかにみんな龍飛王以下だけど※モノを言うので、よほど人ができていないと大抵機嫌を損ねると思う。

「俺は、してほしいね」

で、思わず喧嘩腰みたいになる。

鼓翼は、相手がそう来るなら、こっちは強気で行くって決めた。
それも龍飛王の策のうちかもしれないのにね。

「わかった」

ええー。

鼓翼は思わずその場でズッコケたかったけれど※調理しながら食べさせてた※、本当にそれで良いのか?、って龍飛王に訊いてしまった。
だって、龍飛王からは一言も、婚約もお付き合いも、そもそも正式なアプローチはなかったと思ったから。※?※

龍飛王は「好きではない」※感情がないからそういう概念がない※とははっきりと以前に言ったけど、鼓翼に対しては「おまえだけだ」と断言してるんだよね。
行動でも示しているし。

ぶっちゃけ、居間と台所がめちゃ広いマンションも、鼓翼のためを考えて用意した節がある。
元々出張シェフを招いて料理をさせていたのかもしれないけど、それにしても同じマンションのフロアを店舗として買ったり、その中に食材を注文できるショップがあったりと、鼓翼にとって都合が良すぎる環境が整えられていた印象が強い。
全部周到に用意をしてから鼓翼を招いて嵌めた気がするから、最初から「鼓翼だけ」と決めていた感じがする。※そうだとしたら素早すぎる(笑)※

仮にもし、鼓翼が龍飛王になびかなかったら※その可能性はないと踏んだから龍飛王は行動したんだと思うけど※どうするんだろうとは思うけど。
ゆえに知略の王は、しっかりと気に入った鼓翼を確実にモノにしたんだろうなと思う。計略的に。

鼓翼も龍飛王に惹かれていたから良いんだけど…説明が難しい…仕事が終わった後で再三デート※鼓翼は自覚なし※していたみたいだし、そこで何か通じるものがあったのかも。
とはいえ、二人のおかしな絆というか、相性だとしか言いようがない部分も大いにある。※王同士の※


「……なんで、そんな大事なことを俺から言わせるんだよ」

鼓翼は拗ねた(笑)
そういうところがまだまだこども。※永遠に少年※

「おまえにとって必要な言葉だったからだろう」

全部知った風な口振りで龍飛王は言うんだよね。
好きな相手じゃなきゃ、多分終始苛々すると思う。

現に鼓翼はまた頬を膨らませかけた。
でも、龍飛王がその気なら良いか、と思い直す。

「じゃ、一生面倒みるからな」

面倒を看るのが鼓翼の側だという発想が面白い。
実際は、龍飛王の庇護のもとにいるのかもしれないのに。

食事関係で不満は出させないぜ、と鼓翼は宣言した。
本当に本気で、それだけは誰にも負けない自信があったから。

「宜しく頼む」

龍飛王はなんだか機嫌良さげに、置いていた箸を再び持ち上げた。※お行儀よし※



ゴムの話はいいのか※良いらしい※、中天の帝!(笑)
結婚するなら、良いらしいです!!
二人の仲がまた一歩前進した様子??


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 13:22 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【R18】その38

【四人の王】妄想です。
徐々に気持ちが近づいてきている気がする、龍飛王×鼓翼。
途中から18禁なのでご注意を…!
DLsiteさんで『【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜』を買ってくださった方には大変ありがとうございます…!


現代版妄想・38


鼓翼は龍飛王と恋人同士になりたいのかもしれないけど、龍飛王はもう鼓翼以外必要がない※亀兆王は別格※って考えているから、そこら辺の食い違いでドタバタしそう。

鼓翼も回りくどいことはせずに一線をすぐに飛び越えて「いいぜ」、って言える男前な性格なんだけど、何やら本気で龍飛王の頭の良さに恋しちゃっているみたいなので(笑)、なんか、こう、甘酸っぱい気持ちになっている様子。

知の王である龍飛王にとっては、自身の頭の明晰さなんて当たり前過ぎてそれが鼓翼を惹きつけているとは露ほども思っていなさそう。
というか、龍飛王は自分のお気に入りを一方的に愛する※?※から、ちょっとそこは普通の恋愛がやりづらくはあるのかも。
しかもすべてを考慮した上での行動なので、ハメられてる感はおそらくあると思う。亀兆王のようにごく自然に受け入れるといいのかもね。
でも龍飛王と実際に肉体関係がある(笑)鼓翼はそこまで※亀兆王ほど※寛容というか、受容はしないのかも。※帝だし※

けれど鼓翼は龍飛王に惚れているので※龍飛王も鼓翼には結局のところ惚れているけど※、現代版妄想の龍飛王×鼓翼は、なんだか凸凹コンビのようなお似合いの二人なのかもしれない。

表面上はきっと噛み合わないけど、体で繋がる思いは同じ、みたいな。

なのでどっかこっかでラブいことを龍飛王からされると※多分わかっててやってる※、鼓翼は、うひゃあ※照れて真っ赤※ってなるのかもしれない。
見た目はクールというかスレているのに、なんだかんだと初な鼓翼でした(笑)
恋人に甘やかされたり、誰かに大事にされたことがないからね…※鳳舞王たちは鼓翼をしっかりと教育した※

龍飛王が鼓翼に軽くキスしたりするのは無意識ではないんだけど※お礼とか、自分がしたいからとか※、鼓翼の反応にも無感動だし※好き過ぎて?!※、特になんとも思わない。
すでに気持ちが鼓翼に傾きまくって倒れ込んでいる※!※からなんだけど。

照れるとかいう感情もない。※情愛がないので※
あるのは本能だけかな。それでも、鼓翼をしっかりとサポートするので、実利の王だと言える。
心や情愛がないのが龍飛王だけれど、その頭の良さに惚れているのが鼓翼。
矛盾してるはずなんだけどね…
鼓翼は亀兆王のように、心のない龍飛王を受け入れてしまっているんだろうと思う。



セッ伏字の方は鼓翼がイくことを覚えてからさらにエロエロが増したけど、気持ち良くなりながらも、結婚してないからゴムなし性交はだめだ!、って鼓翼は思ってる。

いつかそれを言わなくちゃと思っているんだけど、龍飛王に挿入※伏せて※されると、頭も体もぽぅっと宙に浮いたような感覚になって※やばい※、結合のことしか考えられなくなる。
魔的な龍飛王のアレに完全な虜にされているみたいで、鼓翼自身、なんでだ?、って思いながら抗えずにエロエロにされた挙句にアソコに出されちゃう。

出すときにだめだって言ってるのに※やる前に言おう※、龍飛王は言うことを聞かずにどんどん種付けちゃう(笑)

それでもっと深みにハマるから、ゴムありセッ伏字で清い※清かった!※お付き合いをした末にエロエロ旅行で晴れて子作りをして夫婦になった鳳舞王と虎嘯王よりも、肉体的な関係が進んでいた。

要するに、鼓翼は龍飛王に完璧にメス堕ちさせられていた。
…ベッドの上でだけだけれど。


で、今日は夕食後に居間のソファの上で龍飛王のアレを鼓翼は挿入されてた。

鼓翼の半開きの口元からは高い声が間断なく漏れて、傍目からもよくわかるくらいメスの顔にさせられてるんだけど、龍飛王は全然構わずに表情を変えないまま腰を使って、下だけ脱いだ鼓翼の股間を後ろから貫いて御していた。※腰は掴まずに下半身だけで合体※

本当は全裸でやるのが好きなんだけど、鼓翼はエプロンを付けて、上にTシャツを着たまま、龍飛王に致されてた。
ソファのひじ掛けにすがるように手をついて※必死に掴んで※、後ろからずんずんくちゅくちゅと休みなく突きまくる龍飛王の男の律動に泣きながら耐えてた。※耐えれていないかも※

ご飯は食べ終わってるし、後片付けは済んだし、いくらでもしていいんだけど、やっぱり今回もナマだった。

鼓翼は、「だめだ」って龍飛王に言わなきゃって思うんだけど、口から出るのは女子みたいなえっちな喘ぎ声だけで、大好きな形の肉の棒に突かれまくって、お腹の中は完全に行為そのものを受け入れて歓んでた。
龍飛王との癖になるセッ伏字に溺れて、しかも腰使いが劇的にうまくて※鼓翼の体を調べ尽くしたから※、全身で発情するしかなくなる。

ご奉仕とかはまだ鼓翼が初いので無理だけれど、龍飛王も特段その手の行為を迫ってこないし、毎晩毎朝龍飛王に泣かされて悦ぶことが鼓翼の日課みたいになってた。

生出しも毎日毎回で、おセッ伏字の度に種付けられる。
若妻を日々寵愛する夫みたいな感じで、鼓翼はやっぱり自分は龍飛王と対等じゃないのかな、と思ったりもした。※鳳舞王と虎嘯王は対等※

でも卑屈な思いに捉われることはないんだよね。
出し終わった後に、龍飛王はしっかりと鼓翼を抱きしめてくれる。
鳳舞王の場合は虎嘯王にお礼の意味で抱擁してキスしまくるんだけど、龍飛王はそっと包んでくれる。

それだけで鼓翼は、中出しは困るけれど(笑)、ぞんざいな扱いをされていないっていうことが触れた肌から伝わってきて、さらに龍飛王に惹かれた。

心はないのかもしれないけど、お気に入りに対する慈しみがあるのかな、というのが龍飛王なのかもしれない。


快感が強くて力が抜けた腕をなんとか動かして相手の背に手を回すと、無言のまま龍飛王は鼓翼の体をすくい上げて、寝室まで運んで行った。

ベッドルームで第二戦ですな!

…とはいっても、龍飛王は一回が長いのでそれほど回数はこなさないような。
朝は毎回やるけども(笑)


鼓翼が龍飛王に「ゴムをつけて※ヤって※ほしい」と言える日は来るのだろうか!? ※自分で買えば良くない?※


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:14 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月22日

【四人の王】【妄想】【口説く】その37

【四人の王】妄想です。
龍飛王×鼓翼は、あれだけエロいことをしていてもなんだか初々しい感があります。不思議…!
鼓翼は龍飛王と恋人同士になりたかった…のかな?
ちょっと燃え燃えします…!


現代版妄想・37


龍飛王は1日2食で生活してる。昼休みがないので※大丈夫なのか※、その分夜は早く帰らせてもらうし※20時以降※、重役出勤もかなりする。
朝食と夕食はしっかりゆっくり摂るので問題はない。
昼休みがないのは、仕事を掛け持ちしているからかもしれない。

大体は会議や面談や会談や打ち合わせで、移動中の車内でも画面越しにずっと誰かと話をしている。
見かけ以上に多忙だし、だからこそプライベートを充実させたかった。


鼓翼のお店に行った時、もちろんそれは亀兆王の頼みだからだったんだけど、個室ではなく予約席ではあったけど龍飛王の想像よりも寛げてね。

鼓翼の応対も良かったし※がちゃがちゃしない(笑)※、出す料理も調理するペースも測ったようで、こいつは頭もいいしセンスも良いなって思った。
テーブルの担当者によって、かなり印象が変わるお店でもあったからなんだけど。
龍飛王は才能そのものを評価するので、鼓翼の若さについてはあんまり気にしなかった。※年齢関係なし※

亀兆王は終始にこにこしているから、龍飛王も内心ではちょっと釣られていたのかな?
亀兆王自体、愛想がとても良い方ではないし、どちらかというと冷たい。※死の王だから※
でも、鼓翼に対しては初対面のはずなのに最初からすっごい打ち解けていて、龍飛王が苦笑いを浮かべたくなるくらいだった。※嫉妬はしない※

で、また自分でも来ようって思ってすぐに予約を入れたんだよね。気持ちのいい※お腹も満たされる※充実した時間を何度でも過ごすために。

それくらい、鼓翼には先にハマっていたのかもしれない。

鼓翼のペース配分と応対、手際の良さ、料理の腕※おそらく伸び代がたくさんある※、全部を一目で気に入ったんだと思う。外目からはわからなくとも。



龍飛王が普段から二食しか食べないことは鼓翼も知っていたので、お弁当を作っても意味がないよなーって考えた。

鼓翼は昼間、龍飛王のマンションの掃除とか洗濯とか※大きなものは業者に任せる※しながら家の中で働いていたんだけど、恋人※自称※っぽい、それらしいことを何かしてやれないかなって考えた。

龍飛王が外で仕事をしている間に独学で勉強もしているし、自分が今後請け負うだろうお店を見に行ったりもしている。お手製の差し入れを持って行ったりしてね。※内装工事の人は会社の方で龍飛王から直接心遣い等をもらってるとは思うんだけど※

でも、これじゃほんとに住み込みで龍飛王に雇われているのと変わんないな、って鼓翼は思った。

虎嘯王に片恋かもしれないって仄めかしたのは、そうした理由もある。
好きだ、とか、毎日言ったり言い合ったりして確認しているわけではないし。
日々の濃厚で濃密なエロで十分伝わっているとは思うけど、その時だけの都合のいい解釈かもしれないし。

虎嘯王は「攻め落とせ」と言ったけど、鼓翼はどこから攻めればいいんだ?、って、ぶっちゃけ思った(笑)

特に自分にはこれといった魅力はないし※虎嘯王は美男子、鳳舞王は何でもできる※、見た目も普通だし、性格も良くはない…
素直じゃないし、意地っ張りなところもある。見栄を張る部分もある。※それはこどもだから※
有用な武器が一つもないなーって思った。

うちのことをやって、うまい飯と気持ちのいいセッ伏字※寧ろ自分だけ良くなってそう※を提供してやるくらいしかできないなぁ、って考えると、手持ちの札が少ないような気がした。

なんか、恋煩いしているから、ちょっと後ろ向きだったのかもしれない。
普段の元気一杯の鼓翼なら、手札あるじゃん※三つも!※、十分じゃん、って思ったのにね。

こんなんで、龍飛王を攻略できるのかな…って、鼓翼は困ったように眉の端を下げた。※かわいい※



で、鼓翼は考えた。
弁当がだめなら、って。

「おやつ」

「…………」

差し出した包みは、ジャケットの内側のポケットに入るくらいの小ぶりなやつだ。
包装紙は安いものなので捨ててくれて構わない。
小さいので大したゴミにもならないし、持ち運びの邪魔にもならないだろう。

龍飛王が実はデザートも好んで食べていた※好き嫌いがないともいう(笑)※ということを思い出して、お弁当作りが無理なら…ってことで考えた。
実は工務店への差し入れと同じものなんだけど※手が汚れないようなものを毎回作る※、龍飛王にも持たせたくて鼓翼はその日、仕事に行く前に手渡した。

掌に押し付けられた簡易な包装紙を見て、龍飛王はこの場で食べてもいいのかと考えた。※食いしん坊※
でも、鼓翼はおやつだと言ったんだよね。
好きな時間に食べてもいいけど、食べないで誰かにあげてもいい。
ここで食べるのは、多分かなり間の抜けた奴のする行動だなと、賢明な龍飛王は悟った。

「わかった」

あとで食べる、と、言外に告げる。
鼓翼はちょっとホッとして※顔に出た※、じゃあ、気をつけてな、って龍飛王を見送ろうとした。

その頬に、龍飛王は音も立てずに顔を寄せると、軽く唇を当てた。

行ってきますの…………



龍飛王の姿はオートロックのドアの向こうに消えたが、玄関先で鼓翼は立ったまま硬直してた(笑)




龍飛王が運転手付きの車に乗ったタイミングくらいで、うわあああああ、って最高潮に照れていそう(笑)

鼓翼、鈍さが虎嘯王譲り…! ※むしろ超えた(笑)※


聡い子なのにね、ストレートな行動に弱いのかもしれない…わはは!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 13:07 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【R18】その36

【四人の王】妄想です。
久しぶりの鳳舞王×虎嘯王の夫婦えっち…!
18禁でお願いします。
二人は仲良し…!

そしてそして、『【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜』がDLsiteがるまにさんにて独占販売で販売を開始しました…!
あとからシリーズをまとめて購入するのもよし…なんか色々とアレですが、どうぞよろしくお願いいたします…!



現代版妄想・36


鳳舞王は、今夜の虎嘯王はえらく積極的だな、と思った。

腰の上に自ら乗ってきて※エロい※、口腔で丹念に育てた鳳舞王のオスに下肢をゆるゆるとこすり付けておねだりをする。
すでにベッドの上だったので、すぐさま本番に突入しても問題はない。すでにバスルームでエロエロしたあとだし(笑)

夫婦生活も含めて、鳳舞王は虎嘯王との付き合いが長いので※裸の付き合いも※、何となく、虎嘯王は自分に何か打ち明けたい話でもあるのかなと予想した。

サービスしてくれている気がするんだよね。虎嘯王自身が堪らなく発情しているというよりも。

問い質すのはえっちが済んだ後でもいいから、そのことは今は考えず、鳳舞王は腰を捕らえて、虎嘯王に挿入する過程を殊更じっくりと味わわせるように※エロい※ゆっくりと元気に漲った自身をそこに嵌め込んだ。

くぷ、と小さな音がして、虎嘯王の唇が鳳舞王の先端を招き入れる。

浴室で体を洗いながら散々解したあとで致したそこは、ぬるついたまま、鳳舞王の立派な伏字の頭を迎え入れた。
虎嘯王はちょっと抵抗を示して※ナカはビクビクに反応しまくってた※、ん、っと喉で高く鳴き、自分からも鳳舞王のアレを頬張るように尻を動かして、一所懸命内側に収めようとクチュクチュと小刻みに動かしながら飲み込んだ。
深い位置に鳳舞王を感じるようになった頃には、虎嘯王の肌は綺麗な桜色に染まっていた。※発情※

少しだけ深呼吸をしてから、虎嘯王が鳳舞王の下腹の位置で下半身を緩慢な動きで上げ下げする。
含まれた鳳舞王のナニが、ぬるっぬちゅっと虎嘯王の下の口に絞られながら扱かれる。
緩やかな抽挿では行きはしないが、鳳舞王が硬さを増すには十分すぎるほど濃厚で刺激的な光景のエロだった。

虎嘯王は騎乗位が昔は苦手だったけれど※恥じらい※、鼓翼を妊娠中に鳳舞王から優しく丁寧に何度も仕込まれ…じゃない、手解きを受けて、自身も相手も気持ち良くなれるバランスを見事に身につけていた。
どう動けば鳳舞王の竿が元気になって、お腹の中でますますヤる気になるのかまでを習得したし、自分の下の口も上と同様に※コツは全く異なるけれど※鳳舞王をビンビンに高ぶらせることができることを骨の髄まで理解した。
むしろ鼓翼を出産してからは、感度と一緒に下でヤるどエロが増したと言っても過言ではない。

お口でもちゅうちゅう吸ったり舌で舐めたりシゴいたりできるんだけど※手や指も使って※、腰の動きや内壁のぬるぬるの感触でも鳳舞王の射伏字欲求を刺激しまくれると学んだ。

というか、シュートしたいゴールが虎嘯王のナカなので、入っているだけで鳳舞王が歓んでいることも熟知していた。※そしてそこに虎嘯王も鳳舞王のアレが常に欲しい※

ゴムなし性交は鳳虎の二人にとって、本当にメイク・ラブの極みだった(笑)


虎嘯王は後ろの刺激を堪えて、目を細めながら懸命に鳳舞王の方を見て喘ぐんだよね。
良くなってほしいから、必死に腰をエロく蠢かせながら、跳ねさせながら、哀願するみたいにこっちを見続ける。目線を逸らせないというか、逸らしたくないというか。
二人だけの密な時間を、重ねた体温で確認しあった上で二人きりの寝室でひとつに溶け合ってた。

鳳舞王は終始にこやかで※虎嘯王には何となくわかる※、虎嘯王の動きと弾む体と息づかいと声と匂いを堪能してた。

でも鳳舞王の伏字は頑強だから、虎嘯王の腰使いだけでは行かせられない。
もっとうまくしたいのに、って虎嘯王は悔しそうに汗を浮かべながら眉を歪めるんだけど、頬を染めているからそれだけでエロスでね。

虎嘯王をほとほと参らせちゃった後に、鳳舞王は待ってましたとばかりににこりと微笑ってからガンガンに下から腰を使って、上に乗せた虎嘯王をM字開脚させたまま※結合部丸見え※、中に熱い精伏字をびゅうびゅうと吐き出しちゃう。

突き上げられて、精伏字でも直接イかされて、虎嘯王は小さい悲鳴を何度も放った。

滾りを内側で受け止めて、自らも白い飛沫を放って、ふうっふうって、肩と胸で息をして、鳳舞王の腰の上で意識を失いそうになる。
鳳舞王はその体を抱きとめて※抜きたくない※、繋がったまま、またくちくちと動き始める。
座位の格好になって、虎嘯王も鳳舞王の背に両腕を必死に回して、その耳元に熱くなった吐息を幾度も吐いた。
感じてる、また来てしまう、と告げるように。

完全に身も心も性欲も愛欲も全て自分だけのものになっている虎嘯王に、鳳舞王は満足して、際限なく腰を入れて、弱いところを突いてついてつきまくって、極まった瞬間にまたまた濃いのを中出ししてあげた。
虎嘯王は誰にも聞かせられないようなエロ声を間断なく漏らしながら、鳳舞王に余すところなくきつく抱擁されてまた何回もイっちゃった。


虎嘯王は快感が凄すぎてふにゃあってなって、シーツの上で脱力しちゃったけど、鳳舞王はその肢体を抱き寄せて、汗を掻いた肌が冷えないように温めてあげた。
虎嘯王のすべてが大好きなので、もう、ぎゅうぎゅうに繋がっていたい(笑)

で、虎嘯王から本題を打ち明けるのを、鳳舞王は肌に唇を這わせ、その髪を撫でながら待った。




年末に鼓翼と豹變王に会いに行くんだが、一緒に行かないかと。

まあ、なんとなく鳳舞王にとっては予想できた内容だった。

鼓翼がうまれたときに、一度虎嘯王は鼓翼を連れて友人である男と直接会っている。
鳳舞王は同行しなかったんだよね、豹變王は他人だし。

今回も誘ってくれたわけなんだけれど、旅館で待ってると鳳舞王は静かに言った。
虎嘯王の米神の濡れた髪を指先でいとおしそうに梳きながら。

虎嘯王は心なしかしょんぼりしたけど※虎親になったのであからさまではないけど※、そうか、って言った。
で、鳳舞王の首根にぎゅってしがみついて、言ったんだよね。※かわいいか!※

鼓翼が豹變王ではない、別の男と同棲しているみたいだ、って。
顔を見せに行ってやらないのか?、って。

親として、と、虎嘯王は言いたかったのかもしれない。

鳳舞王は、自分たちの子に好きな相手ができたことは普通に良かったのでは、と考えた。
おめでとうと言うのも何か違うかもしれないけど、独り立ちをほんとうにしたんだなとも思った。

虎嘯王の体を優しく撫で返しながら、幸せでやっているならいい、と告げた。
介入する気はないし、鼓翼は実際に頭がいい。
そんな子が、ヘマをするようなことにはならないだろうと感じていたからだ。

虎嘯王には鳳舞王の気持ちが、触れた肌を通して手に取るようにわかった。
信頼しているからこそ、会わないのかもしれない。
必要があれば、あちらから出向くだろうと考えていたのかも。
男親だなぁ※虎親は?※、と思いながら、虎嘯王はそっと鳳舞王の耳朶に囁いた。

鼓翼が付き合っている男の名。

それを聞いた瞬間、鳳舞王は、切れ長の両目を鋭く細めた。



どひー!

でも、鳳舞王からすれば龍飛王との因縁は、虎嘯王にとっては直接関係がないことなのでまたムラムラしてヤリそう(笑)

虎嘯王は、なんでだ!?、ってなりそうだけど。※どこに興奮の材料があったんだ?※
虎嘯王との夫婦生活の前では、鼓翼と龍飛王のことは後回し!!(笑)
むしろあちらから抱きついてきたりとか、辛抱堪らなかったのでしょう…!

虎嘯王との性生活の前では深刻になりすぎることはない※好き過ぎて※、ある意味で潔い創世の王でした…!

名前を聞いて一瞬不機嫌になったし、うーん、とは思っただろうけど、鼓翼は独り立ちしたと考えたからこそなのかな。
でも、鼓翼以外と対面は絶対にしない(笑)
豹變王に対しても同じ。
なんというか、潔癖な鳳舞王でした。

虎嘯王は鳳舞王が他者にフレンドリーじゃなくても全然構わない。
それ以外ではしっかりしているし、見知らぬ他人には社交的だし。
特に仲良くしてほしいとは思っていないのかも。王同士だし。
直接会って喧嘩さえしなければいいかなと。

鳳舞王は龍飛王を憎んでいるというかきらっているけど、それで虎嘯王を困らせたりするわけではない。飽くまで個人の観点だから。
虎嘯王はそれがわかるから、鳳舞王を懐柔しようとはしないんだよね。
虎嘯王と豹變王の付き合いも口出しはしないけど、自分はそいつとは関わらないって決めているし。

鳳舞王は一見柔軟に見えて、一部では頑固だけど、物分かりのいい父親なのかもしれない。
鼓翼のことは息子としてよく理解していると思う。
放任に見えるけど、頭が良い者同士、短い時間で色んなことを話していたと思う。鳳舞王と鼓翼は独特な父子関係。

その息子の相手が龍飛王であっても、それは鼓翼の道だから。
自分は一番欲しかった虎嘯王を手に入れたので、それ以上を望まない※無責任ではなく※のかもしれない。

意外と冷静な鳳舞王でした。
虎嘯王※愛する者※が自分のものになっているおかげかもしれない。


虎嘯王は鳳舞王に兄弟がいる※血は繋がってない※ことを、前以て聞いていたのかな。

虎嘯王 「鼓翼は龍飛王と付き合っているらしい」※現代版妄想では愛称呼びできない(笑)※
鳳舞王 「(なんで?)」
…こんなノリだったかも(笑)


ともあれ、何かが迫ってきたようです。
年末という名の、リアルの締め切りが…!!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:18 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月21日

【四人の王】【妄想】【友】その35

【四人の王】妄想です。
虎嘯王は親になっても鳳舞王の前ではにゃんこだけれど、それ以外ではマイペースのような気がしつつ。
根っこはやっぱり、にゃんこ※とら※なので…!
でも、基本的にはやっぱり、鳳舞王のにゃんこではないかと…!(苦笑)
そして久々の豹虎です。


現代版妄想・35


虎嘯王は鼓翼と通話を終えた後、豹變王に時間があれば折り返し連絡をくれとメールを打った。
程なくして着信があり、虎嘯王は友人に鼓翼の近況について尋ねた。

「迷惑をかけたようだな」

僅か数週間ほどしか一緒に暮らさなかったので※今も豹變王のマンションが鼓翼の実家みたいなものだけど※、良いのか悪いのかは別として、虎嘯王は豹變王を労い、お礼を言った。

豹變王は久しぶりの虎嘯王との一対一の会話に機嫌を良くしていて、満面の笑みで※にやにやしながら※、気にすんな、と返した。※いい男※

虎嘯王は鼓翼を見た時にも気づいたけど、この男もどこか変わったな、と感じた。
鼓翼を預けて一緒に暮らしたからだろうか。
風貌や物腰に一本、筋が入っている。
保護者の顔をしているな、と思った。

先に鼓翼と話をしたことを明かすと、豹變王は用件を速やかに察したようだ。※豹變王は機転が利くので話が早い※

「鼓翼の同棲相手について、何か知っているか?」

虎嘯王は回りくどくなく、単刀直入に尋ねた。※さすが勇武の王※

豹變王はらしくもなく、ちょっと躊躇った。
虎嘯王に対する反応としては割と珍しい態度だった。※いつも飄々としてるので※

やがて思案の末に出した豹變王の答に、虎嘯王は心なしか目を丸くした。

「鼓翼に目を付けた奴は、やべーくらいの大物だぜ…?」

虎嘯王は口には出さなかったけど、ジンベイザメとかか?、と一瞬思った。※あほ※
実際は龍だから、それよりもっと大きい。

豹變王は口中で吟味するように言葉を選んでいるようだ。
それくらい、すごい奴らしい。

「世界中で毎年100人だけ選ばれる、『現代の偉人』っていうリストがある」

そこの100人の中からきちんと選に漏れているような奴だ、と。

虎嘯王は、豹變王の遠回しな言い方ではよくわからなかったが、漠然とは把握した。

「つまり、わざと外れるように行動していると?」

日の目が当たらないよう※有名になってマスコミを相手をするのは無駄だから※、偉人100人に選ばれないように立ち回っている男だという。
数十社の相談役を引き受けて※本来はもっと勧誘が多い※、肩書きを何重にも持っているような奴だと豹變王は説明をした。※持ってる電子名刺の種類が多そう(笑)※
ネットで調べれば出てくるぜ、とも。

手がける分野が多岐にわたり、業種も問わない。
最初は医療系を専攻していたようだが、数学も工学も語学も地学も考古学も、もちろん天文学、自然科学、あらゆる学問をすべて修めた。※王だから(笑)※
ちまちまと学会で論文も出しているし、自身で多言語化するから評価も高い。影響力も強い。もちろん資産も物凄い。
ただ、立ち回りがすごく静かなので目立たないのだという。

表舞台には立たずに、今はなんかの大会社の役員に収まっている。
ぎりぎり人目がつかないところで、数多の肩書きを所持しているらしい。
影のボス的な奴だな、と豹變王は評した。

虎嘯王はすごいな、と感心しつつも、豹變王の口振りから察するに、男は相手に対してあまり良い感情を持っていないことは理解した。

自身が保護していたはずの鼓翼を実質奪われたようなものだし※虎嘯王は内情は知らないが※、面白くはないのだろう。

確かに大物だ、と、先程までジンベイザメを連想していた虎嘯王は納得した。※天然※

けれど、たとえ豹變王が言うように影のボス的な存在であるとしても※龍飛王は創始の闇だから※、鼓翼が好きになった相手なら、それほどわるい奴ではないのだろうとも考えた。

鼓翼はああ見えて自分よりも現実的だし、鼓翼しか知り得ない男の魅力が確かにあったのだろうと思う。そう、信じる。
虎嘯王は、鳳舞王の子である鼓翼をかなりというか、ちゃんと信頼していた。
少なくとも、目先の利だけで惹かれたりはしないはずだと。※最初は金持ちのステータスに引いてたし※

豹變王の説明に、わかった、と言ってから、年末にそっちに行くと虎嘯王は重大な要件を後になってから付け加えた。
それを先に言えよ!!、と豹變王からすぐさまツッコまれたが、鼓翼の親だから仕方ねーか、と言われた。
親だし、こどもの動向の方が先に知りたいからね…!

「またその時に」

近くなったら連絡する、と。

虎嘯王の色気のない通話は一方的に切られた(笑)

豹變王は笑いながら、相変わらずだなー、と思ったと思う。※虎嘯王のそういうところも好きなので特段怒らない※




鳳舞王にどうやって話をするか、と、虎親の虎嘯王は考えていそう。

豹變王は虎嘯王の顔を見れると機嫌が治る(笑)
根っから虎嘯王のことが友人としても好きだから。

てなことで、どんどん話が展開していきます…!
どうぞ、お付き合いください…!

あと、[現代版妄想]『【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜』は明日、DLsiteさんで販売開始します。よろしくです〜!

つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 12:24 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【虎親】その34

【四人の王】妄想です。
リアル同様に年末の雰囲気に近づいているらしい、現代版妄想です。
時間軸とかは特に気にしていないのですが、なんか、そうらしいです…!
なので、2023年中に更新を完成・完結させたくて、ひた走ってます…!
急げ、時間は待ってはくれない!
あと、年賀状を書いて投函しなきゃ!!(ドドドドド)


現代版妄想・34


年末年始に、鳳舞王と虎嘯王が鼓翼と豹變王の滞在する国に来るという。
一、二週間ほどの温泉旅行を計画したのだそうだ。※クリスマスと冬の休暇※
蜜月婚前温泉旅行みたいですね!、…という事実を鼓翼は知らないが※生まれる前だったし※、何度か二人で温泉には行っていたみたいだ。

めっちゃ小さい頃、鼓翼が豹變王と初めて対面した理由も、鳳舞王たちが旅行で入国したついでに虎嘯王が鼓翼を連れて会いに行ったという寸法だ。

鼓翼からしたら、温泉に何か思い入れがあるのかなと思うくらいに考えていたんだけど、この国の宿屋巡りをかなり気に入っていたみたいで、度々鼓翼も付き合わされた。※二人はエロばかりしていたので鼓翼は別の部屋で勉強してた(笑)※


当たり前だけれど、今回も鼓翼と豹變王の顔を見に立ち寄ると。

虎嘯王から連絡を受けて、鼓翼は、あー、って思った。

今は豹變王と一緒に暮らしていないことを伝えなくてはならない。
隠す意味がないし※嘘はバレる※、自身の将来に関わることかもしれないし。鳳舞王と虎嘯王は家族だし。


で、鼓翼は虎嘯王に通話画面越しに言ったよね。

今は豹變王とは違う住居に住んでる、と。

虎嘯王は鼓翼の一言で大体を察したようだ。※現代版の豹變王との付き合いは短いけど人となりならぬ王となりはよく理解している※

道理で鼓翼の後ろの景色が見慣れないというか、豪華だなと疑問に思っていた部分が解決したようだ。
それを踏まえた上で「住み込みで働くつもりだと言っていたみたいだな※鳳舞王に※」と虎嘯王は言った。

鼓翼は正直に言いあぐねたけれど、鳳舞王に話すよりも同じ受けキャラの※真理※虎嘯王に話した方がより深く理解してくれるかなと考えた。

「実は、同棲みたいなことになってて…」

住み込みで働いていることは間違いないが、相手とは寝ている※!※ということをはっきりと伝えるために、鼓翼は『同棲』という表現を使った。
今はその相手が所有しているマンションに一緒に住んでいると。

龍飛王と自分が、正しく恋人同士であるのかどうかはわからない。
もしかしたらそんなことは全然なくて、龍飛王にとって鼓翼は唯一無二のセッ伏字・パートナーなだけかもしれないし。
仕事と肉体の関係だけ、というのとはまた異なることは、よく理解しているのだけれど。


虎嘯王は、ちょっと黙った。
鼓翼は、説教をされるかな、と少し身構えた。
恋人と住んでいる、と言えば済むだけなのに、回りくどい言い方をしたから、勘ぐらせてしまったかもしれない。

けれど鼓翼の心配を他所に、「だから雰囲気が違っていたのか」と虎嘯王は更に納得した風に放言した。

鼓翼はなんか、それを聞いて、一気に肩の荷が下りたような気がした。


なんてったって、虎嘯王は鼓翼の虎親ですから!(笑)
その実態は見事な受けにゃんこだけど!!


虎嘯王は、大体わかった、とだけ言った。
何がわかったのか、鼓翼にはさっぱりだったけれど、要するに、と虎嘯王は続けた。

「好きな相手と暮らしているということだろう?」
「…………」

思わず鼓翼は言葉に詰まった。
単刀直入に言い当てられて、これが受けの王の力か※そうなんだ?※、と思った。

真に両思いではないかもしれないが※寂しい※、鼓翼自身が好いた相手と共に暮らしているという意味なのだろう。
虎嘯王は鼓翼の態度と話から、そう解釈した。

だって、家から出ていった時よりも雰囲気が大人びてて※性開発されて毎日気持ち良くイけてるから※、おそらく今の鼓翼が不幸ではないと直感したんだと思う。
王の勘というか、虎親の勘で。

「相手はそんなに難攻不落なのか」

鼓翼の好意を知ってて思いを返さないのかと、虎嘯王は言った。

片思いかもしれないと明言したわけではないんだけど、恋人という形容を避けたのでそう思われてしまったのだろう。愛人だと誤解されるよりは数倍マシだったが。
別段、虎嘯王の口調は鼓翼を責めるようなものではなかった。

鼓翼はそれを聞いて、ええーって、思った。

「いや、好きかどうかは…」

わがこととはいえ、らしくもなく、しどろもどろになる。※かわいい※

鼓翼自身の気持ちは、実際はっきりしない。

豹變王の方が明るい性格だし、怒らせると虎嘯王以上にこわいけれど、柔軟な気性だし、趣味や遊びも感覚的に近い。豹變王がこちらに合わせてくれているだけかもしれないが、会話も弾むし、しょっちゅう同じタイミングで笑い合える。

でも、鼓翼は龍飛王の食べ方というか食事をする姿が見飽きることがないくらい好きだし、龍飛王のために料理を振る舞うのも好きだし、あの頭の中にも興味がある。夜も…きらいではない。※むしろハマるくらいで毎回危ういとさえ思う※

「好きでなければ、共にいる意味がないと思うが」

「…………」

それは、自分と龍飛王の両方のことを言っているのだろうか。

けれど、あちらが執心してくれていることは確かだけれど、今は投資したい対象としか見ていないと思う。
勉強をして、エロをして、家事をして、エロをして…の繰り返しだし。
少しも両思い同士の、所謂恋人同士のようなこと※デートとか※をしているわけではない。

賢しい鼓翼にしては歯切れの良くない返答に、虎嘯王は少し口元を緩めたようだ。
恋しているんだな※自分が鳳舞王に惹かれたように※、と思ったのかも。

「いずれにしても、中途半端はよせ」

「好きなら落とせ」と、虎嘯王は勇武の親っぽいことを言った。

鼓翼は初めて、虎嘯王ってすげーな、って思った(笑)


だって、いい加減な関係を続けてもその先にはお別れか自然消滅しかないからね。
五指では足りないかもしれない学生時代の彼女との別れをたくさん経験している虎嘯王だからこそ言えたのかも。※つらい※

鳳舞王と出会って、なし崩しに惹かれて合体…じゃない、結ばれた虎嘯王にとっては、やっぱり最終ゴールが見えない関係ならば、自分で答を掴めと言いたかったよね。
自分は鳳舞王にまんまとモノにされたのに。

鳳舞王と初めてエッチしてからというもの、虎嘯王は幸せ三昧だったから、好きなら鼓翼に当たって砕けろ、と言いたかったのかも。
もちろん本当に砕けられちゃ困るけど。成就させろって言いたかった。

虎嘯王も鳳舞王を好きになったから、エロエロも嬉しいし、子作りもハッピーだったし。子育ても、エッチしながら楽しめた。※!※
もし片想いであるのなら、掴み取ればよかろうなのだ。
自分たちの仔なのだから、その素質は十二分にある、と。

短絡的な思考すぎると思ったけど、虎嘯王が自分ならきっとそうしたんだろうな※確かに正式にお付き合いしてくださいと鳳舞王に自ら言ってたけど(笑)※、と鼓翼は思った。

とりあえず鳳舞王にはうまく伝えておく、と言って通話を切られたけれど、虎嘯王を頭から信じて良いものか。

虎嘯王は結局のところ鳳舞王に弱いし※エロはね!※、大丈夫かなと心配しつつ。
鳳舞王も大概虎嘯王に甘いから、問題ないというのは余談だけれど。


口説くのかぁ…。

あの龍飛王を、自分が。


鼓翼はなんだか想像して、ちょっぴり頬を染めた。


龍飛王自身には恋愛感情はないのに! ※心がないから※
どうする、中天の帝…!

なんか、むずがゆくなってきました…!

俺たち、両想いなんだよな??、って言えないけど、言いたい気持ちが、鼓翼の中で強くなってきたのかな。


てことで、つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:10 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

2023年12月20日

【四人の王】【妄想】【R18】その33

【四人の王】妄想です。
エロが止まらない、龍飛王。
だって、休日なんだよ!?、と言いたいが、言わない。
というか、龍飛王には感情がないので愚痴を言いたいとかはないと思いますが、折角の鼓翼とのムフフタイムを邪魔する奴はけしからんと思っていてもいいと思います(苦笑)
てことで、18禁でお願いします…!

あと、年内に更新を完了させて(完結させて)、裏本として『龍飛王×鼓翼編』もまとめます! 2024年1月末までにはDLsiteさんで龍飛王×鼓翼編を作品化して販売開始できれば…! やりたいので、やらせていただきます…! 多分やれるはず…!?(汗)


現代版妄想・33


龍飛王は女みたいな顔立ち※骨格は男※なんだけど、見た目に反して実は大食漢らしくて、そうだと気づかれないのは食事にとても時間をかけるから。

鼓翼は働いていた以前のお店※今は退職※に客として来ていた龍飛王の食べ方やスピードをある程度知っていたけど、すごくよく食材をしっかり噛んで食べて味わってくれているなぁと常々思っていた。

時間をかけるので温かいものは少し冷めてしまうけど、それならばきちんと下味を付けて旨味や出汁を考慮して、冷めても時間が経っても風味を損なわないような徹底的に計算し尽くした料理を、食べるペースに合わせて提供すれば良い。

頭を使う分エネルギーを消耗するのかなというくらい、鼓翼自身も比較的よく食べるけど、龍飛王は出したものは量の大小に関わらず、必ず完食する。
好物もきらいなものも実は取り立ててない。
特に腹が空いたとも自分からは言わない。※心がないともいう※
鼓翼とのセッ伏字は我慢しない(笑)
お腹が物足りない時は酒を嗜む。

鼓翼は龍飛王をそう解釈していた。

なので、ちょうどいい按配の好みの量を独自に調査し、手間と工夫を凝らして龍飛王のための料理を作る。
じっくりと食してくれるので、鼓翼は龍飛王の食事をする姿がなんとなく好きだった。※むしろそこが好きなのでは※

物言わずに素材をしっかりと吟味してくれているようで、それがなんか嬉しかった。
ぱぱっと食べられるよりも、龍飛王のペースそのものに意味があるのだと考えたのかも。


龍飛王は食後に、先程鼓翼との楽しい時間を邪魔してくれた相手と立派なソファの上で画面越しにやり取りをしていた。
商談はすぐに終わったようで、今は世界情勢とかの話に移行していたようだ。※言語は英語が混ざったりしつつ、鼓翼が知らないものだったかも※

鼓翼も流石に龍飛王が休日に仕事をしている様を見て気の毒に思いながら、龍飛王のために紅茶を淹れたよね。

飲んでほしいから、ソファの前のテーブルに置いたら、やっぱり手首を掴まれた。
ソーサーから手を離してすぐだったから良かったけれど、あっという間に龍飛王の足の間に引き寄せられて、背後から体を抱え込まれる。

鼓翼はびっくりしたけど、龍飛王は離さない。
通話相手と話を続けながら※画面は映ってなかった※、鼓翼が身に着けていた丈の短いエプロンを取り払った。

…いやな予感(笑)

そのまま掌が下着の中に忍び込んだ瞬間、ひっ、て、鼓翼は思った。※声は出なかった※

さっきも寝室で何回もやったよな?! 好き放題!
いっぱい出してたくさん突いて濡らして摩擦してこすって中出しして。
それでも足りなかったのだろうか?!※「そうだ」(笑)※

だって、折角の休みだよ!?
本来であれば、お気に入り過ぎる鼓翼とセッ伏字し放題ができたはずなんだよ!? ※?※
また鼓翼を教育して仕込んでシコシコしまくって、もっとして欲しいって鼓翼の上下のお口で言わせるまで、際限なくアソコの中に奥まで挿入れて出し入れしまくった挙句に何遍も種付けして出すはずだった。※すごい※

龍飛王は顔も声も平素のままで淡々としてたけど、鼓翼より体温が低い手指の動きは完全にそれとは真逆の動きをしていた(笑)

本心が、どエロ行為に出る、龍飛王。


龍飛王が前に回していたずらをする腕をなんとかして押さえるか留めるか退けようとして必死になったんだけど、すごい腕力でね。※実は力が一番ある。龍だし※
何をやっても鋼の腕をしりぞけられないから、更に深みにはまっちゃって。

龍飛王は鼓翼の前を玉ごと掴んで転がすようにふやふやこりこりと愛撫しつつ、たまに※シャレにあらず※裏に薬指や小指を添えて、こすこすと擦ったり、くにくにふにふにしたりして、雄弁で器用な前戯をしまくった。
鼓翼自身も根元からさすり上げて、過敏な箇所を余すところなく愛撫する。

鼓翼はもっと刺激が欲しくて※自分でするより全然良かった※、無意識に下腹を前にカクカクと突き出した格好になって、抵抗しているのか龍飛王に協力的になってるのかわけがわからなかった。※体は正直※
けれど、背後に当たる龍飛王のスラックスに硬いものを感じた瞬間に、鼓翼は前面の同性部分の動きだけじゃとてもじゃないけど足りなくなった。

布地の中に隠れて前を弄ぶ龍飛王の指をしっとりと、けれど卑猥にぬるつかせる透明な液と同じように、ヒクヒクとアソコも疼くような気がした。

龍飛王に散々出されて致された箇所が内側の奥の方から※お腹の方から※熱くなって、うう、って思う。
恥ずかしさを伴うまぎれもない欲情に、魚みたいに体がビクビクと跳ねた。
情けなくも、今ここで本番セッ伏字をしてほしいって、鼓翼は思ってしまった。

鼓翼は自分でも自覚ができるほど※聡いので※、すでに身も心も、龍飛王との本気で、ナマばかりの種付けおセッ伏字に陥落してた。


でも、会話が続いているし※?※、ここで自身の欲望に負けるわけにはいかないと。
唇を噛み締めて、顔を真っ赤にしながら懸命に声を殺していたら、龍飛王の口元が頬に当たった。

もう我慢しなくていいと。

相手の回線は切ったと端的に知らされて、鼓翼はその一言だけであっという間に緊張から解放された。

すぐさま後ろを振り返って、龍飛王の肩にしがみつく。
龍飛王の悪戯な手は離れ、鼓翼をしっかりと抱擁した。※ラブい※

続きを、最後まで続きをしてほしいと言いたくて言えなくて、鼓翼は息を弾ませて俯いたまま、龍飛王を抱きしめる腕に力を込めた。

大丈夫。龍飛王は賢いから、鼓翼のえっちな願望をしっかりと理解している。
鼓翼以上に猛烈に催しているのも、間違いなく龍飛王だし(笑)

龍飛王は鼓翼の五体を軽々と抱え上げると※力持ち※、ゆっくりとした歩調で二人の寝室までまっすぐに向かった。

端末には、これから朝まで誰の連絡も受け付けるな、と言い捨てて。


…そしてしこたまヤりました!!

やったぁ!
待ってた、これを!、と龍飛王は思わないと思うけど、そんな困難あり、変なプレイありの龍飛王×鼓翼でした。

鼓翼もなんか、自分から龍飛王を欲しがった手前、ベッドの上でやたらと素直でさ…
龍飛王はそんな鼓翼にメロメロにはならないけど※無表情※、きちんと気持ち良くしてから鼓翼をメスイキさせたと思う。何回も。何回も。何通りも(笑)

ゴムしてくれよ…とは物言わず鼓翼は思ってたと思うけど、「今日は特別だからな…」って龍飛王に言ってたりして(笑)
龍飛王は休日なのにお仕事してたし…しかもボランティアで。※給与なしの時間※
とはいえ、龍飛王からしてみれば常に『特別』でいいと思うんだけど、そういうところが生真面目な虎嘯王似なのかなぁと思ったり。

鼓翼は龍飛王に性感帯をいじられると、もう理性があかんという事実に愕然としていそうですが。

この二人もデートさせたいな…


あと、読み返して思ったのは、食欲と性欲がほぼ似た趣向なんですな、龍飛王は。
じっくり食べるのと同じように、セッ伏字もじっくりというか、時間をかけて執拗にする。

違う点は、後者は好いた相手がいないとできないことなので、これまで発見することができなかった真実なんじゃないかと。
今の龍飛王は、性欲は食欲に通じるんだなとおのれを通して実感していそう。
鼓翼もきっとそう※食に熱心※だと思う。

つまり、互いにセッ伏字に夢中になれる素質が二人には※似たような傾向と価値観で※最初からあったってことかな?、という結論に。
不思議だなぁと思いつつ、食欲と性欲についてなんかちょっと考えてしまったりしつつ。


龍飛王×鼓翼はまだまだ続きます…!
ラストまで(まだ先は長いけど)走るぞー!、です…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 11:47 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ

【四人の王】【妄想】【R18】その32

【四人の王】妄想です。
多忙を極める龍飛王のお話。
大人向けの18禁でお願いします…!
余暇というか、休日を楽しんでいるらしい龍飛王×鼓翼です。

そして、DLsiteさんで審査が通りましたので、『【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜』は2023年12月22日(金)に販売開始いたします…!
また、Ci-enのフォロワーさん向けに作品サンプルを公開してますので、よろしければチェックをお願いいたします…!
https://ci-en.dlsite.com/creator/240/article/1027067


現代版妄想・32


龍飛王の生活の大半は大体仕事に関わっていたので、鼓翼と過ごす時間は夜と朝しかなかった。
諸々の事情から鼓翼のように週休二日ではなく、変則的に休みがある。
とはいえ、鼓翼と過ごすために、日曜日だけはなんとか死守していた。

が。

その日は運悪く、私用の回線に連絡が入った。



龍飛王は出るのがいやだった。
この番号にかけてくるということは、時間外労働の手当ては出ない(笑)
ただ働きは御免だ。
ゆえに無視しようかと思った。
でもプライド的にそれはできなかったし、上に立つ人間として下の者たちの手助けはしなければならないと思った。※えらい※

渋々、何一つ感情を顔には出さないが、タブレット端末のAIに回線を繋げろと指示した。

驚いたのは、龍飛王に股間を愛撫されている真っ最中だった鼓翼だ。
寝室のベッドのシーツの上で全裸にされ※龍飛王も素っ裸※、内腿に所有印をつけられながら嬲られていたところだったからだ。

自身が可愛がっていた肌の上から頭をあげた龍飛王は鼓翼の曲げた足元で足を組み、タブレットの中の相手と話をし始めた。何やら会議の予定を早めてほしいと連絡があったそうだ。

急用らしいので、今から来られないかと言っているようだ。
休みだぞ、って、龍飛王は内心で憤慨した。
しかも、鼓翼とイイコトをしている途中で水を差されて、龍飛王の内面は完全におこだった(笑)

とはいえ、獲物を逃がさないように膝を掴み、もう片方の手で鼓翼の少し解れた秘所を弄る。
意図的に中指だけを真っ直ぐに伸ばして、鼓翼の入口に当てがった。

ぬぷ、と明らかに音がして、異変を感じた鼓翼が息を詰める。
反射的に逃げを打つ体を悠々と片腕だけで押さえつけ、ぬちぬちと奥へそれを侵入させた。
先刻もローションで散々弄び尽くした箇所だ。指一本くらい易々と受け入れられる。

龍飛王は中指をおのれの性器に見立てて、ゆっくりとその場で前後に出し入れをし始めた。
鼓翼はぎょっとして、慌てて自分の口を手で塞ぐ。声が通話相手に聞かれてしまうと懸念したからだ。

けれど龍飛王はそんな鼓翼の胸中を意に介さず、抜き差しのスピードを緩めるどころか、セッ伏字のピス伏字同様の速さで鼓翼の敏感な粘膜を繰り返しいじめ抜く。
しかも一本だけ伸ばした指でピンポイントに弱い箇所を徹底的にくんくんと突かれ、弄られている鼓翼の背筋は、喉をしゃくりあげるリズムに合わせてビクビクと快感で引き攣れた。

中の刺激だけで行きそうな時にだけ見せる媚態に、龍飛王は少し機嫌を良くした。
鼓翼の反応が良いので、もう少し話を引き延ばしてみるか、と変なことを考える。

鼓翼が懸命に耐えて※耐えれていないけど※いる姿に自嘲してしまうほど興奮しながら、龍飛王はそういえば、と話を変えた。

快楽から逃れようと必死になっている鼓翼の耳に会話の内容は入ってこないが、龍飛王の容赦のない指技に陥落寸前まで追い詰められる。
あと一歩、あと一回の接触があれば行ける、と思った瞬間、龍飛王は無慈悲にその長い尖指を鼓翼の濡れた狭い内壁から引き抜いた。

突如として失った接触に、鼓翼はホッとしたような、残念なような気持ちに襲われる。※失望感の方が大きかった※
これで我慢せずに済むと思った安堵感と、先ほどまで入っていた温もりの※伏字そのものよりも質量はないが明確な※喪失感に、情けなくも涙がこみ上げてきた。
なんでかわからないけど、鼓翼の体は理性に反して龍飛王にもっとしてほしかったと訴えた。※えちぃ!※

そんな心中をまるで測ったかのように、龍飛王は話を続けながら鼓翼を仰向けに転がした。
そのまま、あっと思う間もなく両足を割り、体の中心を鼓翼が寂しがった窪みにピタリと当て、有無を言わせず、予告動作なしに押し入った。

容赦のない挿入は、そこを弄られ尽くしていた鼓翼を傷つけることはなかったけれど、受け入れる側の鼓翼は頭も体もとにかくびっくりした。

ずぶりと入ってきたものの衝撃と大きさに、思わず声を上げそうになる。
入った位置で、くちゅっくちゅっと、龍飛王はわざと音を立ててリズミカルに腰を動かし始めた。
鼓翼が意図的に声を殺しても、明らかにナニをしている最中であろう卑猥な結合音が次々と漏れてしまう。
だめだ、こんなこと※性交※をしていると、他人に悟らせてはならないと。

鳳舞王と虎嘯王の露骨な性交渉を日々目の当たりにしてきたとはいえ、自身が当事者になれば話が別だ。
家族でもない他人である会話の主に勘付かれでもしたら、鼓翼は今以上に居たたまれない気持ちになる。

何でもいいから他に気を紛らそうと、唇を噛み締めながらあたふたと左右を見回すが、龍飛王の圧倒的な存在感と、エロ開発されている鼓翼の発展途上の肉体は当たり前だが少しも言うことを聞かない。
むしろ龍飛王の動きに従順すぎて、手で口を覆っても、いやいやと頭を振っても、なぜか声だけは、あ、あ、ん、と龍飛王の律動に合わせて零れた。

いやだ、だめだ、これ以上は本当にだめだ。
鼓翼は必死になっているのに、龍飛王は始めたセッ伏字をやめようともない。

龍飛王はしばらくの間、体の下で押し開いた鼓翼の秘部を雄の性器で堪能していたが、更なる結合を求めてその上体をシーツから掬い上げた。

龍飛王のあぐらの上に鼓翼の尻が乗っかり、繋がった部分が深くなる。
逃げるように下肢に力を入れるが、龍飛王の両腕の拘束と下からの連続した突き上げに、鼓翼の体は文字通り男性器によってなす術なく串刺しにされた。

ぐちゅんぐちゅんと前後にかき回すようにそこで腰を使われ、鼓翼は思わず龍飛王の首に縋った。

無意識に相手に抱きつきながら、行ってしまう、と何度も訴える。

声量を抑えていたはずが、なけなしの自制心を激しい交合で吹き飛ばされて、鼓翼は恥を忘れて龍飛王に哀願した。

もうこれ以上されたら、これ以上攻め続けられたら堕ちてしまうと、涙ながらに訴える。
けれど鼓翼の神経を支配しているのは絶望ではない。
しっかりと相手と繋がった嬉しさと、肉体が悦んでいる熱さと、龍飛王自身の雄々しい形と確かな熱量に感動さえしていた。※おかしい※

会話の相手のことはもう眼中になかった。自分からも龍飛王の下腹に腰をこすり付け、あ、あ、と断続的な喘ぎ声を龍飛王の耳に直接届ける。
うん、うん、って何度も喉をしゃくりあげ、感じていることを攻め続ける側に伝えた。

龍飛王は薄く両目を細め、素直になった鼓翼の内側と外側を際限なく心地良くすると、その狭い腹腔にセッ伏字の成就である証を示した。

奥に龍飛王の知識の塊である精伏字をドピュドピュとナマ出しされて、何度もイっちゃった鼓翼。

「………」

気がついたあとの鼓翼は、さすがに後味が悪かったのか、じと目で龍飛王をちょっと下から睨んでた(笑)

龍飛王は鼓翼を抱き上げて体位を変えた時、強制的に実は回線を切断してたんだよね。
取り込み中だと言って断ったのかな。
なので、鼓翼とのエロエロな合体の真っ最中とフィニッシュからその後のすべての画像も音声も誰にも聞かせなかったのだけど、鼓翼にはそんなことはわからない。

龍飛王のばかやろう、と鼓翼は悪態をつきたかったよね。めっちゃ気持ち好くいかされたにもかかわらず。

龍飛王はただ唇の端を持ち上げるだけで何も言わずに見つめてくるから、鼓翼はもしかして嵌められたのかなぁって気がついた。
実際に中をしっかりと龍飛王に最後までハメ抜かれたけども…!

さっきの通話を龍飛王とのセッ伏字の興奮剤として利用されたんじゃないかって思ったら、羞恥と照れで更に唇を尖らせた。
実際に興奮したかもしれないけど、龍飛王にそれを全部見られていたかと思うと、どうしてもむくれてしまう(笑)

性格わるいぞ、って、鼓翼はせめてもの意趣返しでそう漏らした。

眉間を寄せて、頬を真っ赤に染めたまま。

龍飛王はそんな鼓翼を、穴が空くほど見つめ続けていた。


意外とラブラブかもしれない二人…!
どんなセッ伏字でも、龍飛王は鼓翼をメロメロにしてしまうんだろうな…と思いつつ。

本編の鼓翼はヒビに※ヒビの顔に※弱かったけど、龍飛王の顔にも弱いのかもしれない(苦笑)
見つめられると許しちゃう、みたいな…!
鼓翼が普通の見た目なので、おそらく面食いなんだろうな、というのは、やっぱりあるのかも。

またまたネタがあるのでもう少し続きます…!


つづく…!


★PR【四人の王シリーズ】バック・ナンバー
[現代版妄想]【裏本・創世】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想]【裏本・孕ませ】四人の王〜王たちの蜜月〜
[現代版妄想](ファイナル)【裏本・創始の闇】四人の王〜王たちの蜜月〜
【本編】四人の王・秘史〜鳳舞王・王たちの蜜月〜

DLsiteがるまにさんで、サークル・はりこのとら紙老虎の作品
買ってくださる方にはありがとうございます!

【PR】
image
★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteがるまにで【独占】販売中
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 07:17 | 日々の徒然2023
Page Top / ブログのTOPへ
PR】 ★サークル・はりこのとら紙老虎のオリジナルR18コミックはDLsiteで独占販売中! DLsite
→DLsite直リンク★PC/スマートフォン/タブレット端末/ブラウザ視聴/各種言語の紹介に対応